日産 3代目ノートの荷室・収納のサイズや使い勝手は?【プロ徹底解説】

日産3代目ノート

先代よりややボディサイズが小さくなった日産の新型3代目ノート。荷室(ラゲッジスペース)の広さも狭くなってしまったのでしょうか。

今回は、日産3代目ノートの荷室サイズ、用意された収納スペース、収納用のオプション装備など、運搬面の使い勝手について解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

Chapter
新型ノートはややサイズが縮小し小回りが効くように
荷室サイズ・ラゲッジスペース
豊富に用意された室内収納スペース
オプションで収納スペース拡張も可能

新型ノートはややサイズが縮小し小回りが効くように

3代目ノートは、ボディサイズ、室内サイズともに先代の2代目ノートよりやや小さくなっています。

「ボディサイズ」は、2代目ノートが全長4100×全幅1695×全高1520mm、ホイールベース2600mmでしたが、3代目ノートでは全長4045×全幅1695×全高1505mm、ホイールベース2580mmです。3代目のほうが全長は55mm、ホイールベースは20mmほど短くなっています。

ボディサイズを小さくした理由については、軽快なコンパクトハッチとしてのプロポーションを実現したいという、デザイン的な理由もあったようです。

同様に「室内サイズ」も小さくなっており、2代目ノートが室内長2065×室内幅1390×室内高1255㎜でしたが、3代目ノートは室内長2030×室内幅1445×室内高1240㎜となります。3代目のほうが室内長は35mm、室内高は15mmほど短くなっています。

数センチ程度の差ではありますが、新型が小さくなっているのはたしかです。

一方でメリットも生まれ、車の取り回しで重要になる「最小回転半径」は、2代目は5.2m(e-POWERモデル)でしたが、3代目は4.9mとなりました。駐停車などでは小回りが効き、使い勝手は向上しています。

荷室サイズ・ラゲッジスペース

3代目ノートは、広い開口部と荷室幅を確保し、荷物を積みやすい設計がなされています。荷室容量(VDA方式)は、2WDグレードが340L、4WDグレードが260Lです。

ボディサイズはやや小さくなったものの、もともとノートはコンパクトカーの中では荷室を広くとっていたモデルであるため、まだまだライバル車種と比べるとアドバンテージがあります。前輪駆動車でこの荷室容量はクラストップレベルであり、日常的な利用であれば十分といえるサイズです。
 
後方のラゲッジスペースも広く、5人乗車状態で、550mm×400mm×250mmサイズのトランクを計4つ積める広さが確保されています。

また全グレードで、後席シートは6:4分割可倒式を採用しており、多彩なシートアレンジが可能です。後席シートすべてを前に倒しフルフラットにすれば、ゴルフバックや自転車など、長く大きな荷物を積むことも可能です。

目安として、前席に2名のみ乗車し、後席シートはすべて倒した場合、9.5インチのゴルフバックを4つまで積めるスペースが確保されています。

豊富に用意された室内収納スペース

3代目ノートでは、コンパクトカーの限られた室内を有効活用できるよう、さまざまな場所に収納スペースを用意しています。

前席の運転席と助手席あいだには大型のコンソールボックスを装備しており、手帳や長財布など、普段の外出でよく使う小物類を収納できます。ハイグレードの「X」では、コンソールボックスに合皮のアームレストが装着され、見た目の質感も高めています。

さらにコンソール下をのぞくと、ロアボックスとポケットも配置されており、ボックスティッシュを一箱置けるほどの余裕のある収納空間が確保されています。

カップホルダーは、運転席と助手席に収納可能なタイプをそれぞれ1つずつ、さらに、フロントドア、リアドアの下部にカップを置けるポケットが計4つ用意されています。

助手席には背面にシートバックポケットが装備され、雑誌やタブレットなどを挟めるようになっています。

オプションで収納スペース拡張も可能

「ラゲッジアンダーボックス」を付けると、ラゲッジスペースのデッキボードの下に収納スペースを作れます。さらにこのパーツは、ラゲッジスペースの床の段差を埋める役割もあり、後席シートを前に倒せば、前席よりうしろすべてをフルフラットなスペースにすることも可能です。

「トノカバー」は、ラゲッジスペースの上部に設置する棚のようなカバーであり、天井近くのスペースを有効活用できます。また下に積んだ荷物を隠す役割もあり、ラゲッジスペースに沢山荷物を積んでいても、スッキリと見せることができます。

「ラゲッジソフトトレイ」は、ラゲッジスペースの床の上に敷く防水仕様のワイドなトレイ。荷物で濡れたり汚れたりしても、簡単に取り外して洗うことができます。

以上のように、新型3代目ノートは、ボディサイズ自体は先代よりやや小さくなっていますが、荷室サイズや収納スペースは十分な空間が確保されており、コンパクトカーでありながら荷物の運搬でも活躍します。

実用性の高い一台といえるでしょう。

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ