トヨタ 2代目アクアの安全装備や先進装備を紹介!トヨタのコンパクトカーとして初採用の機能も【プロ徹底解説】

アクア

トヨタの2代目アクアは、さまざまな安全装備や先進装備を搭載しています。

トヨタ車の多くで採用されるトヨタセーフティセンスをはじめ、ブラインドスポットモニターやパーキングサポートブレーキなどトヨタのコンパクトカーとしては初めての機能も採用されています。

今回は、トヨタ 2代目アクアの安全装備や先進装備がどのようなものなのか解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
トヨタセーフティセンス
トヨタチームメイト アドバンストパーク(パノラミックビューモニター付き)
ブラインドスポットモニター(停車時警報機能付き)
パーキングサポートブレーキ
プラスサポート(急アクセル時加速抑制)
パノラミックビューモニター
セカンダリーコリジョンブレーキ

トヨタセーフティセンス

トヨタセーフティセンスとは、トヨタの先進安全技術として多くのシステムを統合した衝突回避支援パッケージのことです。

アクアには、このトヨタセーフティセンスが全車で標準装備となっています。単眼カメラとミリ波レーダーという2つのセンサーによって、高い認識性能と信頼性を両立しています。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティとは、直進時における車両と歩行者、自転車を検知し、衝突被害軽減を図るもの。

プロセスとしては、まず単眼カメラとミリ波レーダーによって前方にいる車両や歩行者、自転車を検出します。

検出物と自車が衝突しそうになると、警告ブザーとディスプレイ表示で警報を発し、ブレーキの作動状況に合わせてブレーキのアシストもしくはブレーキを作動させるというものです。

レーントレーシングアシスト

レーントレーシングアシストは、車が車線の中央を走るために必要なステアリング操作の一部を支援する機能です。

車が車線をはみ出しそうになった場合、ブザーとディスプレイ表示での警告に加え、ステアリング操作を支援してくれます。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)は、単眼カメラとミリ波レーダーによって前を走る車を検知し、車速に応じた車間距離を保ち、追従走行を支援してくれるシステムです。

前を走る車が停止すれば自車も停止状態となり、ドライバーのアクセル操作によって再び発進した場合には再度追従走行を行います。

この機能によって、渋滞している高速道路などの走行でドライバーにかかる負担を低減してくれます。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビームは、ヘッドライトに関する安全機能の1つであり、夜間の見やすさをサポートしてくれるシステムです。

ヘッドライトのハイとローを自動で切り替えることで、夜間でも歩行者を見つけやすくし、切替え忘れを防ぐほか、自分でハイとローを切り替えなければならない煩わしさも軽減します。

ロードサインアシスト

ロードサインアシストとは、単眼カメラが認識した道路標識をインフォメーションディスプレイに表示する機能です。

ドライバーに見やすい位置に読み取った標識を表示することで、道路標識の見落としを低減する効果が期待できます。

先行車発進告知機能

トヨタセーフティセンスの付帯機能が先行車発進告知機能と呼ばれる機能です。

この機能は、信号待ちなどをしている場合などに信号が変わり、前方車両が発進したことにドライバーが気づいていないと判断した場合、ブザーとディスプレイ表示によって知らせてくれる機能となっています。

トヨタチームメイト アドバンストパーク(パノラミックビューモニター付き)

トヨタチームメイト アドバンストパーク(パノラミックビューモニター付き)は、トヨタのコンパクトカーとして初めてアクアに採用された安全機能です。

駐車のための運転操作をシステムが助けてくれる機能です。自車を停めたいスペースに横づけしたのち、アドバンストパークのスイッチを押して駐車する位置を確認。

開始スイッチを押すと、カメラとソナーによって周囲を確認しつつステアリングを初めとする運転操作をシステムが制御して駐車を完了させます。

ブラインドスポットモニター(停車時警報機能付き)

ブラインドスポットモニター(停車時警報機能付き)は、トヨタのコンパクトカーとしては初めてアクアに採用されました。

ブラインドスポットモニターは車線変更を行う際や車を降りる際に、後方となる死角から接近する車や歩行者を検知する機能です。

衝突する可能性が高いと判断された場合には、ドアミラーのインジケータ―を点滅させてブザーによって警告を行います。そのブラインドスポットモニター機能に、車が停まっているときにも作動する停車時警報機能が追加されています。停車したときに、ドアを開けると、後方から近付いてきた車両(自転車を含む)が衝突する可能性があるときも警告します。

パーキングサポートブレーキ

パーキングサポートブレーキは、自車周辺の静止物を検知して衝突被害を低減する機能です。ガラスや壁などの静止物を検知して、衝突しそうになるとブザー音で警告。駐車位置から出るときに、隣の車両との接触の可能性を検知するとブザーで警告。ぶつかりそうになると自動でブレーキを作動させます。

駐車場から出る際などに後方から接近する車も検知してくれます。

プラスサポート(急アクセル時加速抑制)

プラスサポート(急アクセル時加速抑制)は、アクセルの踏みすぎや踏み間違いを検知すると、加速を抑制してブザーとディスプレイ表示で警告を行う機能です。

これは障害物の有無に関わらず作動するものであり、専用のスマートキーを使ってドアを解錠した時に自動で始動してくれます。

パノラミックビューモニター

パノラミックビューモニターとは、車体周囲に設置されたカメラ映像を合成し、自車周辺を俯瞰的に見ることができる機能です。

ディスプレイオーディオに表示された映像によって、ドライバーは死角を減らすことができ、周辺の状況をリアルタイムで確認できます。

これには、ボディやシートを透かしてみたような透過表示がなされるシースルービュー&ムービングビュー機能や、車の前側を後ろから見たような映像を表示するサイドクリアランスビューも含まれています。

セカンダリーコリジョンブレーキ

セカンダリーコリジョンブレーキとは、エアバッグの作動を検知した場合、ブレーキとブレーキランプを制御することで二次衝突の被害を低減するための機能です。

トヨタの2代目アクアには、さまざまな安全装備が採用されています。

装備によってはオプションになっているものもありますが、標準装備されているものだけを見ても十分に充実しているといえるでしょう。

商品詳細