ついに発売!三菱 新型トライトンの見積価格は574万6,347円!気になる納期についても公開!

見出し

※この記事には広告が含まれます

1978年にピックアップトラックを発売以来、45年間で5世代にわたり約560万台を生産し、世界約150ヵ国で販売してきた三菱自動車は、約9年ぶりのフルモデルチェンジで6代目となった新型「トライトン」を発売しました。本モデルは、「Power for Adventure」という商品コンセプトのもとで開発を進め、内外装デザインからシャシー、ラダーフレーム、エンジンなどを一新しました。

そんな新型トライトンの気になる見積額はいくらになるのでしょうか。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
三菱 新型トライトンはどんな車?
三菱 新型トライトン「GSR」の見積価格は574万6,347円!

三菱 新型トライトンはどんな車?

新型トライトンは、新開発となるラダーフレームは従来型から断面積を65%増やし、曲げ剛性60%、ねじり剛性40%の強化を実現。これにより走行性能や乗り心地の向上に大きく寄与することはもちろん、積載時の耐久性、衝突時のエネルギー分散性も向上するなど堅牢性を高めています。

ボディカラーは従来車にはない、鮮やかさとメタリック感を強めたヤマブキオレンジメタリックと、輝度感を向上させたブレイドシルバーメタリックが新たに投入されました。高品質なベーシックカラーとしてホワイトダイヤモンド、ホワイトソリッド、グラファイトグレーメタリック、ジェットブラックマイカをラインナップしています。

トランスミッションは従来車で好評のスポーツモード付き6速オートマチックトランスミッションと、シフトレバーをワイヤー式とすることでエンジンから直接伝わる振動を低減して快適性を向上した6速マニュアルトランスミッションを採用しています。

インテリアでは、プロフェッショナルユースを意識し、乗員を保護するためにソフトパットを要所に採用し、実用性の高さを確保。デザイン面では、幾何学的な造形とメタリックを多用したハイコントラストでモダンな空間としています。

特に、モニターやメーター、コントラストをつけたスイッチ類は視認性にこだわり、セレクター、ダイヤル、スイッチ類は手袋をしたままでも確実に操作ができるよう程よい節度感を実現。ステアリングホイール、グリップ、ドアハンドル類は握り心地や逞しさを追求するなど「MITSUBISHI TOUCH(三菱タッチ)」という考え方に基づいてデザインされています。

三菱 新型トライトン「GSR」の見積価格は574万6,347円!

メーカー:三菱
車種:トライトン「GSR」
型式:T3DF - LC2TJLPRD 
駆動:4WD
ドア:4
定員:5名

【見積もり内容】
車両本体:532万4000円
販売店オプション:16万490円
税金・保険料等:19万7,000円
販売諸費用(課税):4万8,527円
販売諸費用(非課税):1万6,330円

支払総額:574万6,347円
「GSR」は、精悍さと上質さを極めた最上級モデルになっています。
ピックアップトラックとしてアウトドアでも豪快に扱える、しかし上質さも備わっているそんな車両になっています。

担当者によると、納期は4〜5ヶ月程度になると予想されています。
値引きは7万円スタートでオプションや下取り次第で上限20万円程度とディーラー担当者は言います。
4〜5ヶ月程度待つ必要があるので、購入を検討している人は一度販売店に行くことをお勧めします。

商品詳細