女性にモテる車ランキング上位のアウディA4。S4との違いとは?

女性にモテる車で名前を見かけることの多いアウディ。ドイツが誇る高級車メーカーですが、最近ではお手頃価格のモデルも登場するなど、身近な存在になってきました。そんなアウディの人気セダンA4とS4…もしアウディに乗るとしたら、あなたはどちらを選びますか?

Chapter
アウディ A4/S4 画像ギャラリー
A4とS4、それぞれの立ち位置と関係性について
A4で充分との意見も!? S4の魅力とは?
インテリアの違い
走行性能の違い
安全性能は?
快適性は?
燃費の比較
中古価格の比較と値引きの可能性
結局どちらを選ぶかは、その人次第?

アウディ A4/S4 画像ギャラリー

アウディ A4

アウディ S4

A4とS4、それぞれの立ち位置と関係性について

アウディ A4 2.0 TFSI quattro

アウディのA4とS4は、どんな関係なのでしょうか?

A4は、アウディのセダンのなかで、ちょうど真ん中に位置するDセグメントのモデルです。価格は400万円なかばと、エントリーモデルとしてはやや高めですが、デザイン、装備、走り、どの点を見ても完成度が高く、下のクラスになるA3と比べると、室内の広さも充分に確保されています。4人家族なら日々の足や家族でのお出かけなどに、なにひとつ不自由なく使用することができます。

そのA4よりも、さらに走りを追求したい、スポーティに攻めたいという人のためのグレードが、S4です。A4をベースに作られていますが、専用グリルやスポーツサスペンションを装着するハイパフォーマンス仕様となっています。

見た目にもその違いは明確で、落ち着きのあるA4と比べ、S4はフロントグリルや足回りにスポーティな意匠が施されています。価格は、800万円オーバーと高価です。

A4で充分との意見も!? S4の魅力とは?

アウディ S4

A4とS4を迷った時、一番気がかりなのは、「S4にそこまでお金をかける価値があるのか?」というところです。見た目に多少違いはあれど「A4で充分なんじゃないの?」と思う人も多いのではないでしょうか。

それでは、S4の魅力は一体どんなところなのでしょうか?ずばりA4とS4の違いは、その”走り”にあります。

A4が、1.4Lもしくは2.0Lの 直列4気筒ターボに対し、S4は3.0LのV6ターボになります。さらに、専用デザインのグリル、アルミニウムハウジングを用いたドアミラー、クローム仕上げを施したデュアルエグゾーストシステム、Sデザインの軽量18インチアルミホイール、専用サイドシル、小型リアスポイラー、4本出しのエキゾーストパイプ、スポーツチューンを施したサスペンションにより、全高も低めに設定など、A4とはもはや比べ物にならないセダンの形をしたスポーツカーと言えるでしょう。

インテリアの違い

A4

アウディ A4 2.0 TFSI quattro

A4の内装はとてもシンプルで、インパネは上質にデザインされ、レザーシートの質感も高級感にあふれています。

このサイズのセダンとしては、運転席もリアシートもゆったりと座れ、長時間の移動にも疲れないであろう快適な空間が広がっています。

S4

アウディ S4

S4のシートは、Sのロゴが刻印されたアルカンターラとレザーによる専用品。

カーボン製デコラティブパネルを標準装備するとともに、内装をブラック基調としてスポーティさを演出しています。

走行性能の違い

アウディ S4

ダイナミックな走りを実現するアウディの走行性能について、アウディを代表するA4をS4の比較してみましょう。

8年ぶりのフルモデルチェンジをしたばかりのA4は、走行安定性と乗り心地の快適性がアップしています。上級モデルには、アウディ独自の4WDであるクワトロシステムが装備され、走る道を選びません。

新開発の5リンク式サスペンションは、優れたハンドリングと接地性で乗り心地を高めています。さらに、7速Sトロニックトランスミッションが瞬速のシフトチェンジを可能にし、TFSIエンジンが低燃費と高出力を両立させています。

スーパースポーツタイプのS4の走行性能は、パワフルな新開発3.0TFSIエンジン搭載で、260kW(354ps)の最高出力と500Nm(51kgm)/1,370~4,500rpmという強大なトルクを発生し、従来よりパワーもトルクも向上し加速に磨きがかかっています。

A4と同様に駆動方式は4WDクワトロシステムですが、トランスミッションは8速ティプトロニックで、1速が加速を重視したスポーティなギア比となっているのが特徴です。

安全性能は?

アウディ A4とS4にはアウディ独自の最先端予防安全システムが装備されています。さまざまな場面に応じて事故を未然に防ぐ機能を、細かく見ていきましょう。

1、走行中に起こる危険を未然に防ぐ機能

・ターンアシスト
交差点での右折時の右直事故を防ぐために反対車線から来る対向車の接近を検知し衝突の危険があるとコンピューターが判断した場合自動でブレーキが作動します。

・Audiプレセンスシティ
走行中に周囲の状況を判断し、歩行者や他の車と衝突の危険があると判断されるとドライバーに音と表示で警告をし、衝突の危険がある場合は自動でブレーキが作動します。

・Audiプレセンスリア
後方から接近する車を検知し衝突の危険がある場合はシートベルトの自動巻き上げや窓やサンルーフが自動的に閉まり衝突を軽減します。

・Audiサイドアシスト
車線変更時の事故を未然に防ぐために、ミラーの死角にあるような車両も察知しサイドミラーに搭載されたLEDが点灯することによってドライバーに警告をします。

2、ドライバーの疲れを軽減するサポート機能

・アダプティブクルーズコントロール
前方車両との車間距離を一定に保ち設定された速度を維持する機能で、高速道路上での運転疲労を軽減します。

・Audiアクティブレーンアシスト
居眠り運転や疲労時に起こる車線逸脱を防ぐため、走行レーンを認識し逸脱しないよう自動でステアリングを修正します。

このような事故を未然に防いだり危険を察知したりする機能が備わっているので、安心したドライブが可能になります。

快適性は?

A4とS4ともに、Audiバーチャルコックピットと呼ばれる新しい快適性を高める機能が備わっています。

こちらはメーターパネル内に12.3インチの液晶モニターを設置することによって、さまざまな情報をメーター内に表示し、速度やエンジン回転を表示しながらナビ画面を出したり、他の情報を表示したりし、ドライバーの疲労を軽減します。

また、Audiスマートフォンインターフェイスといった機能によって手持ちのスマートフォンと繋げ通話や音楽プレイヤー等の機能をセンターコンソールにあるスイッチやステアリングスイッチから操作できます。

インターネットに繋がっている状況なら最新ニュースや天気予報もチェック可能です。

燃費の比較

アウディ A4とアウディ S4のカタログ燃費と実燃費で比較してみましょう。

  アウディ A4 アウディ S4
カタログ燃費 18.4km/L 12.4km/L
※JC08モードで測定しています。

中古価格の比較と値引きの可能性

アウディ A4、アウディ S4の中古価格は、大手中古車サイトによると下記の表のようになります。

  アウディ A4 アウディ S4
最安値 19万円 118万円
最高値 425万円 519万円
平均価格 208万円 308万円
※2016年7月時点

いずれも車両本体価格で、年式が新しい型やディーラー保証がついているモデルが高くなるのはいうまでもありませんが、スタイリッシュで走行性も抜群なアウディは、ユーザーが長く愛車として大切に扱われる傾向にあるようです。

中古車市場には、そのようなお買い得車が揃い、メンテナンスを充分にすればまだまだ乗れる価値ある車が沢山あります。

値引き交渉で価格を下げてもらえる可能性もあり、その際は下取り車の価格交渉がポイントです。あるサイト情報によると、A4は最低でも30万円、最高で100万円と言う車両値引き額もあります。

結局どちらを選ぶかは、その人次第?

「A4が現実的だが、少し頑張ってS4にも乗ってみたい…」そんなふうに迷っている方は、やはり試乗してみるのが一番でしょう。

その走りに価値を感じたならば、思い切ってS4を選んでみるのも良いと思います。中古であれば新車のA4と変わらぬプライスタグを付けたS4を見つけることも可能。決して夢ではありません。

似ているようで乗ってみるとまったく印象の違う2台。あなたならどちらのアウディを選びますか?