最近増えている車体の小さなフィン。これらを取り付ける意味とは?

トヨタ車を中心に、車体に取り付けられた小さなフィンが目につきますね。これは、どんな理由で装着されているのでしょうか?ドレスアップ?それとも…?

Chapter
エアロスタビライジングフィンとは
ハイエースの場合は?
開発のヒントは「カジキ」だった!?
小さなフィンが空力を制御する
空気の流れを整える「整流」は燃費にも効果あり

エアロスタビライジングフィンとは

アクア

この小さなフィンの正式名称は「エアロスタビライジングフィン」。直訳すれば空力安定翼という意味になります。

アクアや86など、最近のトヨタ車の多くについている小魚のような形の突起。事情を知らなければ、ドレスアップ用パーツのひとつに見えるかもしれません。ところが、この小魚には燃費の向上や操縦安定性など、さまざまな目的があるのです。

付いている場所は車によって違っていまして、ドアミラーの付け根や、リヤコンビランプ側面、フロアアンダーカバーなど。最初から付いていることがほとんどですが、後付も可能でCピラーに追加するディーラーオプションも用意されています。その価格は、マークXなら1組16200円(税込)となります。

次ページ
ハイエースの場合は?