アウディ 5代目A4の荷室の広さはゴルフバックが3つも入る!?使い勝手を調査してみた!

今回はアウディ 5代目A4のラゲッジルーム(荷室)を紹介していきます。2016年2月に発売された5代目A4(ABA-8WCVN・DBA-8WCVK・DBA-8WCYRF)は、アウディを代表するミッドサイズセダンです。

フルモデルチェンジを経て、予防安全システムの充実やサスペンションシステムの再設計、最先端のコックピットを採用するなど、かなり充実した改良が加えられています。さらに、デザインを改善したことでインテリアは先代と比べてよりスペースが確保されています。そんな5代目A4のラゲッジルームの広さはどのくらいなのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
アウディ 5代目A4の荷室の広さは?
アウディ 5代目A4の荷室はシートアレンジでさらに拡大可能!
アウディ 5代目A4の荷室には便利なオプションが設定されている!

アウディ 5代目A4の荷室の広さは?

まずは5代目A4の大きさについて確認してみましょう。

Audi A4 35 TFSIが全長4,750mm×全幅1,840mm×全高1,430mm、Audi A4 Avant 35 TFSIが全長4,750mm×全幅1,840mm×全高1,455mm、特別仕様車のAudi A4 35 TFSI Meisterstückが全長4,750mm×全幅1,840mm×全高1,410mmとなっています。

続いてラゲッジルームの広さを確認しましょう。

ラゲッジルームの広さは、長さ1,050mm×幅1,000mm×(地面からの)高さ663mmとなっています。容量は約480Lとなっていて、ゴルフバックが3つは収納できる大きさです。

トランクの開口部は、ほとんど車体の全幅分が開く設計になっているので荷物の出し入れが非常にしやすくなっています。また、ラゲッジルーム内はでっぱりやくぼみがほとんどなく、大きな荷物でも簡単に出し入れすることが可能となっています。

アウディ 5代目A4の荷室はシートアレンジでさらに拡大可能!

5代目A4のラゲッジルーム(荷室)は約480Lとゴルフバックを3つも積み込めるほどのかなり広々として設計です。しかし、それ以上の荷物を摘みたいときにはどうすれば良いでしょうか。そんな時は4:2:4に倒れるリアシート(後部座席)を倒して、ラゲッジルームをさらに拡張しましょう。

全てのリアシートを倒せばラゲッジルームの容量は約960Lまで拡張します。倒す前の容量と比べると倍近くに広がるので、積載できる荷物の幅が広がりますね。長さも既存の1,050mmから倍近くに伸びるのでDIYに使用する木材などを入れることも容易そうです。

アウディ 5代目A4の荷室には便利なオプションが設定されている!

既存の状態からシートアレンジを加えることでさらに積載容量を拡張させることができる5代目A4のラゲッジルーム(荷室)。そんな5代目A4のラゲッジルームには便利なオプションが用意されています。

一つ目はリアバンパープロテクトマット。ラゲッジルーム内のバンパーに設置して、荷物の出し入れの際に生じる傷からバンパーを守ります。重い荷物を積み込むときには荷物のコントロールが効かず、車体を傷つけてしまうこともしばしば。いつまでも美しい車体を保つたい方には必須のオプションです。

二つ目は、ラゲッジコンパートメントディバイダー。ラゲッジルーム内で荷物が動かないように固定する仕切りで、柔軟な材質から荷物に合わせて形を変えることができます。このオプションによって、ラゲッジルーム内の整理と荷物が動くことで生じる内部の傷を未然に防ぐことができます。

最後に取り上げるのはラゲッジコンパートメントボックスです。その名の通り、ラゲッジルームにおくことができるボックスで、折りたたみ式であることから使用しない時はコンパクトに畳んでおくこともできます。洗車用品などの小物はラゲッジコンパートメントボックスに入れて整理整頓しておくことがオススメです。

十分な広さとその広さを超える拡張性能、そして充実したオプションが揃っている5代目A4のラゲッジルーム。しかし5代目A4の魅力はラゲッジルームだけでなく、高級感あるインテリアとエクステリアやいつまでの乗っていたくなるような居心地の良い居住空間など、その魅力は多岐にわたります。

そんな5代目A4は発売から約4年が経ち、そろそろフルモデルチェンジするのではないかと噂されています。次のモデルはラゲッジルームがどのように進化するのか注目が集まります。