トヨタ 2代目アクアのグレード比較!グレードによって何が違うのか【プロ徹底解説】

トヨタ 2代目アクア

トヨタの2代目アクアは、「B」・「X」・「G」・「Z」という4グレード構成で販売されています。

エントリーグレードの「B」、中間を埋める「X」と「G」、トップグレードの「X」というラインナップですが、それぞれ何が違うのかグレードごとの特徴や装備差を解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
エントリーグレードの「B」
装備を充実させた「X」
オプション装備も豊富に選べる「G」
エクステリアとインテリアも豪華になったトップグレード「Z」

エントリーグレードの「B」

トヨタ アクアのラインナップの中で、「B」はエントリーグレードに位置づけられているグレードとなります。本体車両価格は2WDが198万円、4WDが217万8000円です。

本体車両価格を200万円以内におさめた廉価グレードであるため、標準装備やオプションで選べる装備、エクステリア/インテリアの加飾といった部分は、ほかのグレードと比較するとおさえられています。

大きな違いとして、搭載する駆動用二次電池に違いがあります。2代目アクアには、バイポーラ型ニッケル水素電池が初めて採用されました。

新型電池の採用により、EV走行が可能な速度域を拡大していることに加え、滑らかな加速とアクセルペダルの踏み加減によって加速と減速をワンペダルでコントロールできる快感ペダルを搭載しています。

しかし、「B」にはこのバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されておらず、従来型のリチウムイオン電池を搭載しているため、現行型アクアの特徴的な機能ともいえる快感ペダルを用いた運転をすることはできなくなっています。

一方で、2代目アクアにはエントリーグレードの「B」であってもトヨタの先進安全装備であるトヨタ セーフティ センスが装備されています。

全グレードでの標準装備ということで、2代目アクアは安全装備が充実しているモデルといえるでしょう。

装備を充実させた「X」

「X」は、エントリーグレードである「B」の装備を、より充実させたグレードとなっており、標準装備だけでなくオプションとして追加できる装備も充実しています。

本体車両価格は2WDが209万円、4WDが228万8000円です。

「B」は追加できるオプションも絞られているグレードとなっていましたが、「X」ではスチールホイールをアルミホイールに、ヘッドランプをBi-Beam LEDヘッドランプに変更が可能です。

さらに、パッケージオプションであるコンフォートパッケージを追加することによって、フロントシートのシートヒーターをはじめとする、運転席イージーリターン機能や車内の空気を清浄に保つナノイーX、上級ファブリックのシート表皮といった多くの機能を搭載することが可能になっています。

また、「X」以上のグレードでは、バイポーラ型ニッケル水素電池を搭載しています。

そのため、「B」には設定がなかった快感ペダルを使った運転をすることができ、2代目アクアならではの運転や走りを体感できるのが魅力といえるでしょう。

オプション装備も豊富に選べる「G」

2代目アクアの「G」は、「B」および「X」と比較するとさらに装備を拡充したグレードとなっています。車両本体価格は2WDが223万円、4WDで242万8000円です。

装備が充実した例としてディスプレイオーディオを比較すると、「B」および「X」ではモニターのサイズが7インチを標準としていました。

しかし、「G」では7インチサイズを標準としながらも10.5インチサイズへの変更が可能。選択できるメーカーパッケージオプションには、Bコンフォートパッケージに加えてA合成皮革パッケージも追加されています。

装備面だけでなく、「G」ではエクステリアとインテリアにも、「X」や「B」にはない違いがあります。

まず、エクステリアではグリルのモールにペールゴールド塗装が施され、ランク以上の存在感を与えています。

さらに、キャビン内の空気を清浄な状態に保つナノイーXや赤外線から乗員を守るスーパーUVカット・IRカット機能付きフロントドアグリーンガラス、ヘッドレストセパレート型のフロントシートを標準装備することで、ユーティリティを大きく向上させたグレードとなっています。

エクステリアとインテリアも豪華になったトップグレード「Z」

「Z」は、2代目アクアの最上級グレードにあたるグレードです。本体車両価格は2WDで240万円、4WDで259万8000円となっています。

「Z」は最上級グレードに相応しい装備が与えられており、エクステリアではピアノブラック塗装がフロントグリルに施され、15インチのアルミホイールを標準で装備。

機能性や安全性を向上させるだけにとどまらず、見た目にも先進性を加えるBi-Beam LEDヘッドランプも標準装備することで、洗練されたエクステリアを実現しています。

また、「Z」ではスマートフォンを充電することができるType-C規格のUSB端子が追加されているうえ、10.5インチのディスプレイオーディオを標準で装備しています。

さらに、「Z」でのみ運転に必要な情報を運転席前のウィンドシールドガラスに投影するカラーヘッドアップディスプレイを追加することができるなど、先進装備を数多く採用しているのが魅力のグレードです。

トヨタの2代目アクアは、グレードによって装備や機能の違いがあります。「B」は、比較的ビジネスユースのグレード、「Z」はユーティリティを向上させた機能的なファミリーユーズのモデルだといえるのではないでしょうか。

商品詳細