棒高跳びの棒は車に積んで運んでいるらしい…車に載せる物の長さの制限ってあるの?

日産 セレナ ハイウェイスター

陸上競技の棒高跳びに使用される棒(ポール)は、強度やしなりを考慮した1本ものです。運搬は、選手個人が行うそうで、車両に搭載して運んでいるとのこと。しかしあんなに長い物体を、乗用車に搭載できるものでしょうか?

Chapter
棒高跳びのポール事情
5mの長さの棒など…車に載せる物の長さの制限はないのか?
長尺物積載奥義「制限外積載許可申請書」!

棒高跳びのポール事情

陸上競技の棒高跳びの世界記録は、2014年のロンドンオリンピックでフランスのルノー・ラビレニ選手が記録した6m16cmです。新記録がマークされるまでの21年間は、鳥人と呼ばれたウクライナのセルゲイ・ブブカ選手が記録した6m14cmでした。

日本陸上連盟によると棒高跳びに使用するポールには特に規定がなく、素材、長さ、重量などは選手の身体能力やコンディションに合わせて、選手がオーダーメイドで製作するものだそうです。先述のブブカ選手は5m30cmのポールを使用していたと言いますし、現在の男子棒高跳選手は一般に5m前後のポールを使用しているとのこと。

そんな5mもの長さの棒を、車に積んで運んでいるらしいとのことですが、車に載せる物の長さの制限はないのでしょうか?

5mの長さの棒など…車に載せる物の長さの制限はないのか?

一般道を運行する車両に積載できる貨物の長さは、道路交通法施行令第22条3項に規定されています。それによると「自動車の長さにその長さの十分の一の長さを加えたもの」まで積載可能です。

つまり、長さ5mのポールを積載するのであれば、全長4,546mm以上の車両であれば問題ないわけです。ちなみに全長4,546mm以上の車種というと、トヨタ ノア(4,710mm)、日産 セレナ ハイウェイスター(4,770mm)などが該当します。

しかし棒高跳びの選手にとって、ポールは命の次に大切な文字通りの相棒です。カバーを掛けているとはいえ野外の積載では、いつ傷がつくか冷や汗ものでしょう。そこで車両内で5mものポールを積載できる車種を探したことろ、トヨタ コースターEXが見つかりました。

室内長が6,230mmも確保されているミニバスです。座席間はウォークスルーが可能なので、その空間に積載することもできます。

ただしコースターは2ナンバー登録のため、中型免許以上が必要です。ややハードルが高いという場合には、コースターをベースにトランスポーターに改造してみてはどうでしょう?

キャンピングカーと同様の扱いで車両重量8t、乗車定員10名以下ならば普通免許で運転できます。

<次のページに続く>
次ページ
長尺物積載奥義「制限外積載許可申請書」!