シートについたペットのおしっこ!この臭いってどうすれば落ちる?

ペット 犬

現在、日本は空前のペットブームと言われており、愛車に愛犬や愛猫を乗せてドライブに行く方も多いでしょう。そんなドライブ中に、シートの上でペットがおしっこをしてしまったら、あの嫌な臭いは、どうしたら取れるのでしょうか?

Chapter
犬や猫を車に乗せるには?
シートでおしっこ!臭いの対処法は?
車内でおしっこをさせないためには?

犬や猫を車に乗せるには?

愛車に愛犬や愛猫を乗せるときは、急ブレーキや急発進、コーナリングなどで起こるペットの体勢崩れとそれにともなう車酔い、粗相など、ドライバーには普段以上に慎重な運転が求められます。

対策として、キャリーバッグやケージ、ペット用シートマット、車内用リードなどがあり、キャリーバッグやケージ内に吸水性の高いペット用トイレを置いたり、撥水性の高いペット用マットをシート上に敷いておくと、臭いや抜け毛、汚れに防止になります。

しかし、どんなに対策をしても、相手は生き物。こちらの想像を上回る行為をしないとも限らず、対策を施していないシートにおしっこをすることもあるでしょう。

ペットがシートにおしっこをしてしまった場合、簡単な清掃では臭いが取れません。どうしたら良いのでしょうか?

シートでおしっこ!臭いの対処法は?

絶対ダメ!人間用の消臭剤を使用

臭いの対処を説明する前に、絶対にやってはいけないことを紹介しましょう。それは人用の消臭スプレーを使用することです。

衣服の臭いを消す商品は、人間の皮脂や加齢臭対策の商品であって、ペットのおしっこに含まれるアンモニア対策にはなりません。無臭タイプならアンモニア臭が残るだけですが、匂いでごまかすタイプの消臭剤では、かえって悪臭になることもあります。

かといってトイレ用消臭剤では、愛車が爽やかなフローラルの香りになります。やめておきましょう。

出来ることならシート丸洗い

ペットのおしっこ消臭で一番確実なのは、シートを取り外して丸ごと洗ってしまうこと。手間と時間はかかりますが、確実です。

ほぼすべての自動車では、工具を使用すれば車体からシートを取り外すことができます。ただし、シートは最低でも20kg程度はあるためます。成人男性でも単独での作業は困難です。

また、電動アジャスト機能やセンサーが内蔵されているシートの場合、素人が取り外して丸洗いをすると、故障の原因になることもありますので、不安な方はプロの業者にお願いしましょう。

室内クリーニングの相場は2~4万円程度。痛い出費ですが、いたしかたないことかもしれません。

手軽でカンタン!ペット用おしっこ消臭スプレー

ペットのおしっこ臭い対策は、かなり困難なのでしょうか?いいえ、じつはカンタンです。

通常のシート清掃の後、ペット用おしっこ消臭スプレーを吹きかければ良いだけです。自動車用として販売されておらず、室内用なので、灯台下暗しですね。

消臭スプレーは、犬用、猫用があります。ペットに合わせて使い分けましょう。

<次のページに続く>
次ページ
車内でおしっこをさせないためには?