874万円差!! GT-RのエントリーモデルとNISMOモデルはどう違うのか?

GT-Rは日本だけでなく世界で評価されているスーパースポーツカーです。最廉価モデルでも996万円と生粋の高級車ですが、最上級モデルでは1,870万円と同じ車とは思えない値幅があります。同じ車種なら少しでも安い車を欲しいと思うものですが、ハイエンドグレードとなるNISMO仕様は私たちが納得できる値段に相応しいモデルなのでしょうか?

=======================================
いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。
一部記事の内容に誤りがありました。
読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
(2017年3月21日)

Chapter
スペックの違い
カーボンパーツでより軽量に、スポーティに
まだまだある専用装備

スペックの違い

日産 GT-R

まずは、比較しやすいスペックから見ていきましょう。
996万円のピュアエディションと1,870万円のNISMOのエンジン性能の違いをご紹介します。

  エンジン 最高出力 最大トルク JC08モード燃費
ピュアエディション 3,799cc 570ps/6,800rpm 65kgfm/3,300rpm 8.8km/L
NISMO 3,799cc 600ps/6,800rpm 66.5kgfm/3,600-5,600rpm --

最高出力は30ps、最大トルクは1.5kgfm異なっています。このスペックの違いだけなら、1,870万円を出してNISMOを買おうとは誰も思わないでしょう。

ところが車重を見てみると、通常のGT-Rが1,760kgなのに対してNISMOは1,740kgとわずかに軽くなっています。通常はグレードが上がると、装備が充実するため重量は増す傾向がありますが、GT-R NISMOにはどんな秘密が隠されているのでしょうか?


次ページ
カーボンパーツでより軽量に、スポーティに