梅雨前に対策を!ガラスのコーティングの種類や方法

フロントガラス

雨が降る中での運転は、ワイパーを使っていても視界が悪くなるものです。

そのようなとき、対策として考えられるのがガラスのコーティングです。車のガラスコーティングには、どのような種類があるのでしょうか。

Chapter
車の窓ガラスコーティングは「シリコン系」と「フッ素系」に分かれる

車の窓ガラスコーティングは「シリコン系」と「フッ素系」に分かれる

車の窓ガラスコーティングは、大きく分けてシリコン系とフッ素系の2つに分かれており、それぞれにメリット・デメリットが存在しています。

まず、シリコン系コーティングのメリットは、施行が比較的簡単に行える点が挙げられるでしょう。

購入することも容易であり、カー用品店などで簡単に入手することができます。製品によっては乾燥も拭き上げも必要としないものもあるようです。

一方、デメリットとしてコーティングが持続する期間が、比較的短いことが挙げられます。

コーティングとしての役割を果たす期間はおおよそ2〜3ヵ月といわれており、そのたびに再び施行しなくてはならないでしょう。

フッ素系コーティングのメリットは、シリコン系と比較して持続する期間が長くなることです。

環境によって耐久性は変わりますが、通販などで購入できるフッ素系コーティング剤の多くは半年〜1年ほどの耐久性を確保しています。

ただ、フッ素系コーティングは作業性が悪いというデメリットもあり、施行後には数十分~1時間ほど乾燥させなければならないようです。このことから、空いた時間で手軽にできるとは言い難いといえるでしょう。

コーティングの施工方法としては、シリコン系でもフッ素系でもほぼ同じ手順で行います。

洗車をしてガラスの汚れを落としたあと、油膜取り剤などで油膜を除去します。そして、ガラスの表面を乾燥させて、コーティング剤を塗って乾燥させ、拭き上げて完了です。

いわゆる下地処理にあたるガラスの汚れ落としや油膜除去が上手くいけば、DIYレベルでもコーティングを長持ちさせることが可能だといわれています。

雨天時は非常に視界が悪くなります。少しでも視界をクリアにして運転するためにも、車のガラスにコーティングをしてみてはいかがでしょうか。