約6割がクルマは必要と回答!?/買い物とクルマに関するアンケート調査

買い物

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長 谷口政人)が運営する、新⾞・⾃動⾞ニュースのWEBマガジン「CarMe(カーミー)」および、動画メディア「CARPRIME(カープライム)」は、2022年6⽉に「買い物とクルマに関するアンケート」を⾏いましたので、その調査結果をお知らせいたします。

Chapter
調査背景
調査概要
調査結果
調査まとめ
本記事の内容・画像等の引用が可能です

調査背景

最近では免許を取る若者も昔と比べて減っており、”若者のクルマ離れ”といった言葉をよく耳にしますよね。クルマを所有していない方も多くなっており、クルマを利用しない生活を送る方が増えています。

そうはいっても例えば買い物をするとき、皆さん一度は以下のように思ったことがありませんか?

・この重たい荷物、クルマで運びたい
・クルマで来ていればもっと買えたかも
・やっぱり買い物をするのにクルマはあったほうが便利なのかもしれない

遠出して買い物に出る時などは、より一層クルマがあったら便利では無いかと考えていまいます。

そこで、新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe」と動画メディア「CARPRIME」は300名を対象に、買い物とクルマについてアンケート調査を行いました。

調査概要

・調査概要:買い物とクルマに関するアンケート
・調査対象:日本全国在住の男女
・調査実施日:2022/06/29
・調査方法:インターネット調査(Webアンケートシステムを利⽤)
・調査メディア:CarMe/CARPRIME(自社調査)
・有効回答数:300名

調査結果

Q1. 買い物にクルマは必要だと思いますか? (単数回答)

→結果:59%が必要だと回答

調査の結果、300名のうち177名(59%)が買い物にはクルマが必要だと回答しました。必要だと思わない方は47名(15.7%)、どちらとも言えない方は76名(25.3%)でした。

クルマ離れが騒がれる中、意外にも約6割の方が、買い物にクルマは必要だと感じている結果となりました。遠方への買い出しや、量をたくさん買うときには、やはりクルマが重宝されるのではないでしょうか。

Q2. 買い物に適したクルマのボディタイプはどれだと思いますか?(複数回答)

→結果:半数以上が軽自動車

買い物に適したクルマのボディタイプでは、軽自動車が160名(53.3%)で約半数を占める結果となりました。次点でコンパクト・ハッチバック(72名/24%)、ミニバン・ワンボックス(69名/23%)、軽バン・軽ワゴン(98名/22.7%)と続いています。

軽自動車が他のボディタイプを大きく上回り、選ばれているようです。小回りのきくクルマの方が買い物には好まれと推測できます。

Q3. クルマを買い物に利用するなら、どのポイントが重要になりますか?(複数回答)

→結果:約6割の方が価格を重視

クルマを買い物に利用する場合、重要になるポイントは、価格が179名(59.7%)で最多となりました。2番目の燃費が141名(47%)、3番目の積載量が128名(42.7%)となっています。

価格、燃費といった費用面が一番重要なポイントとして考えられているようです。折角買い物に行くなら、移動にかかる出費は抑えたいものですよね。

また、どれだけ荷物を積めるかも押さえたいポイントとして挙げられています。荷物が積めなければクルマの意味もないですから、妥当な意見でしょう。

調査まとめ

本調査を通じて、買い物にクルマが必要だと思う方が多いこと、買い物に適したクルマのボディタイプとしては軽自動車が圧倒的人気を誇ることが明らかになりました。

またクルマを選ぶ時には、価格や燃費といった費用面を重視しつつ、積載量も重要なポイントとして考えられていました。

CarMe及びCARPRIMEは、今後もクルマやカーライフに関連するユーザーの傾向や意識など調査を行い情報をお届けしてまいります。

本記事の内容・画像等の引用が可能です

本記事の内容、画像は転載・掲載可能です。ただし、記事・グラフ・データの引用の際は本ページのURLを転載箇所に必ず設置してください(nofollow属性不可)。

取材なども対応可能です。その際は下記お問合せ先までお願いいたします。

商品詳細