ゴルフボールの選び方|いまさら聞けない飛び系ディスタンスボールと止まる系スピンボールの違い

ゴルフ

ゴルフショップのボール売り場やゴルフ雑誌のボール特集で、必ず目にするディスタンス系ボールとスピン系ボールというキーワード。なんとなくは理解しているけれど、本当はどちらが自分に合っているか分からない人も多いはず。2つの違いを理解できれば、もうボール選びに迷う事はありません。

文・ゴルフィ編集部

Chapter
大きな違いはスピン量
ディスタンス系に向く人、スピン系に向く人
流行の”飛んで止まるボール”
おわりに

大きな違いはスピン量

ディスタンス系とスピン系という区分け。これはメーカーがボールの特性を分かりやすく伝えるために簡易的に設けられたもので、特に定義があるわけではありません。両者はそれぞれ飛ばしと、操作性に特化して開発をされています。


一般的にディスタンス系のボールは外側の素材が硬く中が軟らかい構造で、スピン量を抑えられるように作られています。外の素材を硬くすることで、反発力の強さを追及しているのです。

一方のスピン系ボールはディスタンス系とは逆で、外側が軟らかく中が硬くなっていて、バックスピン量が多くなりやすい構造になっています。外側に軟らかいウレタン系の素材を使う事で、インパクトの際、クラブのフェース面とボールの接する時間を長くして、よりスピンがかかりやすいように工夫されているのです。



ディスタンス系に向く人、スピン系に向く人

「飛距離をもっと出したい」と思っていても、一概に飛び系のボールを使った方がいいとは言えません。それではどのようにボールを選べばいいのか。まずは自分の良く出る球筋からボールを選んでみるのがいいでしょう。

もし現状スライスに悩んでいるなら、ディスタンス系のボールをオススメします。

スライスボールはストレートボールやドローボールよりも回転数が多いのが特徴。バックスピンと左のサイドスピン量が多くなる事で、右に吹き上がる球が出ます。回転数を抑えるディスタンス系のボールなら高く吹き上がるバックスピン量を抑え、さらに右側に切れていくサイドスピンも抑えることができキャリーを伸ばすことができます。

逆にフックボールや低い弾道の球ががよく出る人は、スピン系のボールを使えばスピン量が増加してよりストレートに近い軌道で、これまでより高い球筋のボールを打つことができるでしょう。

プロや上級者はスピン系のボールを使用する人がほとんどです。これはアイアンショットやアプローチの際、スピン量をコントロールして球を曲げたり、高さの異なるアプローチを打ち分けるためです。

自分の球筋でどちらに向くかが分かったら、あとはその属性のボールを数種類打ってみるといいでしょう。同じ属性でもボールの硬さはさまざま。飛距離やスピン量を厳密に測定するのは難しいですが、ボールの硬さや打った感覚の好き嫌いはあるはずです。クラブのように「顔」に違いがあるわけではないので、最後は自分の感覚を頼りに決めていきましょう。

<次のページに続く>
次ページ
流行の”飛んで止まるボール”