まだ若い僕が、「マークX」を選んだワケ

トヨタ マークX 2016

来年で30歳になる。まだまだ若いつもりだけど、なんだか30歳となると、「一線」を超えてしまうような気もする。そんな僕の愛車はトヨタ マークX。おそらく「FRスポーツセダン」というワードが響いたのだろう。

Chapter
オトナへと進んでいく僕のFRスポーツセダン
高い質感・ポテンシャルと相反するコストパフォーマンス
休日のハイウェイ、そしてワインディングに万能なマークX

オトナへと進んでいく僕のFRスポーツセダン

正直、トヨタのFRといえば真っ先に「86」が浮かぶだろう。まだ独身なんだし、2ドアのスポーツクーペたる86をマニュアルで振り回すのも痛快だろうな、とも思う。ただ正直、仕事も忙しくてなかなかそうした余裕もない。それにいま付き合ってる彼女は「走り」にあまり理解がない。まあ、結婚の話もチラホラ…という部分もあるし、少し僕も真剣にいろいろ考えないとだめなのだ。

そんなこんな自分のライフスタイルを考えていったら、自然とマークXを選んだ、というわけ。2.5L V6エンジンに6速ATの組み合わせは十分にスポーティ。昔はオートマはダサい、なんて言われていたようだけど、僕の世代ではそうしたこだわりはあまり無いかな。

実際トルコンATとはいえ、マニュアルモードを使えば意のままに走る事ができる。それに疲れてる時や渋滞時は絶対ATがいいと思う。これはきっと渋滞の多い日本ならではの価値観なのかもしれない。

高い質感・ポテンシャルと相反するコストパフォーマンス

2.5Lの25Gをチョイスした。勿論3.5Lモデルの圧倒的なパワーも体験してみたかったけど、収入や今後の支出を考えたら分相応だと思う。それでも車両価格が265万円~というのは相当コスパが良いのではないだろうか。昨今では軽自動車だって200万円近くするんだからね。

それと何より言っておきたいのが、マークXは「カッコいい」という事。やはりデザイン、とくにフロントマスクはクルマにとって重要なファクター。マイナーチェンジしたマークXをディーラーで見た時に、一目惚れというか、これで間違いない!なんて。正直、現行プリウスのデザインを見た時は「なんじゃこれ」と思ったけど、実物を見たら「お、これは凄いな」と思ったのも事実。

まあとにかく、マークXはカッコいいと思う。スポーツセダンという意味では、ランエボやインプレッサあたりと比較しても良いのかもしれないね。ただ自然吸気V6エンジンは、ターボとまた違う、スムースで爽快な廻り方をしてくれる。これはWRC直系セダンとは一線を画すところだね。そもそもFRモデルだし。

<次のページに続く>
次ページ
休日のハイウェイ、そしてワインディングに万能なマークX