レギュラー車にハイオクを入れるとパワーが上がるって本当?

給油

価格で比較してみても、レギュラーよりも高価なガソリンがハイオクです。

このハイオクをレギュラー仕様車に入れると、パワーが上がるという話を耳にしたことはないでしょうか?

Chapter
入れても問題はないが…基本的には意味がない

入れても問題はないが…基本的には意味がない

レギュラー車にハイオクを入れても、基本的には無意味とされています。なぜならば、基本的にレギュラー車とハイオク車では、エンジンの設計が異なるためです。

そもそもレギュラーとハイオクは、オクタン価によって分けられています。

ガソリンは石油から精製された製品であり、本来は自然発火しやすいという特性をもっています。そのまま燃料として用いると、エンジントラブルが起こる可能性が高くなってしまいます。

そこで、ガソリンには添加物が入れられ、異常燃焼を起こしにくくしているのです。

このオクタン価の数値によりレギュラー/ハイオクが規定されていますが、レギュラーを入れる車は、レギュラーで対応できるエンジンの設計がなされています。

そのため、わざわざハイオクを入れるメリットは、ほとんどないといえるでしょう。

ただし、比較的年式の古いスポーツモデルなどでは、ハイオクを入れるメリットがあるとされています。

エンジンは走行を続けていると、エンジンにカーボンを始めとする不純物が溜まっていきます。そして、この不純物は古いスポーツカーのほうが溜まりやすい傾向にあります。

ハイオクには不純物を洗浄してくれる物質が入っているため、エンジン内部を清浄する効果が期待できるのです。

とはいえ上記のような例は、一部の限定的な範囲に留まります。

最近の車は、メーカーが多くの試験を行ったうえで市販化されています。そのため、推奨されたガソリンで、その車の性能を引き出すことができるといえるでしょう。