タコメーターすらない車が普通なのに、追加でメーターを付ける意味ってあるの?

装着されていればスポーティといわれるタコメーター。以前ならスポーツモデルだけではなく、高級車にも装備されていましたが、最近は純正でも装備されない車が増えました。しかし、追加で付けている車をたまに見かけます。そこまでしてエンジン回転数を見る必要はあるのでしょうか?

Chapter
タコメーター以外にも、昔はいっぱいあったメーター類
現在の車では不安を呼ぶかもしれない?
「半自動運転」では必要性が薄い?
それでも必要な時もあるタコメーター

タコメーター以外にも、昔はいっぱいあったメーター類

GS F メーター

スピードメーター(速度計)の隣でドライバーにエンジン回転数を伝えるタコメーター(回転計)。 以前はそれだけではなく、油温、油圧、電流、電圧、燃料、ターボ車の場合はブーストなど、数多くのメーターがドライバーの前に並んでいました。

特に各メーカーでライバル車との販売合戦を繰り広げているような状況、さらにデラックス路線でユーザーが見た目でわかる差別化を求めるようになると、メーターひとつの有無、それもちゃんとしたメーターに見えるかどうかまでこだわるようになります。

それが今では、スピードメーターはさすがについていますが、その他のメーターはほとんど姿を消し、燃料計さえ残量が少なくなると点灯する警告灯しか無い場合も。

省かれたメーターに代わって登場したのが、燃費計やシフトインジケーター(オートマ車でのギア選択表示)、あるいはエコドライブアシスタントなどです。燃費計が一番気になるというユーザーの声がありました。

次ページ
現在の車では不安を呼ぶかもしれない?