なぜ輸入車のウインカーレバーは、左側についているのか?

BMW 3シリーズ E90

右ハンドルの輸入車に乗ったことがある方は、何度か失敗したことがあるでしょう。"ウインカーを出そうとして、ワイパーが動く"、なぜ日本に入ってくる輸入車のウインカーレバーは、ハンドルの左側についているのでしょうか。簡単に説明していきましょう。

Chapter
そもそもなぜ日本は左側通行&右ハンドル?
ウインカーレバーの位置はどちらが正しい?
ISO(国際標準化機構)とJIS(日本工業規格)の存在
なぜ輸入車のウインカーレバーは左なのか?
ちなみにバイクの世界もウインカー問題はありました…

そもそもなぜ日本は左側通行&右ハンドル?

左側通行の始まりは、江戸時代まで遡ります。武士が対面ですれ違う際、左腰に差した刀の鞘がぶつからないように、左側通行になったといわれています。このルールが、そのまま道交法として現在まで活かされているようです。さらに、左側通行で、対面通行の安全性という面で右ハンドルになったようです。

ちなみに、イギリスも日本と同様、左側通行&右ハンドルですよね。本来、ヨーロッパ諸国はどの国も初めは日本と同じ左側通行だったのですが、ナポレオン支配の影響により、右側通行にされました。そのため、ナポレオンの支配を受けなかった国々、イギリスなどに左側通行が残ったといわれています。

ウインカーレバーの位置はどちらが正しい?

ウインカーレバーの位置は、左ハンドルなら左側、右ハンドルなら右側が正しいです。

理由は簡単。左ハンドルなら右手側で、右ハンドルなら左手側でシフトレバーを操作する必要があり、ウインカーレバーと同じ手で操作するのは煩雑になるため、シフトレバーを操作する手とは逆側にウインカーレバーが置かれます。

筆者が20年くらい前、MTのクラシックミニに乗りはじめたときは、曲がろうと思ってウィンカーレバーを操作したつもりがワイパーを動かしたり、あわててシフト操作をしてニュートラルに入るとかよくある話でした。

実体験も踏まえると、ATならまだしも、ウインカーレバーとシフトレバーの操作は別々の手で操作したほうがやりやすいと思いますね。

<次のページに続く>
次ページ
ISO(国際標準化機構)とJIS(日本工業規格)の存在