8年に渡って販売されたロングセラーモデルのE51エルグランドはどんな車?前期後期モデルの違いとは?

日産  エルグランド E51

エルグランドの中でも最長の8年に渡って販売されたE51エルグランド。ミニバン全盛時代でも人気も高く、日産エルグランド不動の人気定番モデルとも表現できるでしょうか。
今回は、中古車市場や燃費に触れつつ、前期と後期の紹介もしながらE51の魅力を掘り下げてみたいと思います。

Chapter
発売期間の長かったE51エルグランドとはどんな車?
E51エルグランドの燃費は?
E51エルグランドの前期中期後期の違いは?
E51エルグランド前期後期の細かいデザイン性の違い
E51 エルグランドの走行性能は前期と後期でどう違うか
E51エルグランドのグレードによるスペックの差とは?
前期・後期モデルの快適性・機能性について
前期・後期モデルの中古価格について

発売期間の長かったE51エルグランドとはどんな車?

E51エルグランドは2002年から2010年まで販売され、その走行性能の高さから人気が高い車種として知られています。先代のE50からホイールの6穴から5穴化、オートマの5AT化。リアブレーキのディスクへの変更、リアサスペンションのマルチリンク化など乗り心地の性能が大幅に向上したモデルです。

エンジンは縦置きV型6気筒で3.5Lと途中からは2.5Lが設定されました。この時期のミニバンにしては珍しくFRレイアウトを採用しておりトラクション性能は高いのですが、フロア高が高く乗り降りがし難いというデメリットもありました。


ライダーシリーズやハイウェイスターなど幅広いグレード展開がなされましたが、8年という長い生産期間の裏にはFFベースのE52エルグランドの開発が難航していたためとも言われています。


E51エルグランドの燃費は?

そんなE51エルグランドの燃費について見ていきます。

3.5LのFRモデルはハイオク指定となりさらに2トン級の重量と相まってメーカー的には10.15モードでリッター8.2km。2.5LのFRモデルはレギュラー仕様で10.15モードでリッター8.9km。しかしながら3.5Lの実際の燃費は街乗りで4から5km高速で10km程。レギュラー仕様の2.5Lでも街乗りで5から6kmでした。

燃費競争の激しい今では決して良いとは言えない燃費ですが8人乗れて2トンのボディだと仕方ないのかもしれませんね。

<次のページに続く>
次ページ
E51エルグランドの前期中期後期の違いは?