トヨタ GR86のグレード比較!グレードごとの特徴や違いは?【プロ徹底解説】

GR86「RZ」

トヨタ GR86には、「RC」「SZ」「RZ」という3つのグレードが設定されています。

それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか。GR86のグレードによる違いを、装備の面から解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

Chapter
エントリーグレードの「RC」
ミドルグレードで装備が充実した「SZ」
トップグレードで質感が高い「RZ」

エントリーグレードの「RC」

GR86のラインナップの中で、エントリーグレードに位置づけられているのが「RC」です。

ラインナップの中では車両本体価格が279万9,000円と最も安く設定されていることから、ほかの車種でいわれる廉価グレードに相当すると思われがちなグレードです。

しかし、GR86に限ってはそうではなく、必要最低限の装備以外を削ることで販売価格を抑え、ユーザーが購入後にカスタマイズして乗ることを見越したグレードとなっています。

それが顕著に現れているのが、エクステリアの装備でしょう。

「RC」では、ホイールに16インチのスチールホイールを装備。さらに、キャビンに響くロードノイズを低減する効果が期待できるフロアサイレンサーやエンジンルームカバー、マフラーカッターといったパーツが装備されていません。

車を購入後、ホイールを変えたり排気系をカスタムするユーザーにとって、純正のホイールやマフラーは必要のないものです。

そういったパーツを初めから安価なものにしておくことで、価格を抑えているのが「RC」というグレードだといえるでしょう。


ただし、「RC」にはAT車の設定がなく、MT車のみの設定となっています。そのため、GR86の先進安全装備であるアイサイトは搭載されません。

ミドルグレードで装備が充実した「SZ」

エントリーグレードである「RC」よりもワンランクアップした、ミドルグレードにあたるのが「SZ」です。

インテリアは、「RC」と同様シート表皮はファブリックとなっており、メーターバイザーも表皮巻きとなります。

GR86は1つの光源でハイとローを切り替えることができる「Bi-Beam LEDヘッドランプ」を全車に標準装備していますが、「SZ」以上のグレードより加飾が追加されます。

さらに、ホイールは「RC」よりも1インチアップした、切削光輝+ブラック塗装が施された、専用デザインの17インチアルミホイールが装備されます。

また、「SZ」からはMT車だけでなくAT車を選ぶことも可能です。

「SZ」以上のグレードのAT車には、パドルシフトに加えて「SPORT」「SNOW」といった状況に応じて切り替えることができる多彩な走行モードが用意されています。

販売価格は、303万6,000円(6MT)/319万9,000円(6AT)です。

トップグレードで質感が高い「RZ」

GR86のラインナップで、トップグレードとなるのが「RZ」です。「RZ」では、他のグレードと比較してインテリアの質感や高級感がアップします。

シート表皮はウルトラスエードと本革のコンビシートとなり、ブラックだけでなくスポーティなブラック×レッドカラーも選択可能です。

さらに、滑らかな触感を持つスエード調の高級人工皮革であるブランノーブが、メーターバイザーやショルダーパッドにあしらわれています。

また、ドアのスカッフプレートはステンレスとなり、ペダル類もスポーツアルミペダルとなり、スパルタンな雰囲気を演出します。

装着するホイールは、「SZ」よりもさらにインチアップしたマットブラック塗装の18インチアルミホイール。

リアバンパーにはリヤフォグランプが追加されることで、レーシーな雰囲気が加速しています。


販売価格は、334万9000円(6MT)/351万2000円(6AT)となっています。

GR86のグレード構成は、安いから廉価グレード、高いから高級グレードという位置づけは行われていません。

むしろ、ユーザーの声を反映してユーザーがベストな選択をしやすくした結果だといえるでしょう。

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
商品詳細