【東京オートサロン 2017】よりクルマを安全なものに…データシステムの挑戦

現在、サイドミラーもモニターにするなど、技術革新が進んでいます。これには「車載用カメラ」の進化がまず挙げられます。アフターパーツメーカーでもこの新技術を活かした商品開発をしているメーカーが、株式会社データシステムです。

Chapter
ひとつのレンズで多数の情報を提供できるマルチVIEWカメラ
データシステムの画像ギャラリー

ひとつのレンズで多数の情報を提供できるマルチVIEWカメラ

【東京オートサロン2017】データシステム

データシステムが開発を手掛けているのが、マルチVIEWカメラ「MVC811」です。レンズはひとつでも、180°を見渡せる広角レンズを採用。6つの表示パターンを切り替える事ができ、様々な局面で必要な情報をドライバーに提供できる優れもの、となっています。

クルマはどうしても死角がでてしまうもの。車庫入れや、狭い路地、また見通しの悪い交差点の進入時など、不安がつきものですが、人間に変わって「目」となってくれるこのアイテムはすべてのドライバーにとって「欲しい」と思わせる技術。

近くアフターマーケットパーツとしての販売を目指しているとのことで、その時期を期待したいですね。必ずや、クルマの安全性に寄与するアイテムなのですから。

次ページ
データシステムの画像ギャラリーはコチラ!