高い性能を誇る対向ピストンキャリパーのメリットとは?

タイヤ

近年、乗用車のブレーキ形式としては、ディスクブレーキが増えており、ドラムブレーキはあまり聞かなくなりました。ドラムブレーキ自体は悪いわけではないのですが、放熱性が悪く、熱堕れしやすいというデメリットがあり、乗用車での利用は徐々に減っています。

ディスク化されてきているブレーキですが、ディスクブレーキの中にもいくつか種類があります。今回はキャリパーにフォーカスしてメリットを探っていきます。

Chapter
ディスクブレーキ
対向キャリパーとフローティングキャリパー
高い性能を誇る対向ピストンキャリパー
さらなる制動力を求めて

ディスクブレーキ

ホイールハブに、ディスク=円盤状の部品を取り付け、車軸と一緒に回転させます。これを左右からブレーキパッドで挟んで制動するのがディスクブレーキ。自転車のフロントブレーキが構造的には似ています。

回転運動を2枚のパッドで挟むことによって制動しますが、このとき運動エネルギーは熱に変換されて速度が落ちます。ブレーキは、熱を帯びるものですが、温度が高くなるとブレーキの制動力は自ずと低下します。ディスクブレーキは熱を帯びるディスク部分が露出しており、冷却しやすいことが大きな特徴です。走行風で冷却されたディスクブレーキは、次の制動時にも高い制動力を発揮してくれるのです。

ディスクやパッドの素材は多くありますが、ディスクブレーキは、コンパクトカーや軽自動車などの実用的な車から、1億円オーバーのスーパーカー、300km/hで争うフォーミュラーカーにも採用されるブレーキ方式です。

対向キャリパーとフローティングキャリパー

ディスクにブレーキパッドを押し付ける役目をするのが、キャリパーに付いているピストンです。ブレーキを踏むと、踏んだ力がブレーキブースターを介してブレーキオイルを各キャリパーに伝達。キャリパー内のピストンがディスクを押し付けます。

ピストンの数が多ければ多いほど制動力が高いと言えます。ただ、あまり構造が複雑になると、故障のリスクが増えたり、メンテナンスが大変になりますので、各車種の車重や性格に合わせて、キャリパーは選ばれています。

一般的なのは、フローティングキャリパーと呼ばれるもの。車体の内側のキャリパーのみにピストンを持ち、ピストンが動くとキャリパーフレームがスライドするため、外側のパッドも押し付けられる、という仕組み。現在はスライドピン型と呼ばれるキャリパーがほとんどです。

<次のページに続く>
次ページ
高い性能を誇る対向ピストンキャリパー