新型BMW M3と新型BMW M4、どう変わったの?

BMWのスポ―ツモデルとして登場して以来、常に評価の高いM3。今回、BMW 4シリーズのマイナーチェンジにともない、M3とM4がリニューアルされました。どのような仕様になっているのでしょうか。

まさにジャストフィットのレーシングマシン

BMW M4 2017

その出自からしてモータースポーツがバックボーンにあるM3、M4。コックピット、シートにもそうしたスポーツマインドをくすぐる演出がなされています。

象徴的なロゴが与えられたMシートは、サイドサポート、一体型ヘッドレスト、バックレストに加え、シートの軽量化、またボディの低重心化も行われています。昨今のBMWが、ボディの軽量化を重要視している証左でもありますね。

また、ダイレクトかつ直観的な操作を追求したマルチファンクション M スポーツ・レザーステアリングホイールには、“M Driveボタン”がセットされ、ここからダンパーの設定が変更可能となっています。もちろん、パドルシフトで7速 M DCT Drivelogicを操り、瞬時のシフトチェンジも可能。

また今回、ハイスペック仕様の「コンペティションパッケージ」もラインアップ。こちらはECUチューニング等で19psUPの450psを発生、そのパワーに見合った足回りが奢られています。

次ページ
気になるBMW M3・M4のスペック、価格は?