今ではほとんど同じ車!? かつてプロボックスとサクシードは何が違ったのか?

今や日産のADバンと共に、日本では数少ないライトバンの生き残りとなったプロボックスとサクシードですが、かつてはフルラインナップメーカーのトヨタらしくさまざまなライトバンがありました。その流れでプロボックスとサクシードも、かつてはそれなりに違いがあったのです。

Chapter
昔は何でもバン!
前期型プロ/サクは後継車としての過渡期だった
性格の異なった前期の「プロ/サク」
ナンバー付きレーシングベースにはプロボックスワゴンが最適!
今ではプロボックスとサクシードの違いが薄れている!?
プロボックスとサクシードのスペックと価格を比較!
プロボックスとサクシードの燃費・維持費
プロボックスとサクシードの走行性能
プロボックスとサクシードの快適性・機能性
プロボックスとサクシードの中古相場

昔は何でもバン!

サクシード バン UL“X パッケージ”

今でこそプロボックスとサクシードのみとなったトヨタのライトバンですが、かつてはフルラインナップメーカーらしく、あらゆる車種にライトバンが存在しました。高度経済成長期以前、家族のための4ドアセダンなどファミリーカーはまだまだ贅沢な時代で、"自動車"と言えば仕事兼用のライトバンが主流でした。

おかげで以前から存在した5ドアステーションワゴンが「変わらない外見なら、ライトバンの方が仕事に使いやすくて安い」と敬遠されていたくらいですから、今まで歴史に残る各車とも、ライトバンモデルを設定するのが普通でした。

それゆえトヨタでもパブリカ(後にスターレット)からマークIIやクラウンのライトバンまで数多く揃っていたのですが、高度経済成長期でバンより乗用車の販売が伸び、バブル景気の初期あたりからは、ライトバンのみモデルチェンジせず旧型を生産・販売するようになっていきます。

やがて車種そのものもスターレットバンとカローラバンを統合したカローラバン/スプリンターバンと、コロナバン、マークIIバン、クラウンバンを統合したカルディナバンに集約されました。

そして21世紀に入ると、初代ヴィッツと同じプラットフォームを使ったほぼ同型の「プロボックス」(カローラバン/スプリンターバン後継)、「サクシード」(カルディナバン後継)の、実質1車種に統合されていくのです。

「打倒!ADバン」に燃えるトヨタ(別にそれまでも負けていませんでしたが)は、「プロボックス対ADバンのゼロヨン勝負」などというプロモーションビデオまで作り、気合の入れ方が1台…2台でしたが。問題はハタから見るとこの両車、全くクラスの異なる車の後継モデルでありながら、ほとんど何も違わなかった事です。

前期型プロ/サクは後継車としての過渡期だった

そんなプロボックス/サクシードですが、ほぼ同じクルマとはいえそれぞれのルーツが異なった事から、一度に同型となったわけではありません。

カローラ店でカローラバンを、ネッツ店でスプリンターバン(その昔はパブリカバンやスターレットバン)を購入していた法人ユースにとっては、初代ヴィッツと同じNBCポラットフォームを採用していた「プロボックス」は、従来通りのサイズでビジネスユース向けに使い勝手の向上を極め、ADバンに対抗できるライトバンとしてプロボックスはすんなりと迎え入れられました。

問題は「サクシード」の方です。以前は比較的大きなライトバンを使っていたトヨタ店(かつてはクラウンバンやカリーナバン)やトヨペット店(かつてはマークIIバンやコロナバン)の顧客にとっては、大・中型ライトバンの後継がカルディナバンの1車種しかないというのも寂しい事実ですが、さらに車格の小さい「サクシード」ともなると、積載能力の面でやや難が出るのは確実でした。

性格の異なった前期の「プロ/サク」

プロボックス ワゴンF“エクストラパッケージ”

そのような事情から、かつての「プロボックス」と「サクシード」には、先代のキャラクターをある程度考慮した作り分けがなされていました。

すなわち、カローラ店やネッツ店ではミドルサイズとなる「プロボックス」に対し、トヨタ店やトヨペット店で「もっとも小型で安価」なサクシードには電動ドアミラーなどの快適装備が一部簡略化され、標準装備の内容が異なりました。

その代わり、サクシードは少し膨れ上がったような形状のリアハッチを採用し、プロボックスより荷室長を200mm稼いだのです。わずかな違いでしたが、それにより「サブロク」(三尺×六尺)と呼ばれるサイズで一般化していた、加工前の鉄板や木の合板、それに畳の積載を容易にしました。

さらに最大積載量もプロボックスの400kgに対し、サクシードはカルディナバンの500kgには及ばぬながら、それに近い450kg(2WDのみ。4WDは400kg)を確保していたのです。

他にも若干外装・内装の違いはあるものの、プロボックスとサクシードを一瞬で見分ける唯一のポイントがこのリアハッチであり、ノッペリしていればプロボックス、少し膨れていればサクシードとなります。

ナンバー付きレーシングベースにはプロボックスワゴンが最適!

また、外観的な違いでは無いのですが、5ナンバーバンの「プロボックスワゴン」には同「サクシードワゴン」には存在しないMT(マニュアルミッション)の設定があります。

そのため、「全日本プロボックス/サクシード選手権(JSPC)」などのレース用ベース車や走行会などに使用する際、4ナンバーの1年車検や任意保険が高額なのを嫌う場合には、プロボックスワゴンのMT車を探してベース車とするのが最適です。

今ではプロボックスとサクシードの違いが薄れている!?

そんな違いのあったプロボックスとサクシード。しかし、2013年に5ナンバーワゴンが両者とも廃止された後、2014年8月のビッグマイナーチェンジで車体が完全に統合されました。

外観が基本的にはキープコンセプトながらも大きく変わり、全車CVTとなるだけでなくプラットフォームすら変更されるというフルモデルチェンジ同然の変化でしたが、新型のBプラットフォーム自体が旧型のNBCプラットフォームのマイナーチェンジ版である事から、フルモデルチェンジ扱いとはならなかったようです。

しかし、その変更でサクシードの室内長や最大積載量はプロボックスと同一となり、トヨタ公式ホームページで両車のスペックを見比べても「間違い探し」レベルの違いしか無くなりました。

今や車名やエンブレム以外での唯一の違いは、カローラ店専売 (ネッツ店での取り扱いは2004年3月で終了)のプロボックスには1.3リッターエンジン搭載の廉価版が設定されているくらいです。

また、ライバルも次々と消滅し、今や唯一残った日産のライトバン(およびその各社OEM車)もやはりエンジンや一部装備以外はほぼ同じ「AD」と「ADエキスパート」のみとなってしまいましたが、たとえ仕事用のライトバンとはいえ、車種の極限で街の彩りが減ったように感じるのは残念ですね。

たまに輸入商用車の代表格な1台、ルノー カングーなどを見ると、少し嬉しくなります。

プロボックスとサクシードのスペックと価格を比較!

日本では数少ないライトバンである、日産ADバンと比べられることが多いトヨタのプロボックスとサクシードは、モデルチェンジを繰り返して今では姉妹車として同じ形をしていますが、異なる過去の経緯がある車です。

現行モデルのプロボックスとサクシードは、車体が完全に統合されているため、比較をしてみてもさほどの違いがありません。

まずは、スペックや価格の違いを比較してみましょう。

  プロボックス サクシード
  F GL DXコンフォート DX TX UL-X UL U
新車価格(税込) 158~180
142~177
135~169
135~169
158~180
154~177
147~169
143~166
駆動方式 FF/4WD FF/4WD FF/4WD FF/4WD FF/4WD FF/4WD FF/4WD FF/4WD
エンジン 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC
最大出力(kW) 80/76 70・80/76 70・80/76 70・80/76 80/76 80/76 80/76
80/76
最大トルク(Nm) 136/132 121・136/132 121・136/132 121・136/132 136/132
136/132
136/132
136/132
トランスミッション Super CVT-i
Super CVT-i
Super CVT-i
Super CVT-i
Super CVT-i
Super CVT-i
Super CVT-i
Super CVT-i

プロボックスとサクシードの燃費・維持費

1.5リッターのエンジンに関しては両車ともに同じエンジンなのでカタログ燃費は同じ値になりますが、実燃費には少しの差がありますが、これは運転方法の違いや使用環境によって生まれているのかもしれません。いずれにしても、実際にはほぼ同じと言えるでしょう。

今日でも営業車としてのイメージが強いプロボックスだけに設定される1.3Lエンジンモデルは、実燃費性能でみると1.5Lと大きな差が無いことが分かります。初期投資費用も含めたトータルの維持費は、1.3Lのプロボックスに分がありそうです。

一方、荷物を多く載せたり、高速道路の走行を多くしたりする場合は、非力な1.3Lではアクセルを多く踏む場面が増え燃費は悪化するので、1.5Lエンジンの車両を選択したほうが長い目で見ると維持費は抑えられるでしょう。

プロボックスとサクシードの走行性能

プロボックスとサクシードは、商用バンとしての使い勝手を念頭に置いた専用設計で、次々と消滅してきたライトバンの中で時代の流れに寄り添いながら生き残ってきた車です。

2014年にビッグマイナーチェンジが行われ、現行のプロボックスとサクシードは車体が完全に統合され、車名やエンブレムの他に違いとして挙げられるのは、1.3Lエンジン搭載の廉価版がプロボックスに設定されているくらいです。

現行のプロボックスとサクシードは走行性能にも違いがなく、ホームページなどではプロボックスとサクシードに分けて表記されていますが、走行性能の内容に違いはありません。

どちらも旧型のモデルと比べ走行性能が大幅に向上し、新たに搭載されたヒルスタートアシストコントロールや緊急ブレーキシグナル、VSC&TRCの標準装備で、予防安全性能も大幅に向上しています。

ビジネスマンの使い勝手に考慮する姿勢はそのままに、多彩な収納など装備も充実させ、より使い勝手の良い車になっているのも魅力です。

プロボックスとサクシードの快適性・機能性

プロボックス、サクシード共に無駄な装備が省かれているので最小限の装備しかありませんが、営業車として考えてみると高い機能性が有ることが分かります。

運転席周りには多くの収納を有しており、業務上必要な書類や荷物をすぐ手の届く範囲に収納することができ、一般車にはないようなパソコンを置けるテーブルや、コートやスーツをハンガーで掛けることができるフック、大きな書類でもそのまますっぽりと入る大きなフリーラックが装備されています。

グレードによって標準かオプション装備か違いはありますが、荷物を紫外線から守るUVカット付きのプライバシーガラスや、効き目の早いマニュアルエアコンがあり営業活動をサポートしてくれる仕事面での快適性が高い車両です。

プロボックスとサクシードの中古相場

プロボックスらしさやサクシードらしさを味わいたい方は、姉妹車として車体が統合されてしまった現行モデルのものではなく、旧型モデルのプロボックスやサクシードを購入するしかありません。旧型モデルは中古でしか購入できませんので、プロボックスとサクシードの中古相場を調べ、自分自身が求める車を購入するようにしましょう。

大手中古車情報サイトによると、プロボックスの中古価格は最安値が9.9万円、最高値が158.2万、平均値は48.1万です。一方、サクシードは最安値が10万円、最高値160万円、平均値が69.1万円となっています。(2016年11月時点)

平均値で比較すると、サクシードの方が20万ほど高く値がついています。これは、プロボックスの在庫数が589台に対し、サクシードは280台と少ないため、価格が上がったためと思われます。

一度、検討してみてはいかがでしょうか。