車のガソリンは常に満タンにしておくべきなのか?

車を走らせるために必要なガソリンや軽油などの燃料。これは、常に満タンにしておくべきなのか…。特に、たまにしか乗らない方であれば、どうすべきか悩むかもしれません。ガソリンは満タンにしておく方が良いのかどうか、検証してみましょう。

Chapter
ガソリン=重量物
燃料が少ないことの弊害
夏は特に満タンを心がけた方がいい
燃料警告ランプが点灯してから何キロ走れる?

ガソリン=重量物

ガソリン

車の燃料であるガソリンは重量物でもあります。そのため、リアシートの下など、自動車の重量バランスを考える上でも最適な場所にガソリンタンクが設置されており、普通車のタンクの容量は50L〜100L程度となっています。

ガソリンの重さは、1㎤(1cc)あたり、0.72~0.76gとなり、軽油だと0.80~0.84gになるそうです。中間点を取るのであれば、ガソリンは1L=740g、軽油は1L=820gとなり、仮に70Lの燃料タンクだとすれば、ガソリンは51.8kg、軽油は57.4kg程度の重量がプラスになります。必要不可欠なものですが、それなりの重量があることが分かります。
石油連盟の統計情報より)

当然、燃料が半分であれば、重量も半分になるため重量は軽くなる計算になります。燃費改善という点では、燃料を軽くしておくのも効果はあると考えられます。


次ページ
燃料が少ないことの弊害…