高性能車やチューニングカーに装着…オイルキャッチタンクにはどのような効果がある?

オイルタンク

ノーマルの車であれば、まず付いていないであろう部品がオイルキャッチタンクです。一部の高性能車や、チューニングカーについては後付けしているケースがあります。

オイルキャッチタンクは何のためにあるのでしょう?

Chapter
オイルキャッチタンクで捕まえるのはブローバイガス
このブローバイガスにはオイルも含まれている
主に高回転を多用するユーザーにとって必要な装備
番外編:このことからわかる一つのポイント

オイルキャッチタンクで捕まえるのはブローバイガス

まずブローバイガスが何か?という話。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンが燃焼するためには、空気や混合気の圧縮と燃焼を繰り返します。この動作の繰り返しにより内燃機関は動作します。

低回転でもある程度の圧縮をしているので、高回転になればなるほど、エンジン内部は高圧状態になり、排気ガスや不燃ガスなどが発生します。この排気ガスや不燃ガスは、通常であれば排気側のバルブからフロントパイプを通じて触媒で浄化され、マフラーから大気へ放出されます。ただ、100%排気側に流れるわけではありません。

ここで発生する排気ガス状、不燃ガス状のものが、「ブローバイガス」です。このブローバイガスは、大気汚染物質を含んでおり、法律によって大気開放することが禁じられています。そのため、市販車はすべて吸気側にこのガスを戻すように作らているのです。

このブローバイガスにはオイルも含まれている

このブローバイガスには、エンジンオイルや不完全燃焼したガソリン、カーボンなどが含まれています。これをエアクリーナーから吸気した空気の途中に流し込んでいるため、これらの物質は吸気側の経路上にも付着します。

途中にフィルターなどがあれば問題ありませんが、多くの市販車では途中にフィルターなどはないため、そのままエンジンの吸気側に戻されます。ターボ車の場合に、インタークーラーの内部にもブローバイガスが溜まる、ということはありうる事態なのです。

とはいえ、フィルターなどが無いのは、通常の使い方であればそれでも問題ないと言えます。適正な回転を保って走るのであれば、それほどブローバイガスも発生せず、インテークが汚れるということもあまりないでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
主に高回転を多用するユーザーにとって必要な装備