【車好きインプレ】乗って衝撃!スズキ アルト ワークスの走り

アルト ワークスに乗って衝撃を受けました。軽自動車だから走りはこんなもんだろう、仕方がない、という従来の固定概念が吹き飛びました。軽自動車でここまでボディ剛性の高い車を作ってくれるとは…。シングルクラッチ式ATの5AGSは、インドなどの発展途上国を見据えてコストを押さえ、修理のことまで考えての選択だろうと考えます。

Chapter
スズキ アルトワークスが復活!
【インプレ動画】スズキ アルト ワークスの出来映えに驚き!

スズキ アルトワークスが復活!

無題

一時代を築いたスポーツ軽、アルト ワークスの名前が復活したのは2015年末のことでした。

2017年現在、アルト ワークスは希少となった5MTミッションを標準設定するとともに、シングルクラッチのままで2ペダルとした5AGSを用意しています。

また、専用のチューニングを施したターボエンジンやサスペンション、内装などにより、スポーツ軽の復活を待っていたユーザーから支持されています。

その走りは、新開発されたプラットフォームによって支えられ、剛性や静粛性、走行性能などを大幅に向上。軽自動車のスポーツモデルだけに、気になるのは、エンジンフィール、ハンドリング、さらにはシングルクラッチ式のトランスミッションをAT化した5AGSの出来映えではないでしょうか。

今回は、アルト ワークスの2WDの5AGS仕様をインプレッションしています。

【インプレ動画】スズキ アルト ワークスの出来映えに驚き!