トヨタ GR86(AT)はスバルの運転支援システムであるアイサイトを搭載!安全装備や先進装備を解説【プロ徹底解説】

GR86

トヨタの2ドアクーペである86(旧名)は、2021年に2代目へとフルモデルチェンジを行い、同時に車名をGR86と変更しました。

そんな新型 GR86には、スバルのアイサイトを中心として高い安全性を誇る先進装備&機能が多数用意されています。

そこで、GR86に採用されている安全装備や先進装備の仕組みや機能について一つずつ解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

Chapter
スバルの運転支援システムであるアイサイトを搭載
アイサイトのコアテクノロジー
アイサイト以外の安全装備

スバルの運転支援システムであるアイサイトを搭載

GR86には、運転支援システムとしてスバルのアイサイトをATモデルに搭載しています。

アイサイトは、単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせるトヨタのセーフティセンスとは根本的な構造が異なり、ステレオカメラを用いた認識および制御によって、主な機能を実現させています。

スバルのインプレッサやレヴォーグに搭載されているアイサイトはアイサイトXと呼ばれる最新世代のシステムですが、GR86に採用されているのはアイサイトver3をベースとしたものです。

アイサイトver3自体は、2014年に発表されたシステムです。しかし、それだけ熟成が進んでおり、2010年に「ぶつからない車?」というキャッチコピーで登場したプリクラッシュブレーキをはじめとする、さまざまな機能が盛り込まれています。

アイサイトのコアテクノロジー

アイサイトの主な機能は、ステレオカメラによる認識と制御によって実現します。2つのカメラが前方を監視し、車や歩行者、道路の白線などを認識して、距離も測定します。そこで得られた情報と走行状況をもとに、ソフトウェアが必要な制御を判断。最後に、そのソフトウェアがアクセルやブレーキなどの車の各ユニットを制御します。

ステレオカメラの高い性能を元に、あらゆるシーンでの高度の運転支援を実現しているのです。そんなアイサイトver3には、主に5つの機能が搭載されています。特に、GR86のアイサイトは、スポーツカーならではの低い車高に合わせて専用に調整されており、高い安全性と信頼性を持ちます。

それぞれ、どのような機能なのか解説します。

プリクラッシュブレーキ

プリクラッシュブレーキは、主に前を走る車への追突の回避支援を行う機能です。

“衝突する危険性がある”とシステムが判断した場合、ドライバーに警報で注意を促します。

さらに危険性が高まっても回避操作がなかった場合にはブレーキを制御し自動で減速もしくは停止させます。

後退時ブレーキアシスト

後退時ブレーキアシストは、車が後進時に“壁や障害物に衝突する可能性がある”と判断されると、運転手に対して段階的に注意喚起します。

回避操作が取られなかった場合にはエンジン出力の抑制とブレーキ制御によって衝突回避を支援します。

AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御は、運転操作の誤りによって発生する飛び出しを防止する機能です。

駐車場から出るときなどに、シフトレバーやペダルの踏み間違いによって発生する飛び出しを抑制します。

発進時だけでなく、後進時にも対応しており、後進時に速度を制限することができる後退制限リミッターも装備しています。

全車速追従機能付きクルーズコントロール

全車速追従機能付きクルーズコントロールは、カメラによって前を走る車を認識し、追従する機能です。

一般道や高速道において、0~約120km/hまでの幅広い車速域で、定速または前の車を追いかける追従走行を行います。

アクセルやブレーキ操作といった運転操作を減らし、ドライバーへの負担を低減します。

警報&お知らせ機能

警報&お知らせ機能には、車線から外れそうになっていることを警告する車線逸脱警報と、ふらつき警報、先行車発進お知らせ機能の3つが含まれています。

それぞれ、警報音とディスプレイへの警告表示によってドライバーに注意を促します。

アイサイト以外の安全装備

GR86には、アイサイト以外にも安全装備が備わっています。後側方警戒支援システム/ハイビームアシスト/ステアリング連動ヘッドランプの3つですが、それぞれどういった機能なのか解説します。

後側方警戒支援システム

後側方警戒支援システムは、車線を変更する際や後退時に危険を知らせる機能です。

車体のリアに設置されているセンサーにより、後ろから近づいてくる車を検知。衝突する可能性があると判断すると、ドアミラー内側のインジケータ―と警報音でドライバーに注意を促してくれます。

ハイビームアシスト

ハイビームアシストは、アイサイトにも使われているステレオカメラによって前方を検知し、状況に応じてハイビームとロービームを切り替える機能です。前方に他の車がいない場合はハイビームになり、先行車や対向車などを検知したときや市街地走行とシステムが判断するとロービームに自動で切り替わります。より明るい夜間視界を確保します。

ステアリング連動ヘッドランプ

ステアリング連動ヘッドランプは、ヘッドランプが前方だけを照らし続けるのではなく、ステアリングの操作に連動して進行方向の先を照らしてくれる機能です。

夜間見えづらい場所にいる車両や歩行者を早期発見し、安全性を高めます。

GR86には、スバルの運転支援システムであるアイサイトを基本として、安全性を高めるための装備が多数採用されています。

ただし、アイサイトに関してはATにのみ標準装備されており、現状、MTではオプションでも搭載できない点に注意が必要でしょう。

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
商品詳細