残価設定ローンは実際使えるの?メリット・デメリットを整理して解説

カーローン

残価設定ローンは、フルローンと比較して月々の負担を低減することができるため、利用者が増えている支払い方法の1つです。メリットの多さから、利用者も増えていると予想されますが、デメリットは存在していないのでしょうか。

Chapter
月々の支払いを抑えられるが、注意点もある

月々の支払いを抑えられるが、注意点もある

残価設定ローンとは、残価設定型クレジットなどとも呼ばれる、ローンによる支払い方法の1つです。

ローンの返済が終わった時点で車に残っている価値を残価として設定し、車の価格から差し引いた金額を分割して支払うことで、月々の支払いを抑える方法です。

支払いのイメージとして、本体価格が200万円の車を残価設定ローンで5年支払いの場合、残価を100万円とすると残りは100万円です。この100万円を5年(60回払い)で支払うことになります。

もちろん、据え置いた残価は最後に精算しなくてはなりません。また、残価設定ローンでは、契約期間が終了しても車を自分のものにすることはできません。車を乗り換えるか、残価を支払って乗り続けるか、返却するかの3つの選択肢から選ぶことになります。

なお、残価は車種によって異なり、基本的には社外秘となっています。そのため、どの車にどれくらいの残価が設定されているかは、直接販売店に問い合わせるしかないようです。

 残価設定ローンのメリットとして挙げられるのは、まず月々の支払いを安くすることができる点でしょう。

一般的なローンは本体価格を丸ごと分割返済する、いわゆるフルローンとなります。

しかし、残価設定ローンでは残価に応じて残った金額を分割支払いするため、フルローンでは購入することが難しいとされる車も購入できる可能性が高くなります。

さらに、残価とは数年後の車両の価値を補償するシステムです。このことから、ローン完済時の車両価格の見通しが効きやすく、市場価格の上下に悩まされることが少なくなります。

しかし、残価設定ローンにはデメリットも存在しています。

まずは、残価として設定した車の価値を極端に下げてしまわないよう、各販売店により走行距離の上限が決められています。

さらに、ローン支払い期間中に車が損傷したり、事故によって修復歴が付くと残価が保証されないどころか、実際に下回った残価との差額をローン完済時に請求されてしまう可能性もあるのです。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道