クラストップレベル!日産 キックスの安全装備をチェック【プロ徹底解説】

日産 キックス

2020年に登場したコンパクトSUVのキックスは、高速道路での「ロングドライブ」による疲労と「渋滞」というストレスを軽減する運転支援技術「プロパイロット」を全車標準装備しています。

さらに、もしもの事故の際の自動通報はもちろん、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOS コール」も全車標準装備するなど、クラストップレベルの充実した安全装備を搭載しています。

それでは、キックスに採用されている安全装備を紹介しましょう。

文・写真/萩原 文博

Chapter
安全装備一覧

安全装備一覧

・プロパイロット
プロパイロットは、高速道路の単調な渋滞走行と長時間の巡航走行において、アクセル・ブレーキ・ハンドル操作をシステムがアシストしてドライバーの負担を軽減する機能で、インテリジェントクルーズコントロールとハンドル支援を組み合わせたシステムです。

インテリジェント クルーズコントロールは、先行車を検出しているときは、運転者がセットした車速(約30km/h以上)を上限に、車速に応じた車間距離を保つように車間制御を行い走行します。そして、先行車が停止したときは、先行車に続いて自車も停止します。一度停止すると、インテリジェント クルーズコントロールは停止した状態を保持します。

ハンドル支援は車線中央付近を走行するようにステアリングを制御し、運転者のハンドル操作を支援するという機能です。(約50km/h以下では前方に車両がいる場合に作動できます。)この2つを組み合わせて高速道路などで追従走行を可能として、ドライバーの負担を軽減するのがプロパイロットとなります。

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
走行中に車両や歩行者を検知し、衝突回避をアシストするのが、インテリジェントエマージェンシーブレーキです。この機能は、前方の車両や歩行者に衝突する恐れがあるとシステムが判断すると、表示と音による警告とともに自動的に弱いブレーキを作動させ、ドライバーに衝突を回避する操作を促します。その際にドライバーによる回避操作が行われず、衝突する危険性が高まった場合には、衝突の直前に強いブレーキをシステムが自動的に作動させ、衝突を回避、または衝突時における被害の軽減を支援する機能です。

・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
2台前を走る車両を検知し注意を喚起する機能がインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)です。これは、2台前を走る車両の車間・相対速度をミリ波レーダーでモニタリングし、自車からは見えない前方の状況を検知します。もしシステムが減速の必要を判断した場合にはディスプレイ表示とブザーでドライバーに注意を促し、ブレーキの踏み遅れによる玉突き事故回避を支援する機能です。

・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)は車両が車線をはみ出す可能性がある場合、警報音とメーター内の表示で注意喚起します。同時に、ブレーキを制御し、車線のはみ出しを回避するよう、ドライバーをアシストする機能です。

・インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)
空から見下ろしているかのような映像で駐車をアシストするのが、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)という機能です。これは、まるで上空から見下ろしているかのような映像を、ナビゲーション画面またはインテリジェント ルームミラーに表示し、ドライバーはひと目で周囲の状況がわかるため、スムースに駐車できます。さらに、人や自転車など周囲に動くものがいる場合に表示とブザーで注意を促します。

・インテリジェントルームミラー
インテリジェントルームミラーは、車体の後ろに取り付けたカメラで後方の様子を写し、その画像を提供する液晶モニターをルームミラーに搭載し、シーンに応じて液晶モニターとミラーとを任意に切り替えることを世界で初めて可能とした安全装備です。ドライバーは、後方の交通状況をクリアな画像で確認でき、必要に応じ後席に座った人やペットなどをルームミラーで確認することもできます。

・LDW(車線逸脱警報)
LDW(車線逸脱警報)は車両が車線をはみ出す可能性がある場合、警報と表示によって注意を促し、車両のはみ出しを回避するよう、ドライバーに注意喚起を行う機能です。

・踏み間違い衝突防止アシスト

アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突回避を支援するのが、踏み間違い衝突防止アシストです。この機能は、駐車時や低速走行時、進行方向に壁などの障害物や停止車両がある場合に、ブレーキと間違ってアクセルを踏み込んでしまったとき。さらにブレーキ操作が遅れてしまったときに、システムが自動的に加速を抑制、またブレーキを作動することで、衝突防止をアシストしてくれるというもの。壁はもちろん、コンビニなどのガラスも認識し、前進時にも後退時にも対応しています。

・標識検知機能(進入禁止・最高速度・一時停止)
道路に設置されている交通標識を検知して、警告などでドライバーに注意を喚起する機能が標識検知機能です。フロントカメラによって前方の「車両進入禁止表示」「最高速度標識」「一時停止標識」を検知。進入禁止の道路へ親友しそうになった場合や一時停止が必要な場所では、メーター内のディスプレイに警告表示を行うことでドライバーに伝えて、安全運転をサポートします。

・SOSコール
SOSコールは、急病やあおり運転との遭遇など、緊急時には走行中でもスイッチを押すだけで、専門のオペレータに接続し、警察や消防に連絡し、緊急車両の手配をサポートする機能です。スイッチを押すとクルマの位置情報も、オペレータへの接続と同時に共有されます。また、事故の際には、エアバッグ展開と連動しオペレータに自動通報されます。

コンパクトSUVのキックスは、デビュー当初からプロパイロットやSOSコールといった安全装備を標準装備していました。今回のマイナーチェンジでは、上位グレードにインテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)やインテリジェントルームミラーを標準装備。

そして、コンパクトSUVとしては初めて、車両前方に搭載したミリ波レーダーが、2 台前を走る車両の車間や相対速度を検知し、危険と判断した場合には、表示とアラームで注意を促し、衝突などの危険な場面の回避をサポートする、「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全グレード標準装備するなど安全装備を拡充しています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
商品詳細