日産 新型キックスのリアシート(後部座席)の使い勝手は実用性が抜群!

画像2

日産 新型キックス(P15型)のリアシート(後部座席)の使い勝手について紹介します。2020年6月30日、遂にデビューした新型キックス。Vモーショングリルを採用したインパクトあるフロントフェイスや、上質さを感じるエクステリアデザインも注目のポイントの1つです。

しかし、国内外でトレンドとなっているコンパクトSUVのセグメントに属するキックスは、その小柄なボディの中に利便性高く、使い勝手の良いリアシートを備えています。今回は、そんな待望の新型キックスが備えている、リアシートの使い勝手について紹介します。

文・PBKK

Chapter
日産 新型キックスの優れたパッケージングから生まれる快適さ!
日産 新型キックスのリアシート(後部座席)に備わる実用的な装備とは?
日産 新型キックスのインテリアカラーは上質かつカジュアル!
日産 新型キックスのリアシート(後部座席)はシートアレンジも多彩で簡単!

日産 新型キックスの優れたパッケージングから生まれる快適さ!

日産 新型キックスは、全長4,290mmです。日本導入は実現しなかった現行型ジュークが全長4,135mmなので、比較すると165mmも長いボディを持っています。同じコンパクトSUVカテゴリにあって、このサイズの差は数値以上に違いをもたらします。

そもそも、ジュークはフロントシートの使い勝手を重視した車内空間となっており、リアシートやラゲッジスペース(荷室)はそこまで広くデザインされてはいません。一方で新型キックスでは「ゆとりある広さは、使いやすさでもある。」と、日産が表現している通り、上手なパッケージングにより広々とした快適な車内空間を実現しています。

その快適さを生み出しているのが、およそ600mmの広さが確保されたニールーム窮屈さを感じさせないヘッドルームです。クラストップの実用性は、乗員の快適さから生まれるのだなと感じさせてくれるパッケージングがされています。

日産 新型キックスのリアシート(後部座席)に備わる実用的な装備とは?

日産 新型キックスは、リアシートの設備でも同クラスのSUVに差を付けています。その実用的な装備の1つが、フロントのセンターアームレスト裏に用意されたUSBの充電ポートです。

リアシートから利用できるUSBポートを標準で備えたモデルは、数えてみると意外なほど少なく、同じ日産ブランドでもセレナと新型リーフの2モデルしかありません。この装備のおかげで、小さな子どもを乗せての長距離ドライブでも、iPhoneやiPadで充電を気にすることなく動画や音楽を楽しめるため、退屈させてしまうようなことはなくなるでしょう。

また、フロントのシートバックにはポケットが備わっており、A4サイズのファイルほどならすっぽりと収納することが可能です。薄いものであれば入るので、電子機器を充電しながら収納することができます。

<次のページに続く>
次ページ
日産 新型キックスのインテリアカラーは上質かつカジュアル!