【TAS2020】30台が百花繚乱!東京オートサロン2020はジムニー祭り!?

TAS2020 ジムニー

1月10日から開催されている東京オートサロン2020は、初日から多数の来場者が訪れ、会場の幕張メッセは大変な熱気で満ちています。個性あふれる数々のカスタムカーの中でも、来場者の熱い視線を集めているのがジムニーとジムニーシエラ。昨年よりさらに進化したカスタムジムニーを、一挙にご紹介します。

文/写真・山崎 友貴

Kブレイク(ジムライド)

正統オフロード派とは逆ベクトルのやんちゃ系カスタム

VIPカーやミニバンなどのエアロを得意とするKブレイクが、ジムライドのブランドでリリースしているジムニー用カスタムパーツ。そのフルコンプリート車がこれ。一見するとオフロード走行を意識した形状にも見えるが、実は迫力重視のデザインとなっているのが特徴です。ジムニーのオフロードテイストを活かしつつも、ストリートで個性を発揮するちょい悪なカタチです。

KLC

軽自動車のエアロを手がけるKLCの意欲作が、「ジムニーガール」と「チャラ・ジムニー・ポンポーン!」と名付けられた2台。ジムニーガールは、“かわかっこいい”と女性に人気のジムニーを、さらに女性向けにカスタム。どこか懐かしさを感じるスタイルに仕上がっています。チャラ・ジムニー・ポンポーン!は、名前こそチャラいですが、そのスタイリングは60年代のサーフシーンを彷彿させるもの。懐かしいアメ車の香りを、現代風にアレンジしています。

<次のページに続く>
次ページ
エアロオーバー

山崎 友貴|やまざき ともたか

四輪駆動車専門誌、RV誌編集部を経て、フリーエディターに。RVやキャンピングカー、アウトドア誌などで執筆中。趣味は登山、クライミング、山城探訪。小さいクルマが大好物。

山崎 友貴