近年増加しているアジアンタイヤ!その性能は?

アジアンタイヤ

「ハンコック」「クムホ」「NANKANG」
こんな名前をカー用品店のタイヤコーナーで見かけたことはありませんか?
ここ最近、日本でもよく見かけるようになってきたアジアンタイヤ。
台湾、インドネシア、韓国、中国などのタイヤメーカーが製造するタイヤで、日本のタイヤ市場でも購入者が増加しています。
アジアンタイヤとは一体どんなタイヤなのでしょうか?

Chapter
とにかく安い!国産タイヤの半額!?
性能は?
激安メーカーは?
国産タイヤを追い抜く日は来るのか?

とにかく安い!国産タイヤの半額!?

アジアンタイヤの購入者が増加する一番の理由はその安さです。
販売店にもよりますが、1本1万円を切るのはざら。同じサイズのタイヤでも国産の半額近い値段をつけるものもあります。
我々ユーザーにとって数年に一度やってくるタイヤの交換費用はかなりの負担。そんな格安で新品のタイヤに交換できるのなら、そんなにありがたいことはありません。「特にタイヤのメーカーなんて気にしない」という人にとってはとてもお得なタイヤなのです。
しかし、命を預けるタイヤ、信頼できないものを使うわけにはいきませんよね。
日本では最初、タイヤ消費の激しいドリフト好きに注目され広まったそうですが、一般のユーザーにはまだまだ敬遠する人も多いのが現状。同じ値段でも「新品のアジアンタイヤより、中古の国産」という声が多いです。
では実際のところ、アジアンタイヤの性能はどうなのでしょうか。

性能は?

徐々に市場を拡大するアジアンタイヤメーカーですが、そのトップを走る韓国のタイヤメーカー「ハンコック」は、世界で7位のタイヤメーカーにまで成長しました。値段は国産よりも多少安めですが、「激安」というほどではありません。

しかし、ハンコックは横浜ゴムと技術提携しているだけあってその性能にも信頼性は高く、日本国内ではダイハツや三菱などに新車装着タイヤとして採用され、世界ではフォルクスワーゲン、アウディ、フォード、GMなど、多くのメーカーに使われています。国産タイヤと比べるとロードノイズが多少大きいという声もありますが、街乗りで使用する分には国産メーカーとほとんど差がないと評判です。

<次のページに続く>
次ページ
激安メーカーは?