バイクグローブって本当に必要?魅力や特徴、おすすめのモデルを紹介!

バイクグローブ

※この記事には広告が含まれます

安全且つ快適にライディングを楽しむために欠かせないバイクグローブ。

ただ、バイクグローブにはたくさんの種類があり、それぞれで特徴が異なりますので、

「どれを選べばいいの?」

となってしまっている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、バイクグローブにはどのような魅力、特徴があるのか、おすすめのモデルはどれかということについて詳しく解説していきます。
Chapter
バイクグローブの特徴は?
バイクグローブを購入するメリットは?
バイクグローブは何を基準に選べばいい?
おすすめのバイクグローブ27選!
まとめ

バイクグローブの特徴は?

バイクグローブというのは、その名の通りバイクに乗る時につけることを前提に作られたグローブ(手袋)のことを指します。

現在、バイクグローブの着用が道路交通法で義務化されているわけではありませんが、本格的にライディングを楽しんでいる方の多くがバイクグローブを装着しています。

後ほど詳しく解説しますが、バイクグローブを装着することによって安全性が向上し、見た目もよりバイク乗りらしくかっこよくなります。

バイクライフを充実させたいと考えている方は、是非購入してみてください。

バイクグローブを購入するメリットは?

ハーフフィンガーグローブ バイク用 保護 耐磨耗 競技用品 夏用 【12ヶ月保証】

出典:Amazon

では次に、バイクグローブを購入するメリットについて詳しく見ていきましょう。

防寒対策になる

先ほども解説したように、バイクグローブはバイクに乗ることを前提として作られた手袋です。

そのため、防寒性に優れており、肌寒い時期でも快適にライディングを楽しめるようになります。

手先や足先というのは、体の中でも冷えやすい部分となり、素手でハンドルを握ってしまうと手がかじかんでしまう可能性も高くなります。

バイクグローブを装着することによって、このようなトラブルを防ぎつつ、ストレスフリーにライディングを楽しめるようになるのです。

けが防止になる

メッシュ 夏用バイクグローブ スマートフォン/タッチパネル対応 すべり止め 耐衝撃 通気性

出典:Amazon

バイクグローブを装着することによって、突発的な転倒や事故によるケガを少しでも防げるようになります。

この記事を見ている方の多くは、常に事故に気を付けて運転されていると思いますが、事故というのは自分の意識や注意だけで完全に防ぐことはできません。

場合によっては、相手の不注意やわき見、居眠りなどで突っ込まれてしまうこともあります。

このような不測の事態に備えるためにも、バイクグローブが役立ちます。

バイクグローブをしていることによって、手へのダメージをかなり軽減できるようになりますので、

「万が一の事故に備えたい」

「より安全にライディングを楽しみたい」

そう考えている方は絶対に、グローブを装着したうえでバイクに乗るようにしましょう。

シンプルにかっこいい

バイクグローブには様々な種類があり、その全てが機能やデザインにこだわって作られています。

シンプルなものから、派手なものまで様々なラインナップがありますので、見た目を重視したいと考えている方にもおすすめです。

バイクグローブは何を基準に選べばいい?

バイクグローブ 夏用 スマホ対応 メッシュグローブ 滑り止め 耐衝撃 プロテクト

出典:Amazon

では次に、バイクグローブの正しい選び方について詳しく解説していきます。

素材

バイクグローブを選ぶ時は、素材に注目することが大切です。

春や夏は通気性に優れたメッシュ素材のグローブ、秋や冬は防寒性に優れた革やネオプレーン、ゴアテックス素材のグローブなどがあります。

季節に合わせて選ぶことによって、より快適なライディングを実現できるようになります。

デザイン

バイクグローブ選びで意外と重要になるのが、デザイン性です。

デザインは、機能性などには殆ど関係ない部分ではありますが、「着用するモチベーションを高める」という意味ではかなり重要になってきます。

冒頭でも解説したように、バイクグローブには派手なものから落ち着いたものまで幅広いモデルがありますので、自分の好みに合わせて選んでいきましょう。

機能性

バイクグローブ 夏 春 タッチパネル対応 通気 メッシュ スマホ対応 炭素繊維 滑り止め 耐衝撃

出典:Amazon

バイクグローブを選ぶ時は、機能性に注目することが大切です。

近年では、
  • プロテクター付き
  • スマホ対応
  • ヒータータイプ
など、様々な機能を備えたグローブが登場しています。

自分に合った機能を搭載しているバイクグローブを選ぶことにより、ストレスフリーなライディングを楽しめますよ。

メーカー

バイクグローブは、様々なメーカーから出ています。

それぞれのメーカーでこだわりポイントや特徴が異なるため、慎重に探していかなければなりません。

代表的なメーカーには、
  • KUSHITANI
  • Komine
  • CHURCHILL GLOVE
などがあります。

「どれを選べばいいかわからない・・・」

と悩んでいる方は、ひとまず有名ブランドの中から選んでみることをおすすめします。

価格帯

バイクグローブを選ぶ時は、機能性やデザインに注目することも大切ですが、価格帯を確認することも重要になってきます。

どれだけ気に入ったとしても、予算を大幅にオーバーしていれば気兼ねなく購入できません。

購入した後も、

「買わなきゃよかったな・・・」

「もっと他に安くて良いグローブがあったかも・・・」

となってしまう可能性もありますよね。

このような事を避けるためにも、事前に予算を設定したうえで、吟味して選ぶようにしましょう。

おすすめのバイクグローブ27選!

では早速、初心者から上級者まで幅広い層から人気を集めているバイクグローブを紹介していきます。

motomoska

電熱バイクグローブ 5段階温度調節 カーボンナノチューブ急速加熱 タッチスクリーン 衝撃吸収 滑り止めレザー 撥水加工 男女兼用

13,980円〜(税込)

わずか10秒で温かくなる

MOTOMOSKAの電熱グローブは、リチウムイオン充電式電池を搭載した冬用のグローブ。

わずか10秒で温かくなりますので、電源を入れたらすぐに出発できます

温度の調節も可能となっているため、快適な温度を保ちながらライディングを楽しめます。

タッチスクリーンにも対応しているため、手袋をつけたままスマホやタブレットを操作したいと考えている方にも最適です。

ROCKBROS(ロックブロス)

バイクグローブ 冬用 タッチパネル対応 3Dパット 衝撃吸収 防風 耐磨耗性 撥水防風 厚め

3,850円〜(税込)

スマホ操作も楽ちん

ROCKBROSのバイクグローブは、手の平に6mmのSBR耐震シリコンパッドを入れているため、ハンドルの反作用力を緩和できます

手の甲には、マイクロファイバーメッシュという素材を使っていますので、蒸れにくく、長時間使用可能です。

親指と人差し指にはタッチパネル対応の導電性繊維素材を採用していますので、スマホ操作も楽ちんです。

また、基本的にはバイクグローブとなっていますが、

  • サバゲー
  • 登山
  • キャンプ
  • サイクリング
  • 射撃
  • 釣り
など、様々なアウトドアシーンに最適なモデルとなっていますので、利便性を重視している方にも最適と言えます。

Flyhare

ヒートグローブ 電熱手袋 充電式バッテリー 5V 5000mAh急速加熱 均一発熱 3段階温度調節 男女兼用

4,798円〜(税込)

大容量バッテリーで3秒で温まる速効性!

Flyhareの電熱グローブは、わずか3秒で温まるという驚異のスピード性を兼ね備えています

5000mAhのバッテリーが2個ついているため、

「充電がない・・・」

というトラブルも回避できます。

タッチパネルなどもついており、冬でも手袋を外さずにスマホなどを操作できますので、利便性と快適性を重視している方に最適です。

ThxToms

電熱グローブ 充電式 3000mAhバッテリー 5V急速充電 3段階温度調節 加熱温度35~60℃ タッチパネル対応 撥水加工 裏起毛 防風 滑り止め 男女兼用

4,999円〜(税込)

タッチパネル対応、高速充電も可能

ThxTomsの電熱グローブは、最新のインターフェイスを採用しているため、他のグローブよりも高速充電が可能です

防水性能にも優れており、スノボー用のグローブとして活用している方もいるため、

「とにかく暖かいグローブを探している」

という方に最適と言えます。

3段階の温度調節が可能となっており、尚且つタッチパネルにも対応していますので、冬用のグローブを探している方は是非試してみてください。

IRON JIA'S

バイクグローブ 冬用 プロテクター スマートフォン対応 裏起毛 防風防水 滑り止め 長指 男女兼用

1,980円〜(税込)

導電材料でスマホ操作も安心!

IRON JIA'Sのバイクグローブは、導電材料を指先まで配置しているため、正確なスマホ操作が可能です。

緩さ調節も簡単に行えますので、フィット感を重視している方にも最適と言えます。

また、部分摩擦係数を高めたグローブとなっていますので、ハンドル滑りなども未然に防げるのです。

SJAPEX

防水スキーグローブ 男女兼用 寒冷地用 3Mシンサレート タッチスクリーン 防風

6,401円〜(税込)

スマホタッチは勿論、小物入れも

SJAPEXの防水スキーグローブは、その防寒性の高さから、バイクグローブとしても人気を集めています。

防水ジッパーポケットが付いているため、ちょっとした小物を収納しておくのにも便利です。

女性の人差し指を想定したタッチスクリーン技術を搭載しているため、正確なタッチ操作を求めている方にも最適と言えるでしょう。

GREENER

バイクグローブ 防水 防風 防寒 スマートフォン対応

2,480円〜(税込)

防水防風、コスパもGOOD!

季節に関係なく、バイクに乗っていると風の影響をもろに受けますので、手が冷たくなってしまいます。

そうなると、体感温度が下がるため、ハンドル操作にも支障が出ます。

こちらのグローブは、防水防風グローブとなっていますので、風が強い日や気温が低い日のライディングにぴったりです

裏地にはフリース素材を採用し、熱を逃がさない構造となっていますので、

「とにかく温かいグローブを探している」

という方におすすめです。

DAY WOLF

ヒーターグローブ バイク 冬用 充電式バッテリー加熱手袋 男女兼用

8,999円〜(税込)

コスパ良しの電熱グローブ

汎用性の高いグローブとして注目を集めているのが、DAY WOLFのヒーターグローブです。

このグローブは、ヒーター機能を搭載しているため、手がかじかんでしまうような寒い日のライディングに最適と言えます。

また、ライディング時だけでなく、屋外作業やスキー、犬の散歩など、様々なシーンで使える便利なグローブとなっていますので、コスパを重視している方は是非試してみてください。

SJAPEX

冬用オートバイ用手袋 タッチスクリーン シンサレート リストストラップ付き 男女兼用

6,041円〜(税込)

ユニセックスで誰でも安心して選べる

SJAPEXの冬用オートバイ手袋は、ユニセックスのグローブとなっています。

男性でも女性でも気軽に装着できるシンプルなデザインとなっていますので、

「グローブを選ぶのが面倒くさい」

という方にもおすすめです。

人間工学に基づいたデザインとなっており、性別や年齢関係なく装着できるモデルとなっていますので、迷ったらこちらのグローブを使ってみることをおすすめします。

ILM

冬用グローブ 革 (本革 ヤギ革) 撥水 防風 滑り止め ハードプロテクター 脱着簡単 男女兼用

7,690円〜(税込)

安全性と利便性のバランス良!

ILMの冬用グローブは、品質が高いヤギ革を採用しています。

ヤギ革は、肌触りが良く、尚且つ耐久性にも優れていますので、長く使い続けたいと考えている方におすすめです

拳の部分にはナックルガードがついていますので、転倒時のダメージを軽減できます。

タッチパネルも搭載されており、サイズ調節もマジックテープで簡単に行えますので、利便性を重視している方にピッタリと言えます。

RIDEZ(ライズ)

バイクグローブ フリース 本革 牛革 アメリカン スマホ対応

7,048円〜(税込)

牛革とフリースで高級感と機能性を両立

RIDEZのバイクグローブは、内側にフリース素材を採用し、ロング丈にしていますので、アウターとの隙間ができません

関節の一部にはシャーリング加工を施していますので、グリップのしやすさにこだわっている方にもおすすめです。

親指と人差し指はタッチパネルに対応しており、手袋をはめたままでもラインの返信や通話の応答が可能となっています。

keezea

バイクグローブ 冬用 防水 防風 厚い オフロード タッチスクリーン対応 男女兼用 クッション付き 滑り止め

2,499円〜(税込)

保温性と防風性、防護性も

Keezeaのバイクグローブは、裏起毛となっていますので、保温性や防風性に優れています。

また、TPU素材を採用しているため、保護性能もバッチリです。

手の平には、滑り止め用のパッドが付いていますので、ハンドル滑りによる事故なども防止できます

また、手袋の裏側には反射性のストリップが付いていますので、夜間ライディングの安全性を強化したいと考えている方にもおすすめです。

JUUCY

電熱グローブ 【2つ5000mAhバッテリー付き & 65℃最高温度】 3Mシンサレート スマホ/タッチパネル対応 3段階温度調節 9時間連続使用 防水 裏起毛

3,680円〜(税込)

9時間持続の電熱グローブ

JUUCYの電熱グローブは、5000mAhのバッテリーが2本ついています。

発熱持続時間は約9時間となっていますので、長時間ライディングにもおすすめです

温度調節も簡単で、スイッチを入れて10秒で温かくなりますので、利便性を重視している方にもぴったりと言えるでしょう。

全ての指がタッチスクリーンに対応しているため、快適にスマホ操作やタブレット操作、ナビ操作を行いたいと考えている方は是非試してみてください。

Napa

シンサレート裏地付 DEER SKIN GLOVE / 鹿革 冬用グローブ

6,930円〜(税込)

鹿革の高級感と機能性

ワーキンググローブメーカーのNapaが展開しているグローブは、鹿革を採用しています

海外メーカーが展開しているグローブではありますが、中がかなり分厚いため日本サイズとほぼ同じ大きさで問題ありません。

CHANGE MOORE

バイクグローブ スマホ対応 女性 ライダー手袋 通気 耐用

2,580円〜(税込)

カーボンファイバーで衝撃安全性を確保

CHANGE MOOREのバイクグローブは、カーボンファイバーシェルという衝撃保護性に優れた素材を採用しているため、安全性がかなり高いです

また、前面滑り止め加工を施していますので、グリップ感とフィット感を重視している方に最適と言えます。

IRON JIA'S

バイクグローブ メッシュ 夏用 スマートフォン対応 男女兼用

1,824円〜(税込)

通気性と保護性能を両立

こちらのモデルは、先ほど紹介したグローブとは異なり、夏用のメッシュグローブになっています。

通気性の高い薄い素材となっていながら、保護性を兼ね備えている万能グローブとなっていますので、暖かい季節でも手をしっかりと保護したいと考えている方におすすめです。

keezea

夏用 バイクグローブ スマホ/タッチパネル対応 滑り止め 耐衝撃 耐磨耗性 超軽量 通気性 男女兼用

2,499円〜(税込)

ナックルガードもあり安全性抜群

keezeaのバイクグローブは、通気性の高いメッシュ素材を採用していますので、暑い時期でも快適に装着できます。

拳の部分にナックルガードが付いていますので、安全性も抜群です

フィット感や操作性を重視したデザインとなっていますので、可動域を広げたい方にもおすすめできます。

Fuxingone

バイクグローブ メッシュ 夏用 スマートフォン対応 滑り止め 耐衝撃 通気性 男女兼用

2,399円〜(税込)

高い保護性能でダメージ軽減

Fuxingoneのバイクグローブは、通気性と保護性能に優れた夏用のグローブです。

メッシュ素材を採用していることから、グローブ内の熱を効率よく逃がせます。

また、TPU素材を採用していることから、万が一アクシデントが起こった時でも、手への負担やダメージを軽減できます

kemimoto

バイクグローブ 夏 春 タッチパネル対応 通気 メッシュ スマホ対応 炭素繊維 滑り止め 耐衝撃

2,880円〜(税込)

通気性と軽量さが魅力

kemimotoのバイクグローブは、メッシュ素材を採用しているだけでなく、手の甲に小さな穴が開いていますので、通気性にこだわっている方に最適です

手袋の重量はわずか124gしかありませんので、ストレスを感じることなくライディングを楽しみたいと考えている方は是非試してみてください。

kemimoto

バイクグローブ 夏 春 タッチパネル対応 メッシュ スマホ対応 炭素繊維 滑り止め 耐衝撃 グリーン(302)

2,880円〜(税込)

性能とデザイン性を兼ね備えたモデル

こちらも、今紹介したモデルと同じスペックを持っています。デザイン性が高いタイプとなっていますので、

「手袋でワンポイントのオシャレを楽しみたい」

「指し色を取り入れたい」

と考えている方に最適です。

BORLENI

バイクグローブ 春夏用 炭素繊維 メッシュ プロテクター レザー ナックル保護 タッチパネル対応

2,980円〜(税込)

機能とコスパが魅力

気温が高くなる春や夏につけるグローブを探している方には、BORLENIのバイクグローブがおすすめです。

通気性やフィット感、安全性が高いだけでなく、コスパにも優れたモデルとなっていますので、初めて春夏用のグローブを購入する方にも最適と言えます。

HEAVY

山羊革パンチングメッシュグローブ 穴あき スマホタッチ対応

4,290円〜(税込)

山羊革の個性派は機能性も良し

HEAVYの山羊革パンチングメッシュグローブは、他のグローブとは見た目が大きく異なるユニークなモデルです

穴あきレザーとなっていますので、通気性も高く、夏場のライディングに最適と言えます。

手の平あてはスエードとなっていますので、グリップ感にこだわりを持っている方にもピッタリです。

CENCI

バイクグローブ 夏用 スマホ対応 メッシュグローブ 滑り止め 耐衝撃 プロテクト

1,780円〜(税込)

高い安全性能と軽量を実現

CENCIのバイク用グローブは、安全性を重視した夏用グローブです。

手の甲と指の関節部分には丈夫なプロテクターが付いていますので、万が一のアクシデントにも備えられます

両方合わせても重量が100gしかありませんので、長時間つけていても疲れません。

CENCI

バイクグローブ 夏用 スマホ対応 レザー 滑り止め 耐衝撃 プロテクト

1,780円〜(税込)

高い安全性能を持ったオールラウンダー

こちらのモデルも、今紹介したモデル同様、春夏秋用のグローブとなっています。

各部分にプロテクターが付いているため、安全性は抜群です

また、人差し指の先端にはタッチパネル対応の素材を採用しているため、スマホ操作やタブレット操作も楽ちんです。

SMY

オートバイグローブ 通気性 夏用 フルフィンガー

2,180円〜(税込)

抜群のフィット感が魅力

SMYのオートバイグローブは、「フィット感を重視したい」と考えている方におすすめです。

こちらのモデルは、マジックテープでサイズを調整できるため、手がグローブの中で遊んだり、ちょっとした拍子に外れてしまったりというトラブルを防げます

GUA ANGEL

メッシュ 夏用バイクグローブ スマートフォン/タッチパネル対応 すべり止め 耐衝撃 通気性

1,599円〜(税込)

デザインと機能が充実

GUA ANGELのバイクグローブは、人差し指と親指にタッチパネル対応の素材を採用しています。

そのため、いちいちグローブを外さなくてもスマホやタブレット操作が可能です。

また、他のグローブ同様、手の甲に小さな穴が開いていますので、通気性も抜群。

手の甲には、スポーティなデザインの中に溶け込むハードプロテクターを採用していますので、安全性を重視している方にも最適と言えます。

ANSOPO

ハーフフィンガーグローブ バイク用 保護 耐磨耗 競技用品 夏用 【12ヶ月保証】

1,880円〜(税込)

個性が際立つハーフフィンガー

こちらのモデルは、一般的なバイクグローブとは違い、ハーフフィンガータイプとなっています。

そのため、安全性を重視しつつも、利便性や快適性を実現したいと考えている方に最適です。

コスパがかなりよく、フルフィンガーグローブと併用している方もたくさんいます。

ハーフフィンガーは、ライダーのイメージが強いということもあり、多くの方から愛されていますので、

「ワンランク上のグローブを試したい」という方は是非挑戦してみてください。

まとめ

バイクグローブは、安全にライディングを楽しむためにも、ライダーならではの格好良さをアピールするためにも欠かせないアイテムです。

とはいえ、今回紹介したように、バイクグローブには数えきれないほどの種類があり、それぞれで特徴が異なります。

購入後に後悔しないためにも、デザイン、機能、そしてコスト面…この記事で紹介したことを参考にしながら、自分に合ったグローブを慎重に探していきましょう

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細