【2018年版】航続距離が長いEV車ランキング TOP10

2017年末、パナソニックとバッテリー事業の協業を発表したトヨタは、2030年ごろに世界販売台数の約半数をEVやハイブリッド車にする方針であることを表明。またフランスでは、2040年までに内燃機関を搭載した車両の販売を停止するなど、EVをとりまく環境は目まぐるしく変化しています。それに呼応するようにメーカーでは、EVの航続距離を伸ばす努力をしています。今回は航続距離が長いEV車ランキングを紹介します。

※ランキングは欧州のNEDC(新欧州ドライビングサイクル)基準をもとに算出しています。

Chapter
10位、起亜 ソウル EV 約250km
9位、ルノー カングー Z.E. 約274km
8位、ヒュンダイ アイオニック エレクトリック 約280km(EPA:124mile)
7位、VW e-Golf 約300km(JC08:301km)
6位、BMW i3 約312km(JC08:390km)
5位、日産リーフ 約378km(JC08:400km)
4位、ルノー ZOE Q90 約403km
3位、シボレー ボルトEV 約520km(EPA:238mile)
2位 テスラ モデルX P100D 約565km(EPA:295mile)
1位 テスラ モデルS 100D 約682km(EPA:335mile)

10位、起亜 ソウル EV 約250km

起亜 ソウルEV

2014年にデビューした韓国の起亜が販売するコンパクトカー、ソウルのEV版。

ガソリンエンジン車と共用するボディは、どことなく国産某社のコンパクトカーにも似ています。ヨーロッパ、北米市場でも販売されています。

9位、ルノー カングー Z.E. 約274km

ルノー カングー Z.E.

利便性の高さや独特なルックスが受け日本でも人気となっているカングー。そのEVモデルにあたるのがカングー Z.E.です。

現行型の航続距離は、初期型よりも60パーセントほど改善された170mile(約274km)。商用車としても、日常使いにしても低ランニングコストで、経済性は抜群でないでしょうか?

残念ながら日本では発売されていないモデルです。

8位、ヒュンダイ アイオニック エレクトリック 約280km(EPA:124mile)

ヒュンダイ IONIQ エレクトリック

韓国の自動車メーカー ヒュンダイのEVは、ミドルクラスの4ドアセダンです。

2016年のデビューで、ハイブリッド版が先に登場。遅れてEV版が追加されました。そのフォルムからもわかるとおり、ライバルはトヨタ プリウスとされ、ハイブリッド版はプリウスよりも高い性能を発揮します。

パワーは控えめでタイヤもやや細目ですが、EVに力を入れているアメリカ市場や欧州のモデルと比べても燃料効率性がさらに優れているとして注目されています。

7位、VW e-Golf 約300km(JC08:301km)

VW e-Golf 2017

Cセグメントハッチバックの代名詞であるVW ゴルフにも、EVモデルがラインナップされています。NEDCのデータでは186mile(約300km)。JC08モードで計測した数値との乖離が少ないことがポイントです。

日産リーフが採用したことで注目されているワンペダル方式は使わず、減速は通常のブレーキペダルで行う方式。高速巡行時の燃費は、この方法のほうが良いようです。渋滞が少なくアウトバーンのあるドイツでは、理にかなっているのかもしれませんね。

6位、BMW i3 約312km(JC08:390km)

BMW i3 2018

2014年に登場したi3もマイナーチェンジを重ね、航続距離は300kmを越えてきました。NEDCでは194mile(約312km)、JC08モードでは390kmです。

ちなみにレンジエクステンダーモデルでは、航続距離511km(国内スペック)と非常に長い距離を走ることが可能になっています。レンジエクステンダーモデルの発電には、リアに搭載された647ccのスクーター用2気筒エンジンが使用されます。

また、ボディの大部分をカーボンにしていたり、幅の狭い大径タイヤを採用するなど、BMW独自の視点で効率化が図られたモデルでもあります。

次ページ
トップ5はこちら…!!