【TAS2020】30台が百花繚乱!東京オートサロン2020はジムニー祭り!?

TAS2020 ジムニー

1月10日から開催されている東京オートサロン2020は、初日から多数の来場者が訪れ、会場の幕張メッセは大変な熱気で満ちています。個性あふれる数々のカスタムカーの中でも、来場者の熱い視線を集めているのがジムニーとジムニーシエラ。昨年よりさらに進化したカスタムジムニーを、一挙にご紹介します。

文/写真・山崎 友貴

ノブレッセ

有機的な形状のバンバーが不思議な魅力を醸し出す

ホンダ車などのカスタム・チューニングを手がけるノブレッセは、自社のユーチューバー「aya」さんがプロデュースしたJB74を出品。同社オリジナルのフロントバンパーやサイドステップカバー、そしてオーバーフェンダーが装着されています。中でもフロントバンパーは有機的な妖しい形状で、他ブランドにはない個性を放っています。さりげなくタイヤにBFグッドリッチのインスタントホワイトレターを貼ったのも、ポイントのひとつ。

プロスタッフ

Gクラスルックでラグジュアリー感をプラス

ジムニーで定番のカスタムとなっているのが、GクラスAMGルックにする手法です。本物のGクラスのカスタムも手がけている同社だけあって、フェイクスタイルでもその完成度は抜群。まるで、Gクラスを縮小したかのようなスタイリングに仕上がっています。同デモカーには3インチアップサスキットが装着されていますが、40㎜ダウンキットも用意されています。

<次のページに続く>
次ページ
Kブレイク(ジムライド)

山崎 友貴|やまざき ともたか

四輪駆動車専門誌、RV誌編集部を経て、フリーエディターに。RVやキャンピングカー、アウトドア誌などで執筆中。趣味は登山、クライミング、山城探訪。小さいクルマが大好物。

山崎 友貴