カーリースが向いている人の特徴とは?向いてない人も解説

カーリース

毎月定額で車に乗れるカーリースが今、注目を集めています。しかし、カーリースは自分に向いているのか、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではカーリースに向いている人や向いていない人の特徴について詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

Chapter
カーリースが向いている人の特徴
カーリースに向いていない人の特徴
カーリースとは?
カーリースを選ぶ5つのポイント
おすすめのカーリース4選
おトクにマイカー 定額カルモくん:リース期間の選択肢が多い
ニコノリ:激安カーリース
KINTO:トヨタ公式カーリースサービス
ユズカリ:中古車専門カーリース
カーリースでカーライフを充実させよう

カーリースが向いている人の特徴

カーリースが向いている人の特徴は主に以下のとおりです。

・まとまったお金がない
・突発的な費用を抑えたい
・車検費用が高くて心配
・憧れの車に乗ってみたい
・忙しくて車の購入に時間をかけられない
・数年で別の車に乗り換えたい
・ライフスタイルに合わせて車を変えたい
・車を事業で使いたい
・「わ」ナンバーでレンタカーとバレたくない

それぞれの特徴について解説します。

まとまったお金がない

カーリースが向いているのは今まとまったお金がない人です。車を購入する時には多額のお金がかかります。これを用意できない人も多いのではないでしょうか。

そんな時にカーリースなら、毎月定額の料金を支払うだけで利用でき、大変便利です。

車を一括で購入できない場合にはカーローンの選択肢もあります。しかし、カーローンの場合には一定の頭金が必要になります。

カーリースの場合には頭金は必要なく、月額料金だけ払えば問題ありません。

突発的な費用を抑えたい

カーリースは突発的な費用が発生するのを抑えたい場合にも向いています。

カーリースの月額料金には車両の本体価格だけでなく、各種税金、登録諸費用、自賠責保険料なども含まれています。

中には車検代やメンテナンス費用まで月額料金に含まれるサービスもあり、突発的な費用を抑えることが可能です。

車検費用が高くて心配

車検費用が高くて心配な場合にもカーリースが役に立つでしょう。

カーリースの中には、月額料金に車検費用が含まれるサービスも多数あります。

そのようなサービスであれば、車検時にまとまった費用を支払う必要がないので負担が少ないでしょう。

憧れの車に乗ってみたい

カーリースは憧れの車に乗ってみたい場合にも向いています。一括購入できる資金がなくても、カーリースでは月額料金だけで車に乗れるからです。

とはいえ、輸入車を扱っているカーリースサービスは少ないです。一方、国産車の場合には、ほぼ全車種から選べます。

忙しくて車の購入に時間をかけられない

忙しくて車の購入に時間をかけられない場合にもカーリースが役立ちます。

通常、車を購入する時には、ディーラーなど車の販売店を訪問し、店舗で契約する手間がかかります。

一方、カーリースであれば申し込みから契約までネット完結です。自宅納車に対応しているサービスもあります。

カーリースであれば、車の購入と比べて少ない時間で車を手に入れることが可能です。

数年で別の車に乗り換えたい

数年単位で車を乗り換えたい時にもカーリースが役立ちます。

カーリースであればまとまった費用が必要ない上、契約年数を選べる場合がほとんどだからです。

その上、車を通常のように購入する場合と比べて、乗り換える手続きも簡単になります。通常、車を乗り換える時には車を買取ってもらったり、廃車にしたりする手続きが必要になります。

一方、カーリースであれば、車をただ返却し、新しい車をネット上で申し込むだけで良いのです。

ライフスタイルに合わせて車を変えたい

ライフスタイルに合わせて車を乗り換えたい場合も、カーリースが役立つでしょう。

車の購入に比べて、カーリースでは車を乗り換える手続きに手間がかからないからです。

たとえば、結婚したり、子供ができたりした時にはファミリーカーに乗り換えたいと思う場合があるでしょう。

車を事業で使いたい

法人や個人事業主の場合、車を事業で使いたい場合にはカーリースが役に立つでしょう。

そもそも、カーリースは個人よりも法人で一般的です。法人の場合には、「カーリースの月額料金を経費にできる」というメリットがあるからです。

もちろん、法人や個人事業主が車を一括購入した場合にも経費にすること自体は可能です。しかし、減価償却という複雑な会計手続きを踏まなければならないのです。

「わ」ナンバーでレンタカーとバレたくない

「わ」ナンバーでレンタカーとバレたくない場合にも、カーリースは役立ちます。

車を借りるのであれば、カーリース以外にレンタカーという選択肢もあります。しかし、レンタカーでは「わ」ナンバーになるため、借り物であることがバレてしまいます。

一方、カーリースのナンバーは所有している車と区別がつきません。

カーリースに向いていない人の特徴

カーリースに向いていない人の特徴は主に以下のとおりです。

・まとまったお金がある
・自分だけの車がほしい
・カスタマイズ・ドレスアップをしたい
・月2,000km以上走る

それぞれの特徴を解説します。

まとまったお金がある

車を一括購入できるまとまったお金がある場合には、カーリースは向いていません。

カーリースでは、カーリース会社の手数料がかかるため、どうしても総額では車の一括購入のほうが料金が低くなるからです。

自分だけの車がほしい

車を完全に自分のものとして扱いたい場合にも、カーリースは向いていません。

カーリースはレンタカーと比べると「自分の車」感が強いです。

しかし、カスタマイズに制限がある、原則として中途解約できない、などの注意事項があります。

カスタマイズ・ドレスアップをしたい

カーリースはカスタマイズやドレスアップをしたい人には向いていません。

カーリースでは原状回復が不可能になるカスタマイズが認められていないからです。

ただ、リース期間後に追加料金を支払うことで、原状回復不可のカスタマイズが認められる場合もあります。

月2,000km以上走る

1ヶ月で2,000km以上走る場合には、カーリースは向いていないでしょう。

カーリースには、500〜1,500km程度の月間走行距離制限がついている場合が多いからです。

とはいえ、1ヶ月2,000km(1日で約67km)を走る人は少数派でしょう。

また、MOTAカーリースなど走行距離に制限がないサービスも存在します。

カーリースとは?

カーリースとは、簡単に言うと「車のサブスク」で、月額料金だけで車に乗ることが可能です。

月額料金だけで車に乗れるのは、車をカーリースの運営会社が購入し、それを利用者に貸し出しているからです。

ちなみに、カーリースはお手頃な月額料金で乗れます。カーリースの月額料金は車両本体価格から、リース期間後に残ると考えられる車の価値を残価として引いてから月額料金を計算しているからです。

月額料金に含まれる費用

カーリースの月額料金に含まれるものは主に以下のとおりです。

★カーリースの月額料金に含まれるもの★
・車両代金
・登録諸費用
・税金
・自賠責保険
・(任意保険)
・(車検代)
・(メンテナンス費用)

このうち、()がついている車検代、メンテナンス費用、任意保険料はサービスによって含まれるか異なります。

月額料金に含まれない費用

カーリースの月額料金に含まれないのは以下のようなものです。

・ガソリン代
・駐車料金
・高速道路利用料金

利用方法

カーリースは以下のような手順で利用することができます。

①ホームページから見積もりを取る
②ホームページから申し込む
③カーリース運営会社の審査を受ける
④契約手続きを行う
⑤納車してもらえる

カーリースを選ぶ5つのポイント

カーリースを選ぶポイントは主に以下の5つです。

・月額料金
・選べる車種・グレード
・契約年数
・残価精算の有無
・サービス・オプション

それぞれのポイントを解説します。

月額料金

カーリースを選ぶ時には、月額料金に注目すると良いでしょう。

月額料金は単純に比較するだけでは良いサービスかどうかわかりません。

月額料金に車検代、メンテナンス費用、任意保険料が含まれているかは確認するべきでしょう。

月額料金が安いサービスの場合、最低限の内容しか月額料金に含まれていない場合があるからです。

選べる車種・グレード

カーリースを選ぶ時には、どの車種・グレードを選ぶかも決めておいたほうが良いでしょう。

カーリースの中には幅広い国産車から選べるサービスもあれば、一部の人気車種しか扱っていないサービスもあります。

また、輸入車を扱っているサービスは少ないです。

契約年数

カーリースではどの契約年数に対応しているかも見ておきましょう。

一般的に、契約年数が短いと割高ではありますが、車を短いスパンで乗り換えたい場合に役立ちます。

一方、長期契約だと月額料金がお得になりやすいです。

残価精算の有無

カーリースを選ぶ時には残価精算の有無も確認するべきです。

残価精算があるカーリースでは、リース期間の最後にまとまった金額を支払う必要が出てくるケースがあるからです。

ただ、残価精算があるオープンエンド方式のカーリースは月額料金がお得な場合が多いです。

一方、まとまったお金を支払うリスクを負いたくない場合には、クローズドエンド方式のサービスを選びましょう。

サービス・オプション

カーリースを選ぶ時には、サービスやオプションの内容も確認しておきましょう。

以下のようなサービス・オプションがある場合があります。

★カーリースのサービス・オプション項目★
・無料相談
・車検時期にお知らせをしてくれる
・ガソリン代割引
・メーカー保証延長 など

おすすめのカーリース4選

おすすめのカーリースサービスは以下の4つです。

・おトクにマイカー 定額カルモくん
・ニコノリ
・KINTO
・ユズカリ

それぞれのサービスについて解説します。

おトクにマイカー 定額カルモくん:リース期間の選択肢が多い

ナイル株式会社 おトクにマイカー 定額カルモくん

月額11,220円(税込)

リース期間の選択肢が多い

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、リース期間が1〜11年とかなり幅広くなっています。

そのため、自分のライフスタイルに合わせたリース期間を選べます。

選べる車の選択肢も多く、国産車なら全メーカーのほぼ全車種から選択可能です。

月額1万円程度から車に乗れる点も嬉しいですね。

月額料金(税込)
11,220円〜
リース期間
1〜11年
対応メーカー
国内全メーカー
走行距離制限
1,500km/月
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、(車検代)、(メンテナンス費用)
新車・中古車
どちらも対応
残価設定
クローズドエンド方式

ニコノリ:激安カーリース

株式会社レンタス ニコノリ

月額5,500円(税込)

激安カーリース

ニコノリはとにかく月額料金が安く、5,500円(税込)〜車に乗れる点が嬉しいサービスです。

それでいて、月額料金に車検代やメンテナンス費用まで含まれています。

申し込みや審査もネット完結で、自宅納車にも対応してくれる手間の少なさも評価されています。

月額料金(税込)
5,500円〜
リース期間
1〜9年
対応メーカー
国内全メーカー
走行距離制限
500km/月〜無制限
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用
新車・中古車
どちらも対応
残価設定
オープンエンド方式・クローズドエンド方式

KINTO:トヨタ公式カーリースサービス

株式会社KINTO KINTO

月額14,740円(税込)

トヨタ公式カーリースサービス

KINTOやトヨタ・レクサスの新車に乗れるカーリースです。トヨタ公式が運営しており、メンテナンスを正規ディーラーで受けられる点が嬉しいですね。

クローズドエンド方式であるため、最後にまとまった支払いが発生することもありません。

中途解約での解約金がフリーになるプランがあるのもユニークです。

月額料金(税込)
14,740円〜
リース期間
3、5、7年
対応メーカー
トヨタ、レクサス
走行距離制限
1,500km/月
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用、任意保険料
新車・中古車
新車のみ
残価設定
クローズドエンド方式

ユズカリ:中古車専門カーリース

株式会社ファブリカコミュニケーションズ ユズカリ

月額5,005円(税込)

中古車専門カーリース

ユズカリは中古車を専門に扱うカーリースサービスです。

国産車・輸入車問わず多数扱っています。メンテナンスプランも充実しており、プロにメンテナンスを丸投げ可能です。

月額料金(税込)
5,005円〜
リース期間
2、4、6年
対応メーカー
国内全メーカー・輸入車
走行距離制限
車により異なる
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用 ※メンテナンス付きプランの場合
新車・中古車
中古車のみ
残価設定
オープンエンド方式

カーリースでカーライフを充実させよう

カーリースはざっくり言うと車を購入するまとまった資金がない人に向いています。

カーリースは現在、新たに利用する人が続出しています。

ぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか。