生産台数419台のフェアレディZ432…搭載されたS20エンジンは何が良かったのか?そのエンジン音は?

直列6気筒エンジンと言えば、車好きなら一度は乗ったことのある、もしくは乗ってみたいレイアウトではないでしょうか。第2世代のスカイラインGT-RのRB26DETTやBMWのシルキーシックスなど、フィーリングや排気音質は4気筒やV型とも異なる正統派の魅力を備えています。

国産車の中で、伝説の原点となった直6と言えば日産のS20。もはや若い世代の方はその名を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、生粋のエンスーな方ならご存知の方も多いかもしれません。今回はハコスカGT-R、フェアレディZ「432」に搭載されたS20直列6気筒エンジンの魅力を振り返ってみたいと思います。

Chapter
初代フェアレディZ 432とはどんな車か
20年サイクルでもたらされる変革
S20エンジンが持つ魅力とは
S20とフェアレディZのボディ

初代フェアレディZ 432とはどんな車か

フェアレディZ 初代 S30

初代となるフェアレディZ S30型の登場は1969年までさかのぼります。それまでフェアレディの名を冠したモデルは存在しましたが、ルーツとなる先代モデルは1500ccの4気筒エンジンを搭載したオープンカーでした。

S30の発案は米国日産の片山豊社長でした。当時はスポーツカーの需要が不明確だったため、日産本社は否定的な態度だったようですがアメリカでのマーケットを察知した片山社長は動きました。

ジャガー Eタイプの様なスポーツカーをデザインイメージとし、既存のコンポーネントを駆使することで、先発のジャガーやポルシェに対抗できる性能を持ち、かつ購入しやすい価格設定のフェアレディZを世に送り出したのです。あえて高回転でない実用的なSOHCエンジンを搭載。アマチュア精神にあふれ、愛されることになったフェアレディZはここから始まったのです。

そんな初代ZもレーシングシーンではGT-Rと同じ珠玉のエンジン「S20」を搭載して活躍しました。432の名称は4バルブ・3キャブレター・2カムの由来となりました。

20年サイクルでもたらされる変革

ダットサン240Z(S30)

1969年以前の車はモノコックではなくフレーム構造で、ミッションも4速どころか3速、2速だったり、軽自動車でもないのに排気量は1000cc未満など、現代では想像もつかない車がたくさんあった時代でした。もはやオースチンヒーレーと見間違う勢いのノスタルジックなデザインばかりです。

自動車は概ね20年くらいで大きな変革を遂げる傾向があります。89年のR32GT-Rの登場で280馬力規制などの様な圧倒的なスペックの世代交代が生まれ、2008年の境目ではR35GT-Rによるさらなるハイパワー時代の幕開けとともに環境性能にも配慮した車づくりが求められました。

1969年のフェアレディZの登場はこれらと同じ様にデザイン面で新しい時代の到来を告げるとともに、100馬力を優に超えるエンジンの搭載など、それまでとは決別した「新しい時代」の車だったと言えるのではないでしょうか。

次ページ
S20エンジンが持つ魅力とは