トヨタ GR86のエンジンスペックや走行性能|ライトウェイトスポーツカーとしての実力はどれほどか【プロ徹底解説】

GR86

トヨタのGR86は、全車で2.4リッターの水平対向4気筒エンジンを搭載しています。

先代が2.0リッターエンジンを搭載していたことから、大きくパワーアップしていることが予想されますが、どのように変化したのでしょうか。

トヨタ GR86のエンジンスペックや走行性能を解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

Chapter
先代よりも力強くなったエンジン
低重心化と高剛性化を実現したボディ
走りを安定させるエアロダイナミクスにも工夫が

先代よりも力強くなったエンジン

GR86は、「RC」「SZ」「RZ」の3グレード構成となっていますが、搭載するのは全車で2.4リッターの水平対向4気筒エンジンです。

このエンジンは、スバルが開発したパワーユニットであり、型式はFA24型となっています。

スバルが北米で販売している大型SUV アセントには、このFA24型エンジンをターボ過給にしたエンジンを搭載しています。

しかし、GR86に搭載されているエンジンと同じものではありません。

GR86に搭載されているFA24型エンジンは、単純にターボを外して自然吸気にチューニングしたというわけではなく、新規設計されたエンジンです。

そのため、アセントに採用されているFA24型エンジンとパーツを共有している部分はほとんどないのです。

むしろ、先代モデルに搭載されていたFA20型エンジンをベースとして、排気量を拡大したエンジンを新しく生み出したと表現した方が正しいといえるでしょう。

GR86に搭載されているFA24型エンジンは、最高出力235PS/最大トルク250Nmを発生します。

先代モデルのFA20型エンジン(AT仕様)が最高出力200PS/最大トルク205Nmであったことから、排気量だけでなく出力・トルクともに大幅なパワーアップが図られていることが分かります。

低重心化と高剛性化を実現したボディ

エンジンのスペックが向上している一方、GR86のボディサイズは先代と比較してほとんど変化が見られません。全長が25mm長くなり、全幅は同じ数値となっています。

ただし、全高は先代モデルと比較して10mm低くされました。

それだけでなく、アルミルーフを採用することで重心の位置を456mmと4mm下げてさらなる低重心化に成功。運転席と助手席をキャビンの中央に3.5mmずつ近づけることによって、低重心化に加えてマスの集中化が行われています。

また、プラットフォームやサスペンションといった基本的な品は、ほとんどが先代からの引き継いだものが採用されています。

しかし、各部の補強がされたことに加えて、インナーフレーム構造や構造用接着剤といった技術を新規採用しました。

それにより、車体重量の増加を20~40kgに抑えつつ、車体の剛性はフロント横曲げ剛性で先代と比較して60%アップ、ねじり剛性で50%アップと大幅に向上しています。

走りを安定させるエアロダイナミクスにも工夫が

GR86のエクステリアデザインを担当したのはトヨタです。

基本的なスタイリングは先代からのキープコンセプトですが、デザイン面で筋肉質になっただけでなく機能性も向上しています。

それが、エアロダイナミクスを向上させる装備でしょう。まず、GR86の左右フェンダー後部には先代になかったエアアウトレットが設置されました。

エアアウトレットとは、車体に設けられた空気の排出口のことです。

基本的に、車は車体に熱がこもるとパフォーマンスが下がるだけでなく、最悪の場合には故障の原因となる可能性があります。

エアアウトレットから空気を排出することにより、そのようなケースを避けることができるのです。

さらに、タイヤハウス内から排出される空気の方向が固定されるため、操作性や車体の安定性も向上するとされています。

また、フロントバンパーダクトの外側、エアインテークの外周には黒い樹脂製部品が装着されています。

この部品は単なるガーニッシュではなく、表面には深さ45マイクロメートルという目に見えないほど細かいサメ肌のパターンが刻まれています。

これは、空気の剥離を抑える空力テクスチャーという処理で、スバルのスポーツモデルであるWRX S4にも採用されているスバル独自の空力技術です。

このように、GR86のエクステリアデザインは、見た目の変化だけでなくパフォーマンスに関わる部分も細部まで工夫がなされているのです。

GR86は、先代と比較して出力・トルクともにアップしたエンジンを搭載することで、より力強くなりました。

そして、さらなる低重心化とマスの集中化によって、ドライバーの思いのままに動かせるマシンになったといえるでしょう。

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ