フェラーリ ディーノがV6エンジンで復活!?ピニンファリーナによるディーノって?

フェラーリ ディーノが、50年ぶりに復活するという情報が出ており、ディーノと思われる試験車両も目撃されました。もし本当だとすれば、新型ディーノはどんなクルマになるのでしょうか?

Chapter
ピニンファリーナとは?
フェラーリ ディーノとは?
新型ディーノはどんな車に?

ピニンファリーナとは?

ピニンファリーナは、1930年に創業したイタリアを拠点とするカロッツェリアです。

カロッツェリアとは、イタリア語で乗用車のボディをデザイン&製造する会社のことで、ピニンファリーナは、フェラーリをはじめマセラティ、アルファロメオ、プジョー、日本の日産、ホンダ、三菱などにもデザインを提供しています。

また、今日では自動車以外にも、船や電車、バイクからオフィスチェア、時計など多岐に渡って、製品を生み出しています。


フェラーリ ディーノとは?

ディーノは、イタリアの高級自動車メーカーであるフェラーリが最初に製造したミッドシップスポーツカーです。

横置きで搭載されたV型6気筒エンジンは、V12全盛だった当時のフェラーリでは異端であったことから、ディーノの名で販売されました。ちなみにディーノという名称は、1956年に逝去したエンツォ・フェラーリの息子、アルフレード(通称:ディーノ)からとったものでした。

アルミボディに2.0L V6エンジンを積んでいたディーノ206GTがデビューしたのは1968年で、翌年にはエンジンを2.4Lに拡大するとともにスチールボディの量産型の生産が開始されました。

ピニンファリーナによるコンパクトで流麗なボディは、現在でも人気が高くいためコレクターズアイテムになっています。

ディーノ誕生から、今年でちょうど50年ということもありディーノの復活が噂されています。

新型ディーノはどんな車に?

撮影したカメラマンによれば、試験走行中の車が2019年に復活するディーノではないかと予想されています。

ボディデザインは、458に似ており、ホイールは488同様。車体サイドに大きく開けられたエアインテークは、458にはない意匠です。

また、リヤデザインでは458の3本出しマフラーから、2本出しに変更されているのが確認できます。

エンジンは、アルファロメオ ジュリア クワドリフォリオに搭載される2.9リッターV型6気筒(最高出力505ps)で、ディーノに搭載されるとなれば、600psまでチューンアップされるのではないかという情報も出ています。

2015年にはフェラーリ会長セルジオ・マルキオンネ氏が、間接的ではあるもののディーノの復活について触れていたこともあって、今回のスパイショットも現実味を帯びています。

はたして、このプロタイプが復活するディーノなのかとても気になるところです。