ジェットヘルメットおすすめ19選|メリット・デメリットも解説

バイク

※この記事には広告が含まれます

バイクに乗る上で必ず必要なヘルメット。ヘルメットは大きく分けて3種類です。

1つ目がフルフェイスヘルメット。頭と顔全体を守ります。

2つ目はジェットヘルメット。頭と顔は守られてますが、顎が解放されているタイプのヘルメットです。

最後の3つ目は半帽ヘルメット。頭は守ってますが、顔や顎はむき出しで守られてません。

この記事では、2つ目のジェットヘルメットについて詳しく解説していきます。

こちらの記事を読むことで、ジェットヘルメットの基本的な知識と、自分に合ったヘルメットを見つけることができると思います。是非参考にしてみてください。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
ジェットヘルメットのメリットデメリットについて
ジェットヘルメットのメリット
ジェットヘルメットのデメリット
ジェットヘルメットの選び方
ジェットヘルメットのおすすめメーカー
おすすめジェットヘルメット19選
自身にフィットするヘルメットチョイスを

ジェットヘルメットのメリットデメリットについて

まずはジェットヘルメットのメリット・デメリットを再確認しましょう。

再確認することで、ジェットヘルメットがツーリングに最適なヘルメットだということを感じられると思います。

ジェットヘルメットのメリット

バイク用 ジェットヘルメット YH-001

出典:Amazon

視野の広さ

ジェットヘルメットは、フルフェイスヘルメットと違って顎が守られていません。

鼻から下が遮られておらず、フルフェイスヘルメットと比べて視野が物凄く広いです。

ツーリングを楽しむライダーにとって、視野が広いことは開放感に加え、視認性でもかなりのメリットです。

視野が広いことで、事故予防といった面での安全性は間違いなく高くなると言えますね。

軽く疲労感が軽減

ジェットヘルメットの多くは軽量です。

重いヘルメットを被って長時間運転すると、頸部への負担や疲労で集中力が下がり、事故などを引き起こしてしまう可能性も上がってしまいます。

走行距離が長ければ長いほど、疲労による重さは蓄積していきますので、軽量なジェットヘルメットは、フルフェイスヘルメットよりも長距離ツーリングに向いてると言えます。

メガネも気にしなくていい

バイクヘルメット ジェット GRENVER

出典:Amazon

ジェットヘルメットは、メガネを装着したまま被れる商品が多いです。

メガネをいちいち脱着しなくていいので、メガネ着用ライダーにとっては非常に有用、ストレスもかなり軽減できると思います。

クラシックバイクなどと相性がいい

ヘルメットの役割の一番はもちろん命(頭部)を守ることです。

しかし私は、もう1つ「ライダーの顔」としての役割があると思っています。

これはあくまで個人的な意見ですが、どんなにバイクがかっこよくてもヘルメットとバイクが合ってないと違和感を感じてしまいます。

バイクは乗る人が最後のパーツ…バイクと自分がしっかりはまればバイクは更に輝きを増します。

ジェットヘルメットは外車、旧車及びカフェレーサーなどのレトロなバイクなどと相性が非常にいいと思います。

シールドの選択肢が広い

クラシックタイプのジェットヘルメットは特にですが、5つのスナップボタンがついてるものであれば汎用品のシールドを取り付けられます。

様々なタイプのシールドがありますのでヘルメットと組み合わせてカスタムを楽しむことができます。

ジェットヘルメットのデメリット

安全性

ジェットヘルメットの最大の弱点は安全性です。やはり顎が守られてないからです。

事故を起こした時に顎を打つ可能性がもちろんありますし、顎を強打すると大怪我を負ってしまいます。

これが最大のデメリットだと思います。

冬場の寒さ

首下からガンガン風が入ってきますし、当然冬はフルフェイスタイプのヘルメットの方が風が入りにくいです。

寒さ対策を考える手間が増える点は、デメリットといえます。

ジェットヘルメットの選び方

バイクヘルメット ジェット SZ-G

出典:Amazon

ジェットヘルメットは各メーカーから様々な商品が製造されています。

ジェットヘルメットを購入する上で重要なポイントを紹介していきます。

サイズ

最重要のポイントは、「サイズ」です。自分の頭に合っていないサイズのヘルメットを買うと悲惨な思いをします。

そもそもヘルメットは、自分の頭に合ったサイズを正しく着用することで、本来の安全性能を発揮することができます。

理想としては、ヘルメットのメーカー専門店やバイク用品店で頭のサイズを図ってもらい、実際に着用するのが望ましいです。

どうしても着用できない場合は、自分で頭の周囲を測ってサイズを決めてください。

人の頭の形状はそれぞれバラバラですので、サイズは一緒でもヘルメットの種類によって自分に合わない場合もあります。

サイズに関しては妥協せず、自分の頭にしっくりくるヘルメットを見つけましょう。

シールドの種類

AVAND-II

出典:Amazon

・クリアタイプ
ヘルメットを購入した時、最初についているシールドはクリアタイプのシールドがほとんです。

視界がかなりクリアで、昼夜はもちろん、天候に捉われないのが強み。長距離ツーリングなどに向いていると思います。

・スモークタイプ
薄いグレーのカラーリングが特徴のシールドで、スモーク加工によりサングラスの要領で日差しを和らげます

クリアより色が少し暗く見えるため、夜間やトンネルを走る際には注意が必要です。

また、製品によってスモークの濃さは様々なので注意が必要です。

・ミラータイプ
スモークタイプ以上に光を遮ります。ミラーの反射効果により、顔が見えにくいのも素晴らしいです。

顔を見られたくないライダーにはミラータイプがおすすめです。

ただし、ミラータイプはスモークタイプよりも視界が暗いというデメリットがあり、夜間の着用は控えたほうが良いでしょう。

・バブルタイプ
シールドの形状が大きく湾曲しているのが特徴です。湾曲していることで空気抵抗を抑えてくれます

高速走行でより効果を実感できると思います。顔とシールドの間に間隔が空いているので、シールドが曇りにくいのもメリットの1つです。

大きく湾曲していることで視界が歪んで見えてしまうのが気になるポイントでもあります。

・フラットタイプ
シールドが湾曲していないフラットな形状のバイクシールドです。

顔をカバーする範囲がどうしてもバブルシールドよりも狭くて湾曲してないため、雨や風などが入り込みやすい形状になっています。

見た目が湾曲していなくとてもスタイリッシな見た目でかっこいいです。

安全性

ヘルメットを選ぶ上では安全性が最も重要です。安全性をチェックするポイントとしては、認定マークのチェックを行いましょう。

『PSC』マークは、国が定めた安全基準に適合していることを証明します。

『SG」マークは、製品安全協会が定めた認定基準に適合した商品で、商品の欠陥による人身事故には最高1億円までの賠償措置が講じられます。

ご自身のためにも、これらのマークのついているヘルメットを購入しましょう。

ジェットヘルメットのおすすめメーカー

RJ Platinum R オープンフェイスヘルメット

出典:Amazon

オージーケーカブト(OGK KABUTO)

1982年創業のOGK カブト。OGKカブトのヘルメットは軽量化に力を入れており、比較的安価なのも特徴です。

安価でも品質は高く、OGK カブトの特許技術の『ウェイクスタビライザー』を搭載しています。

この技術はヘルメットの周囲の走行風を操作して、風からの抵抗を軽くするものです。

軽くすることで長距離ツーリングの快適性を向上させます。また、多くのモデルで、ヘルメット内部のパットに吸水速乾性を備えた『COOL MAX』生地を採用しています。

走行時の風を利用してヘルメット内部へと走行風を侵入させ、汗などのべたつきを抑えてくれます。

パッドの脱着も容易で洗濯し易いのも特徴です。

LEAD工業

東京都足立区にあるLEAD工業は、バイク用品や部品の製造及び販売を行っている会社です。

ヘルメットの製造販売に関しては、1963年から行っている歴史があります。

安全性に優れているのはもちろんのこと、値段が安く、デザインセンスも非常に高いのが特徴です。

ハーレーやカフェレーサースタイルなどにマッチするレトロなタイプのヘルメットもあります。

安全性もクリアしながら、安くてお洒落なヘルメットを探してるライダーは是非チェックしてみてください。

おすすめジェットヘルメット19選

現在、各社から様々な種類のジェットヘルメットが世に出されておりますので、ライダーにとっても選ぶのが大変だと思います。

今回、おすすめのジェットヘルメットを20選、厳選して紹介いたします。安全性、値段及び特徴を見ていきましょう。

リード工業(LEAD)

バイクヘルメット ジェット CROSS バブルシールド付き CR-760

4,000円〜(税込)

自分好みのパーツ選びと良コスパが魅力

イヤーカバー付きハーフヘルメットにバブルシールドを装備したモデルです。

コスパも良く、イヤーカバーが脱着が容易なのも嬉しいポイントです。

バブルシールドのシールド素材は強靭なポリカーボネイトを採用しており、UVカット仕様です

ラチェット式バックルなので、脱着、調整が容易です。

オプションでバブルシールドのカラーを選ぶことができるので、自分好みにカスタムすることができます。

安全規格
PSC、SG
値段
5,000円相当

ヤマハ発動機(Yamaha)

バイクヘルメット ジェット YJ-20 ZENITH

14,444円〜(税込)

長時間走行の疲れを軽減する軽量・低重心設計

安心のヤマハから、高性能ジェットヘルメットをご紹介。

強靭なポリカーボネイト複合素材帽体で頭を守ってくれるのはもちろんのこと、長時間走行の疲れを軽減する低重心設計、軽量コンパクトな帽体でライダーの集中力を維持させてくれます

ヘルメットのカラーバリエーションが多いので、自分の好みの色を選ぶことができると思います。

安全規格
JIS2種(2種は全排気量対応)、SG
値段
25,000円相当

NEORIDERS

SY-5 オープンフェイス シールド付-ジェット-ヘルメット

6,200円〜(税込)

メガネ用スリットも装備、洗えて快適

クリアシールドにはUVカット・ハードコード加工済みで、自動二輪全排気量対応です

シールド上部にベンチレーションシステムが付いてます。

内装の取り外しも容易で、洗濯が可能です。

内装に眼鏡用のスリットを採用しており、眼鏡の装着及び取り外しが楽にできるのもこのヘルメットの特徴です。

安全規格
PSC、SG
値段
6,000円相当

OGK KABUTO(オージーケーカブト)

バイクヘルメット ジェット EXCEED

27,940円〜(税込)

眼鏡、インカム装備も考慮したモデル

スタイリッシュでコンパクトなデザインで、広いエリアをカバーする新設計インナーサンシェード

照り返しや日差しが強いシーンで威力を発揮します。

チークパッド形状は、眼鏡やサングラスをよりスムーズに装着可能です。

インカム取り付けを考慮した専用取り付けスペースも設定されています。

安全規格
PSC、SG
値段
36,000円相当

コミネ(KOMINE)

バイク用 コンポジット FRP ジェットヘルメットHK-172 FL

18,397円〜(税込)

インナーサンバイザー装備で快適

国際特許取得のドイツFIDLOCK社製マグネットバックルを、日本メーカーとして初めて顎紐に採用

十分な強度を持つのはもちろんこと、顎紐脱着がワンタッチで可能です。

インナーサンバイザーも標準装備で、強い日差しでも快適にツーリングができます。

内装も洗濯可能ですので、ヘルメットを常に清潔に保てます。

安全規格
SG
値段
20,000円相当

TT&CO.

スーパーマグナム スモールジェットヘルメット SG規格

15,660円〜(税込)

クラシカルかつスタイリッシュ

『より目深くかぶれて、より小さく見えるシェル』をテーマに開発されたスーパーマグナムのスモールジェットヘルメットです。

とにかく見た目がかっこいい、クラシカルで小ぶりなヘルメットです。

日本人に合わせた設計で快適なかぶり心地を実現し、脱着式の専用内装なので取り外して洗濯可能です。

サングラスやゴーグル、シールドなど、様々なスタイルに対応できるヘルメットです。

安全規格
SG
値段
15,000円相当

マルシン工業

バイクヘルメット ジェット SAFIT MS-340

8,095円〜(税込)

そのデザイン、気分はパイロット

戦闘機パイロットのスタイルをイメージしたジェットヘルメット。もうこれだけでかっこいいです。

丸みを帯びたシールド、淵ゴムのステッチ、ペンチレーションの形状やデザインなど、こだわりぬいたかっこよさがつまっています。

それでいて、耳覆い付きでソフトな被り心地で、内装は脱着式で洗濯可能。

顎紐はワンタッチバックル採用で、眼鏡にも対応。細部まで拘りぬいたヘルメットです。

安全規格
PSC、SG
値段
15,000円相当

アライ(Arai)

ジェットタイプヘルメット VZ-ラム プラス (VZ-RAM・PLUS)

48,619円〜(税込)

安全性、快適性を高次元で備えた高品質モデル

部位ごとに適した硬度にするアライ独自のMDL技術で頭をしっかり守ヘルメットです。

静寂性と操作性を兼ね備えたディフューザーシステム、スイッチで確実な操作が可能です。

全開、半開時のエアー吸入量の調整が可能なICダクト、防曇作用があるオールシーズン対応のVAS-Zブローシールドを標準装備

抗菌、消臭、防汚性能のあるフルシステム内装のエコピュアー内装などなど、さすが品質のアライです。

安全規格
スネル、JIS
値段
60,000円相当

MOTO BASE(モトベース)

SG・PSC規格 バイク用 シールド付 ヴィンテージ タイプ ジェットヘルメット|MBHL-VJ01S

7,680円〜(税込)

カフェレーサーやアメリカンにマッチ

シンプルで飽きの来ないヴィンテージなデザインのジェットヘルメットです

ネオレトロスタイルやストリートスタイル、アメリカンスタイルなど、あらゆるスタイルやシーンに合うデザインになっています。

脱着可能な内装も装備してますので洗濯も可能です。値段も安くてライダーの味方です。

安全規格
PSC、SG
値段
7,000円相当

RIDEZ(ライズ)

KNUCKLE HEAD BULL2

11,800円〜(税込)

お洒落なアメカジテイストが魅力

横浜アメカジブランド山屋産業とのダブルネームの『ナックルヘッドヘルメット』シリーズ。

レトロ・ヴィンテージ『古き良きアメリカ』をコンセプトにデザインしたヘルメットは、センターラインに大きく入ったKNUCKLEの文字とブルドックが特徴的

アメカジテイストでかっこいいです。

デザインだけではなく、ヘルメットの被り心地にも拘ったジェットヘルメットになります。

安全規格
SG
値段
15,000円相当

スピードピット(Speed Pit)

TNK工業 JS-65GX ステッチジェット

7,002円〜(税込)

どんなバイクにもマッチするモデル

この安さで高級感あふれるスタイリッシュなデザインが特徴。

内装は脱着可能で、洗濯できるのでヘルメットの中を清潔に保つことができます。

顎ひもが固定でワンタッチ式を採用しているため、ヘルメットの脱着がかなり楽です

汎用シールド脱着可能ですので、自分好みにヘルメットをカスタムできます。

安全規格
SG
値段
8,000円相当

ショウエイ(Shoei)

RJ Platinum R オープンフェイスヘルメット

74,704円〜(税込)

北米警察御用達、高品質モデル

世界中のメディアから評価された、最高峰ヘルメットメーカーSHOEIのジェットヘルメットRJ Platinum-R Helmet。

北米警察用に製作されたヘルメットで、軽量で強度が非常に高く、インカムなどの通信システムにも対応しています

安全規格
DOT218、スネルM2010
値段
62,000円相当

OGK KABUTO(オージーケーカブト)

AVAND-II

21,300円〜(税込)

カブトオリジナル技術を投入

AVAND-IIの特徴は、走行中に発生する帽体付近の気流をコントロールし、ライダーの負荷を軽くするカブトオリジナル機能の『ウェイクスタビライザー』

紫外線から目を守るUVカット付きのSAJシールドを搭載し、チークパット内側にも衝撃吸収ライナーを配置しているため、ライダーの頭をしっかり守ってくれます。

安全規格
SG
値段
25,000円相当

マルシン工業

バイクヘルメット スポーツ ジェット TE-1

11,656円〜(税込)

大型バイザー装備、シーンを選ばず使えるモデル

様々なバイクやライディングシーンにマッチするジェットヘルメット。それがマルシンのTE-1。

大胆な大型バイザーが取り付けられているのが特徴で、直射日光カットや虫、木の枝などをブロックする役割を持ちます

この大型バイザーは取り外しも可能です。内装は脱着洗濯可能です。

ただし、手洗いが推奨されていますのでご注意ください。インカムやメガネも対応していますので、利便性も高いジェットヘルメットです。

安全規格
PSC、SG
値段
20,000円相当

アライ(Arai)

バイクヘルメット ジェット SZ-G

41,838円〜(税込)

機能性とフィッティングに注力

『機能に徹した、スタンダードオープンフェイス』をテーマに掲げ、帽体はPB-CLC構造で硬度設計を実現。

コンパクトフォルムで上部2カ所のディフューザーと、下部両サイドのサイドエキゾーストが、ヘルメット後部面を直線的に囲み、エアロスタビライザーとの相乗効果を加えて整流効果を発揮。

頭全体を包み込むような深いかぶり心地が得られる固定式ハイフィッティングが特徴の内装で、長距離ツーリングや高速走行時においても疲労感が少なく、走りの集中力を持続してくれます

安全規格
スネル、JIS
値段
40,000円相当

リード工業(LEAD)

バイクヘルメット ジェット GRENVER

4,720円〜(税込)

まさに定番、好みにカスタマイズも

幅広い層から支持を受けている定番のスモールジェットがGRENVER です。

汎用性の高い3ホックタイプのシールドが装着可能ですので、自分好みにカスタムができます

後頭部にゴーグルストラップを装備しているので、ゴーグルも使用可能です。

安全規格
PSC、SG
値段
10,000円相当

マルシン工業

バイクヘルメット ジェット M-380

6,613円〜(税込)

大型バイザーで外敵をブロック

大型バイザーで直射日光をカットし、飛び石や砂埃、虫、木の枝などをしっかりブロックします。

また雨避けとしても活躍します。内装はしっかりとしたフィット感で頭を守り、脱着可能で簡単にお手入れができます。

ベンチレーションが4箇所あり、熱や湿気を素早く排出します。あらゆるシーンで活躍できるジェットヘルメットです。

安全規格
PSC、SG
値段
7,000円相当

山城(Yamashiro)

バイク用 ジェットヘルメット YH-001

7,657円〜(税込)

日本人にフィットする設計

日本人の頭にピッタリと合うアジアンフィットをベースにサイズをラインナップしているヘルメット

帽体は安全性を高めるために2シェルを用意し、より高い安全性を実現しました。

インナーには新素材のハイクールを採用し、常に清潔な状態を保てます。

安全規格
-
値段
10,000円相当

自身にフィットするヘルメットチョイスを

ヘルメットはライダーの正装です。

しっかりと頭を守ってくれるのはもちろんこと、自分のバイクとマッチするヘルメットを選ぶことで、更にバイクとライダーが映えるわけです。

ジェットヘルメットは、ヘルメットの中でもスタイリッシュでかっこいいものが多い印象。

是非、ご自身に合った最高のジェットヘルメットを見つけましょう。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細