ホイールを固定させる重要なパーツ「ホイールナット」…取り付けに当たっての注意点とは?

ホイールナット

クルマのドレスアップ、足回りカスタムでアルミホイールを装備するケースは多いでしょう。その際ホイールを固定させるのに重要なパーツが「ホイールナット」です。地味ながら大切なパーツなのです。

Chapter
ホイールと対の存在、「ホイールナット」
メーカーによって異なるサイズのホイールナット
重要なホイールナット「座面」
取り付けの際も「締め付けトルク」に注意を

ホイールと対の存在、「ホイールナット」

足回りのカスタマイズで最もポピュラーなのがホイール交換でしょう。ファッション性はもちろん、大径ホイールを装備してタイヤの扁平率を変更する、といった事もありますし、性能面でもバネ下重量の軽量化はクルマの運動性能向上にも関わってきます。

そんなホイールを固定させるのが「ホイールナット」。これがしっかり装着・固定されていないと、タイヤが外れるなど思わぬ被害が自身のみならず起こる可能性があります。ですから地味ながらも非常に重要なパーツといえますよね。このホイールナットにも種類があるのをご存じでしょうか。

メーカーによって異なるサイズのホイールナット

ホイールナットを購入する際に気を付けなければならないのが「サイズ」です。大抵販売しているホイールナットには表記がなされています。

一例を表記しますと、
・HEX(レンチサイズ) 21mm
・全高 26mm
・装着時の突起高 22mm
・ホイール接触部分形状 テーパー座 60°
・適合ボルト規格 M12 ピッチ 1.5

このようになります。特に重要になるのがまず「適合ボルト規格」でしょう。上記の例ではM12、とありますが、これは「ネジの直径」の意味です。そしてピッチ1.5、ネジ山のピッチ(間隔)を示しています。これはメーカーによってサイズが分かれているので注意が必要。

・M12×P1.5…トヨタ・ホンダ・三菱・マツダ・ダイハツ
・M12×P1.25…日産・スバル・スズキ

一般的にこのようにサイズが分かれています。

しかし、最近ではOEM車両が多くなっており、例えばトヨタ86は実質「スバル」が製造したクルマですので、ホイールナットはM12×P1.5ではなく、M12×P1.25になるので注意が必要。同様に日産DAYZは三菱が作っていますので、やはり同じ事がいえます。メーカーの固定観念を持たず、自身のクルマのサイズをチェックする事が必要といえますね。

<次のページに続く>
次ページ
重要なホイールナット「座面」