スバル「レヴォーグ レイバック」のインテリア・デザインは都会派クロスオーバーらしい上質で華やかな空間!【プロ徹底解説】

レヴォーグ レイバック

※この記事には広告が含まれます

スバルのステーションワゴンである「レヴォーグ」に、新たな兄弟が増えました。それが2023年10月に発売となった「レヴォーグ レイバック」です。どのような車なのでしょうか? また、そのインテリアは、どうなっているのかを解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
都会派クロスオーバーとして目指すのは
インテリアの狙い
「レヴォーグ レイバック」専用のシート
大型のセンターインフォメーションディスプレイ
新開発のハーマンカードンサウンドシステム

都会派クロスオーバーとして目指すのは

スバルの人気ステーションワゴン「レヴォーグ」。その特徴は「スポーティな走り」「充実の先進安全性能」、そして「ステーションワゴンとしての利便性の良さ」です。この「レヴォーグ」の3つの価値をベースに、「都会派SUVやクロスオーバーを求める人」に向けて提案されたのが新しい「レヴォーグ レイバック」です。
都会派クロスオーバーということで「レヴォーグ レイバック」は、「都会的なフォーマル性(土の香りがしない)」というのが大きな特徴になります。端的に言えば、「上質さ」が与えられているのが「レヴォーグ レイバック」ならではの部分です。

インテリアの狙い

デザインのコンセプトは「凛(りん)かける包(ほう)」というもの。「レヴォーグ」の持つ、凛としたイメージを芯に、温かみや豊かさ、大らかさで包み込むというものです。インテリア・デザインのキーワードとなったのは、「より豊かに」「リラックス」「コンフォート」というものです。

パートナーとのリラックスした時間を、より快適に、より豊かにくつろぐため、「レヴォーグ レイバック」のインテリアは、上質かつ華やかであることが目標となりました。
具体的には、シートやインテリアの加飾に、青みがかったアッシュ表皮を採用し、そこにカッパー(銅色)のステッチがアクセントとして走ります。アッシュ表皮+カッパーステッチは、センタートレイ加飾、フロアコンソールリッド、ドアトリムアームレスト、シートに採用されています。カッパーのステッチは、他にも、インパネミッドトリム、シフトブーツ、本革巻きステアリングに施されています。

「レヴォーグ レイバック」専用のシート

シートは「レヴォーグ レイバック」のために専用開発されたもの。優れたホールド性と乗り降りしやすい乗降性のバランスをとっているのが特徴です。標準が、トリコット/ファブリックにカッパーのステッチが入ったものとなります。オプションで、ブラックにカッパーステッチを入れた本革シートが用意されています。

大型のセンターインフォメーションディスプレイ

インフォテイメントとしては、最新の「クロストレック」「インプレッサ」と同様の11.6インチの大型センターインフォメーションディスプレイを採用。アップルカープレイもワイヤレス接続で利用することができます。

メーターは「レヴォーグ」と同じ、12.3インチのフル液晶メーター。アップルカープレイのナビ画面をメーターに表示することも可能となっています。

新開発のハーマンカードンサウンドシステム

上質をテーマにするモデルらしく、「レヴォーグ レイバック」には、新開発のハーマンカードンサウンドシステムが標準装備となります。インストルメントパネルに80㎜と16㎜のユニティースピーカー、フロンドドアに178×254㎜のミッドウーファー、リヤドアに170㎜+25㎜のコアキシャルスピーカー、フロントシート下に432W相当の高効率アンプを搭載。

「Clari-Fi」(圧縮によって失われた音楽成分をCD相当の音質まで復元)機能や、「Green Edge」システム(車両配線や回路内部でロスした電力を極限まで排除し、大きな音量を出力可能とする)を備えています。
都会派クロスオーバーを志向するのが「レヴォーグ レイバック」です。その狙いを現実のものとするためにインテリア・デザインは、上質さと華やかさが高められています。暖色系を基本としながら、青みがかったアッシュとカッパーのステッチが独自の世界観を生み出しています。

商品詳細