ホンダ フィットの維持費は78万1330円!新車購入してから、最初の車検までの費用を計算してみた【プロ徹底解説】

フィットRS

ホンダのコンパクトカーであるフィットのオーナーになると、維持費はどれくらいを用意しなければならないのでしょうか。新車を購入してから、最初の車検が訪れるまでの間の3年間にかかる費用を計算してみました。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
フィットを維持するのに必要な費用の内容は
エンジンの排気量が大きいほど高額になる「自動車税」
加入者と車、補償の内容で変化する任意保険料金
燃費性能が優れるほど安くなるのが燃料費
パックを使うと安くなるメンテナンス費用
総額はいくら

フィットを維持するのに必要な費用の内容は

車を維持する上で必要となる費用は、ざっと挙げれば、税金、保険、そして燃料費とメンテナンス費用です。

必須の費用のうちの税金は複数のモノが存在します。それは「環境性能割」「自動車重量税」「自動車税種別割」(一般的に「自動車税」とよばれています)があります。これに、車を購入するときの支払いに「消費税」もかかります。

これらの税金のうち、新車購入時に課せられるのが「環境性能割」「自動車重量税」「消費税」です。「自動車重量税」は、この後、車検ごとにも課せられます。

これらの新車購入時の税金を支払った後は、毎年一度、「自動車税」を支払うことになります。つまり、新車購入の後から最初の車検までの間は、毎年の「自動車税」だけが税金となります。

続いて保険です。保険は2つあります。ひとつは法律で加入が定められている「自賠責保険」です。必ず加入することが求められるため「強制保険」と呼ぶこともあります。そして、もうひとつの保険が「任意保険」です。これは、「強制保険」に対して、文字通りに「任意」で加入する保険です。加入しなくても法的に問題はありません。しかし、万一の交通事故で加害者になると、求められる補償金を「自賠責保険」でカバーすることができません。下手をすると、一生涯をかける借金を背負うことになるため、「任意保険」は必須となります。

燃料費は、車を走らせるほどにかさむもの。そして、車の燃費性能次第で、同じ走行距離でも必要な燃料の量が異なります。

メンテナンスは、法律で必須となる法定点検と、エンジンオイルなどの消耗品の交換にかかる費用です。

エンジンの排気量が大きいほど高額になる「自動車税」

最初の車検が車での3年間で、年に一度、合計3回、支払うのが「自動車税」です。毎年、4月1日に車の所有者に対して、請求書が送付されます。国税ではなく、地方税なので、在住している自治体から請求書が送られてきます。その税額は、エンジンの排気量に応じています。

フィットの場合、ハイブリッドもエンジン車も排気量は1496㏄となります。そのため区分は「1リットル超 1.5リットル以下」となり、税額は3万500円となります。3年分となるので、合計で9万1500円となります。

加入者と車、補償の内容で変化する任意保険料金

「自賠責保険」は新車購入時と車検時に加入するため、購入後から車検までの間の3年間は、「任意保険」を支払うことになります。「任意保険」は1年ごとに掛けるのがほとんどです。そして「任意保険」は、民間の保険会社が用意するものを、自身で選んで加入することになります。また、どんな範囲で、どれほどの額を補償するのかは、自分で選ぶことができます。そして、同じ内容の補償でも、保険会社によって掛け金は異なります。そのため厳密な任意保険の費用は、人それぞれとなるので、ここでの数字はあくまでも目安と理解してください。

今回は、フィットのハイブリッドを、25歳の人が、初めて購入する車として、車両保険も含めて、ネット保険で見積もりを取ってみました。すると、保険額は6万3570円、車両保険が9万7080円、合計で16万0650円となりました。「任意保険」は、事故なく過ごせば、2年目、3年目と保険料は割引となりますが、今回は目安ということで、割引なしで計算すると、3年分で48万1950円となります。

燃費性能が優れるほど安くなるのが燃料費

燃料費は、走行距離と燃費性能次第となります。フィットのハイブリッドの場合、燃費性能は「BASIC」のFFで30.2㎞/l(WLTCモード)となります。目安として、年間に1万㎞を走行するとした場合、消費する燃料は約331リッターとなります。ガソリン価格を1リッター160円で計算すると、必要となるガソリン代は5万2960円。それが3年間となると15万8880円。これが3年間の燃料費となります。

パックを使うと安くなるメンテナンス費用

車にかかるメンテナンス費用は、定期的な点検と、走行距離に応じたオイルなどの消耗品の交換にかかる費用です。その目安となるのが、近年、人気を高めているディーラーの用意するメンテナンスパックです。メンテナンスにかかる費用を、先払いしてもらうかわりに、割引してくれるというサービスです。

ホンダの場合、「まかせてチャオ」の名称で、定期点検のパックが各ディーラーに用意されています。ただし、その額は、販売店ごとに異なりますので、ここでの数字は、一例となります。その一例の費用は、車検なしの点検のみで、フィットの場合は4万9000円となります。先払いとなりますが、3年間は4万9000円のみで、メンテナンスはカバーできます。

総額はいくら

以上のように求めた維持費をプラスすると以下のようになります。

「フィット BASIC e:HEV FF」の場合
自動車税:9万1500円
任意保険料:48万1950円
燃料費(ガソリン代金):15万8880円
メンテナンス費用:4万9000円

合計:78万1330円

フィットの3年間の維持費は合計で78万1330円が目安となります。このうち約29万円が車両保険となります。車両保険を省くと、トータルは50万円弱。それなりにリーズナブルな数字ではないでしょうか。

【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細