トヨタ「アルファード」の安全・運転支援システムを紹介!最新技術トヨタチームメイトとは?【プロ徹底解説】

トヨタ アルファード

※この記事には広告が含まれます

トヨタの最上位ミニバンである「アルファード」。兄弟車である「ヴェルファイア」と共に、2023年6月に第4世代へ進化しました。新しい「アルファード」には、どのような安全と運転支援の機能が備わっているのか? また、その内容はどのようなものなのかを解説します。

  文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
最新の運転支援システム「トヨタチームメイト」を搭載
トヨタチームメイトの特筆すべき機能
トヨタセーフティセンスの主な機能
通信機能を使ったITSコネクト

最新の運転支援システム「トヨタチームメイト」を搭載

新型「アルファード」のは、トヨタの予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」が搭載されています。また、その内容は、トヨタのミニバンとして、最も充実したものとなっています。

「トヨタセーフティセンス」はフロントウインドウの上部に設置した単眼カメラと、グリルに設置したミリ波レーダーという2つのセンサーを基本としているシステムです。国が主導する安全運転を支援する車、「サポカー(安全運転サポート車)」制度で、最もランクの高い「サポカーS<ワイド>」に認定されています。
新型「アルファード」のは、トヨタの予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」が搭載されています。また、その内容は、トヨタのミニバンとして、最も充実したものとなっています。

「トヨタセーフティセンス」はフロントウインドウの上部に設置した単眼カメラと、グリルに設置したミリ波レーダーという2つのセンサーを基本としているシステムです。国が主導する安全運転を支援する車、「サポカー(安全運転サポート車)」制度で、最もランクの高い「サポカーS<ワイド>」に認定されています。

また、新型「アルファード」は、トヨタの最先端技術である「トヨタチームメイト」が搭載されています。スマートフォンを使って、車から離れた場所からの駐車・出庫の操作や、渋滞時にハンドルから手を離す、いわゆる「ハンズオフ」などの機能が備わっています。

トヨタチームメイトの特筆すべき機能

「トヨタチームメイト」の機能のひとつが「アドバンストパーク(リモート機能付き)」です。これは、専用スマートフォンアプリ「Remote Park」を使って、車外から遠隔操作で駐車・出庫を可能とします。最上位グレード「Executive Lounge」に標準装備され、他に「Z」のハイブリッド車にオプション設定されています。
もうひとつの特筆すべき機能が「アドバンスト ドライブ(渋滞時支援)」です。これは、高速道路・自動車専用道での渋滞時に、レーダークルーズコントロールおよびレーントレーシングアシスト作動中、ドライバーが前方を向いているなどの条件を満たしたとき、ドライバーがハンドルから手を離したまま走行できる機能です。ただし、車の安全確認はドライバーの責任であり、何かあればすぐに運転を代わる必要があります。

トヨタセーフティセンスの主な機能

予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」は、“パッケージ”とあるように、複数の機能を備えています。新型「アルファード」に用意された機能は以下のようなものとなります。

プリクラッシュセーフティ

自車が、他の車両や歩行者などと、ぶつからないための機能です。直進時に、他の車両や歩行者、自転車、自動二輪車(昼のみ)に対して、衝突しそうになると、警報の後に、自動でブレーキを作動させます。

同様に、交差点で自車が右折しようというときに、対向から直進してくる他車、曲がった先にいる横断歩道の歩行者と自転車にも、衝突しそうなときは警告の後に自動でブレーキを作動させます。

さらに、交差点に進入するときに、左右からくる他車や自動二輪車と衝突しそうなときも、警告と同時に自動でブレーキを作動させます。

緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付き)

歩行者や自転車、自動二輪、他車両などに衝突しそうになったとき、自車線内に回避するための十分なスペースがあれば、システムが自動でブレーキを作動しながら操舵を行って、衝突回避を支援します。

プロアクティブドライビングアシスト

「歩行者が横断するかも」「飛び出してくるかも」というリスクを先読みして、ステアリングとブレーキ操作をシステムがアシストします。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

高速道路などを走行中に車線の中央を走行するために必要なステアリング操作をアシストします。車線が見えにくいときも、先行車に追従して、車線から逸脱しないようにステアリング操作をアシストします。

レーンチェンジアシスト

総則道路での走行などで、レーントレーシングアシスト作動中、ドライバーがウインカー操作を行ったとき、レーンチェンジの操舵と車線変更先に他の車両がいないかどうかの確認を支援します。

ロードサインアシスト

道路脇の「最高速度」「はみ出し通行禁止」「一時停止」「転回禁止」の道路標識を認識して、ディスプレイに表示します。「最高速度」「車両進入禁止」「赤信号」に従っていないときは表示やブザーなどで告知されます。

フロントクロストラックアラート

交差点に進入する際に、左右から接近する他車を検知して警告を発します。

ドライバー異常時対応システム

レーントレーシングアシスト作動中に、ドライバーの無操作状態が続いていたり、アドバンスト ドライブ作動中にドライバー異常が検知されると、警告と車外に向けたハザード/ホーン/ストップランプが作動し、自車線内に減速停止。停止後は、ドアロックが解錠され、ヘルプネットに自動接続されて救援要請されます。

通信機能を使ったITSコネクト

自車と他車、自車と路上施設などと通信を行って、安全走行をサポートするメーカーオプションの機能がITSコネクトです。

救急車などの緊急車両の存在を検知して、その位置を表示する「緊急車両存在通知」機能が備わっています。また、車同士で直接通信を行うことで、交差点での出会いがしらの追突を予防する「出会い頭注意喚起」機能、右折時の衝突を予防する「右折時注意喚起」機能が備わります。さらに車両同士で通信することで、レーダークルーズコントロールでの走行をより、スムーズにします。

道路上の施設と自車の間で通信する路車間通信システムにより、右折時の死角の他車両や歩行者の存在を知ることできる「右折時注意喚起」機能、赤信号の有無を知らせる「赤信号注意喚起」機能、信号の変わる時間を知らせる「信号待ち発進準備案内」機能などが用意されています。
トヨタのミニバンの最上位となる「アルファード」。最上位モデルらしく、安全・運転支援機能は、最新の機能が数多く採用されています。
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細