スズキ アルトのグレード比較 グレードによって何が違うの?【プロ徹底解説】

アルト

スズキの軽自動車であるアルト。最もベーシックなモデルであり、これまでスズキを支えてきた重要なモデルです。そのアルトが2021年12月のフルモデルチェンジで新型になっています。そのグレード編成と、グレードごとの違いを解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
4グレードで上位2グレードがマイルドハイブリッド
エントリーの「A」グレード
エネチャージの上位となる「L」
マイルドハイブリッドの「HYBRID S」
最上位の「HYBRID X」

4グレードで上位2グレードがマイルドハイブリッド

新型アルトは、4グレード編成で、すべてのグレードに2WDと4WDが用意されています。

具体的なグレード名はエントリーから順に「A」「L」「HYBRID S」「HYBRID X」となります。名称にもあるように、「HYBRID S」と「HYBRID X」はマイルドハイブリッドで、「A」と「L」はエネチャージとなります。マイルドハイブリッドは減速エネルギーを電力として回収し、その電力でモーターを使い、エンジン出力をアシストします。一方、エネチャージは減速エネルギーで発電するだけで、アシストは行いません。そのため燃費性能と動力性能の両方で、マイルドハイブリッドが勝っています。

ちなみに安全装備となる「スズキ セーフティ サポート」は全グレードで標準装備となります。

エントリーの「A」グレード

エントリーとなるのが「A」グレードです。パワートレインはエネチャージ。ヘッドライトがハロゲンで、サイドミラーはブラック塗装。格納は手動になります。UVカットガラスはフロントのみ。ホイールはセンターキャップのみ。エアコン吹き出し口やドアノブなどに加飾がなく、ブラック内装となります。エアコンもマニュアルです。4WDモデルは運転席と助手席の両方にシートヒーターが備わります。

価格は2WDが94万3,800円、4WDが107万5,800円。アルトの中では、最安値の設定です。プラス5万5,000円で、バックアイカメラ付きディスプレイオーディオが装着できます。

エネチャージの上位となる「L」

エネチャージの上位グレードとなるのが「L」グレードです。ミラーがブラック塗装ながら電動格納式になります。ホイールにはフルホイールキャップが装着されます。シートヒーターは運転席側が標準。4WDモデルは助手席もシートヒーターが装備されています。それ以外は「A」グレードと同等です。

価格は2WDで99万8,800円、4WDで112万9,700円。これに+5万5,000円でバックアイ付きディスプレイオーディオが装着できます。また、アップグレードパッケージ装着車も用意されており、そちらの価格は2WDで113万800円、4WDで126万1,700円となります。

アップグレードパッケージ装着車は、ヘッドライトがLEDとなり、エアコンがフルオート、UVカットガラスがフロントだけでなく全面になり、リヤドアとバックドアのガラスがスモーク仕様になって、助手席もシートヒーターが装備されます。

マイルドハイブリッドの「HYBRID S」

マイルドハイブリッドを搭載するのが「HYBRID S」です。ヘッドライトはハロゲンでタイヤはフルホイールキャップ仕様、マニュアルエアコン、フロントのみのUVカットガラスで、シートヒーターは運転席のみ。助手席ヒーターは4WDのみ。ここまでは「L」と変わりません。

ただし、それらにプラスして、グリルのメッキガーニッシュ装着、電動格納式でボディ同色のサイドミラー、エアコン吹き出し口などインテリアのサテンメッキ調/シルバー加飾などが備えられています。

価格は2WDで109万7,800円、4WDで122万8,700円になります。これにLEDヘッドランプ装着車が用意されており、その価格は2WDで115万5,000円、4WDで128万5,900円。この仕様では、ヘッドランプがLEDになるだけでなく、UVカットガラスが全面に装着され、リヤドアとバックドアにスモークガラスが装着されます。

最上位の「HYBRID X」

最上位グレードとなるのが「HYBRID X」です。「HYBRID S」の装備に加えて、ヘッドライトはLEDとなり、ボディ同色のサイドミラーは電動格納式であるだけでなくリモート格納機能も追加されます。ホイールは14インチのアルミホイールになって、キーレス&プッシュスタートシステムとフルオートエアコンが追加されます。

価格は2WDで125万9,500円、4WDで137万9,400円。

これに+11万2,200円で全方位モニター付きディスプレイオーディオが装備でき、+7万9,200円で全方位モニター付きカメラパッケージ装着車になります。そして、それぞれにインパネの2個のUSB電源ソケット、ヘッドアップディスプレイが装備されます。

エネチャージの「A」と「L」グレードは、2WDであれば100万円を切るお手頃価格が魅力となります。マイルドハイブリッドの「HYBRID S」と「HYBRID X」は、逆に装備の充実度が魅力でしょう。どちらにせよ、安全性を高める「スズキ セーフティ サポート」が全グレードで標準装備であることは嬉しいポイントです。

商品詳細