エンジンオイルの適正温度はどれくらい?油温が高いときの対策は?

車にとってなくてはならない油脂類というのは非常に多く、実に様々な部分にオイルが使われています。ラジエーターには冷却水、ブレーキにはブレーキオイル、ミッションオイルにデフオイル、オイル式ダンパーの場合はサスペンションにもオイルが入ります。

エンジンオイルも重要なオイルの一つ。エンジンオイルは最高温にさらされるオイルの一つで過酷な環境にあるため、適切な管理が必要。今回は温度管理についてみてみましょう。

Chapter
エンジンオイルの温度管理
温度が上がりすぎると何が問題?
まずはオイルのチェックをこまめにしましょう。
油温が高いときの対策は?

エンジンオイルの温度管理

オイルタンク

エンジンオイルは水温よりも約10℃程度上が適正とされており、ラジエーターの冷却水は、通常80℃前後を推移するように設計されています。そのため、90℃前後を推移させるのが理想。

とはいえ、外気の状況や走行状態などにより必ずしも90℃で保てるとも限りません。メーカーは概ね120℃を目途に性能を保てるように作っているようですので、エンジンオイルは120℃を超えないように管理していけば大丈夫…と考えましょう。

通常、ディーラーから買った新車の場合で、ノーマルのまま乗っている場合はあまり気にする必要はありません。もし異常を示すようであっても、補償修理の範囲の場合が多いです。
ただし、チューニングカーの場合は異なるため、油温計を後付けして管理する事が大切です。

また、一度接触など事故をしている車の場合、特にラジエーター周りを傷めた車は、水やオイルが上手く流れなかったりして、冷やしにくくなっている物がありますので、こういうケースはキチンと整備工場で見てもらいましょう。最近は、ラジエーターとオイルクーラーが一体になっているか、又は併設というクルマもあるようですので、特に注意が必要です。

温度が上がりすぎると何が問題?

では、温度が上がりすぎると何が問題なのか…。エンジンオイルは、粘度が非常に重要。粘り気があり、ピストンやシリンダーなどにへばりついて、被膜を形成し、エンジン内の金属同士が直接擦れあうのを防いでくれるのがエンジンオイルです。

理想的なエンジンオイルは、ジュースのような透き通った色に、片栗粉を溶いたような“とろみ”がある状態です。

しかし、エンジンオイルは熱を加えれば加えるほど、この“とろみ“が失われてしまいます。また、劣化するとこの“とろみ”ともいえる粘り気が失われますので、オイル交換が必要になります。

使用後のオイルを見ると、ブラックコーヒーのように黒くサラサラに…。オイルゲージを抜いて触ってみると、その違いがよく分かります。触ったときに、ねっとりしていれば大丈夫ですが、さらさらしていたら交換時期と言えます。

次ページ
オイル管理のためにやるべきこと