ライバル比較!ホンダ シビックタイプR VS ゴルフGTI&メガーヌR.S.【プロ徹底解説】

シビックタイプR/ゴルフGTI/メガーヌRS

※この記事には広告が含まれます

2022年9月に発売開始となった新型のシビックタイプR。そのライバルは、どんな車のなのでしょうか? そして、それらのライバルとシビックタイプRを比較してみました。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
ニュルブルクリンクでFF最速を競う3台
ベースとなるモデルの特徴
3モデルのスペック比較

ニュルブルクリンクでFF最速を競う3台

ホンダのシビックタイプRのライバルとなるのは、フォルクスワーゲンのゴルフGTI、そしてルノーのメガーヌR.S.(ルノー・スポール)が筆頭と言えるでしょう。シビックタイプRとあわせて、この3台は、“世界最速のFF(前輪駆動)モデル”の座をかけてドイツのニュルブルクリンクサーキットでタイムアタック競争を繰り広げているのです。
この3台は、シビック、ゴルフ、メガーヌという、どれも5ドアハッチバックのベストセラーカーをベースにしているのが特徴です。その量産車をメーカーが磨き上げてハイパフォーマンスモデルとしたというのが、タイプR、GTI、R.S.という存在となります。

ベースとなるモデルの特徴

シビックタイプRのベースとなるのはシビックです。現行モデルは、2021年9月に発売になったばかり。最高出力134kW(182馬力)の1.5リッターの直噴VTECターボを搭載しており、6速MTとCVTが組み合わされます。価格は319万円~。スポーティで若々しいイメージが特徴です。
ゴルフGTIのベースとなるのは、いわゆるゴルフ8と呼ばれるモデルで、日本では2021年6月に発売されています。特徴はデジタル化されたインテリアとマイルドハイブリッドを採用したことです。エンジンは1リッターと1.5リッターのガソリン・ターボ・エンジンと2リッターのディーゼル。トランスミッションはすべてDCT(DSG)。別に4WDのハイパフォーマンス・バージョンのゴルフRが存在することもあり、ベースのゴルフは大人しく真面目なハッチバックという雰囲気です。価格は315万9000円~。
メガーヌR.S.のベースとなるメガーヌは、ルノー/日産/三菱のアライアンスから生まれたCMF-C/Dモジュールプラットフォームが使われています。現在のモデルは第4世代で、日本では2017年に発売を開始されました。そして2021年8月にマイナーチェンジを実施しています。搭載するのは最高出力117kW(159馬力)の1.3リッターのターボ・エンジン。バリエーションとしてステーションワゴンも用意します。欧州車らしい上品さが特徴です。価格は328万円~。

3モデルのスペック比較

それでは、3台のサイズとパワートレインを比較してみましょう。

シビックタイプRの寸法は、全長4595×全幅1890×全高1405mm。タイヤは265/30R19を装着します。パワートレインは、2リッターのVTECターボで最高出力243kW(330馬力)・最大トルク420Nmに6速MTを組み合わせます。価格は499万7300円となります。
ゴルフGTIは、全長4295×全幅1790×全高1465mm。タイヤは225/40R18(オプションで235/35R19)。パワートレインは2リッターのターボで、最高出力180kW(245馬力)・最大トルク370Nm。トランスミッションは7速のDCT(DSG)。価格は486万2000円~です。
メガーヌR.S.は、全長4410×全幅1875×全高1465mm。タイヤは245/35R19。パワートレインは1.8リッターのターボで最高出力221kW(300馬力)を誇ります。また、メガーヌR.S.には、スタンダード、トロフィーEDC、トロフィーMTという3つのグレードがあり、スタンダードとトロフィーEDCは6速ATで、トロフィーMTが6速MTを搭載します。最大トルクは6速AT仕様で420Nm、6速MTでは400Nmとなります。価格は、スタンダードのメガーヌR.S.が519万円、トロフィーEDCが559万円、トロフィーMTが549万円となります。ただし、2022年12月現在、トロフィーMTは注文一時停止中となります。
一方、メガーヌR.S.は、シビックタイプRに迫るエンジン・スペックを備えており、また、6速MT仕様も用意されています。ただし、AT仕様も用意されているということで、ゴルフよりはサーキットに近い仕様と言えるでしょう。
ドイツのニュルブルクリンクサーキットにて、世界最速のFFの座を巡ってタイムを争うシビックタイプRとゴルフGTI、そしてメガーヌR.S.の3台。しかし、日本で発売されている仕様を見比べると、ゴルフGTIとメガーヌR.S.は、シビックタイプRほどサーキット仕様に絞っているわけではないようです。スパルタンさでいえば、シビックタイプR、メガーヌR.S.、ゴルフGTIの順番になるのではないでしょうか。

商品詳細