BMW M4クーペのインテリア(内装)と荷室【プロ徹底解説】

BMW M4

M4クーペの内装はMフィーリングを強く感じさせる人間工学に基づく完璧なデザインとなっています。

2枚のディスプレイで構成されるBMWライブ・コクピットを採用。タッチパネルによる操作に加えて、ジェスチャーによる操作も可能という最先端のインテリアです。

ここでは、M4クーペのインテリアの特徴と機能について解説しましょう。

文・写真/萩原 文博

Chapter
インパネの特徴
運転席のレビュー
助手席の快適性について
後部座席の広さや快適性について
荷室の広さについて

インパネの特徴

現行型M4クーペ Competitionに導入されているデザインの特徴は、明確に構成されたサーフェスと、人間工学に基づき完璧にデザインされたスポーティなコクピットです。これによりドライバーはすべての集中力をドライビング・エクスペリエンスのために向けることができます。12.3インチのマルチ・ディスプレイ・メーター・パネルと10.25インチのタッチ・パネル機能付ワイド・コントロール・ディスプレイで構成されるBMWライブ・コクピットを採用。

BMWオペレーティング・システム7.0においては操作の手段を個別に設定できるため、タッチ・スクリーン、iDriveコントローラーを利用して、より直観的な操作が可能になりました。Mモデル特有のアイテムとして、Mスポーツレザー・ステアリング・ホイールに装備された赤色のMボタンとセンター・コンソールの赤色のスタート/ストップ・ボタンがあります。

レッドに彩られたM1 / M2ボタンからは、あらかじめ設定したM Driveの2つのセッティングへ即座にアクセスできます。新デザインのドライブロジック・スイッチ付きセレクター・レバーのレザー表面にはMのロゴが型押しされ、M GmbHカラーのステッチが施されています。またこのセレクター・レバーには、肉抜き加工された部分に目を惹くウォーターフォール・ライトが組み込まれています。

運転席のレビュー

現行型M4クーペ Competitionに標準装備されているBMWライブ・コクピットは、フル・デジタル式メーター・パネル・ディスプレイには、ナビゲーション・マップ表示、ドライバー・アシスタント・システムのステイタス表示、または3Dサラウンド・ビューのためのエリアがあり、作動中のアシスタント・システムで利用できる交通状況やハンドリング・オプションをグラフィック表示が可能です。

ドライバーはコントロール・ディスプレイを指で触れるか、使い慣れたiDriveコントローラーを使うか、あるいはステアリング・ホイールのマルチ・ファンクション・スイッチや音声入力か、またはオプションのBMWジェスチャー・コントロールを使って操作することができ、直感的でマルチモーダルな対話が行えます。

操作スイッチがステアリングに集約されており、オーディオの操作に加えて、ACCの操作などはステアリングから手を離すことなく行うことが可能です。また、センターパネルはドライバー側に傾斜しているなど、ドライバーオリエンテッドな空間となっています。

助手席の快適性について

現行型M4クーペ Competitionに標準装備されるMスポーツ・シートは、電動でさまざまな調節が可能です。またメモリー機能によって、ステアリング・ホイールを操るための最適なポジションを記憶させることもできます。

運転席および助手席にはシート・ヒーターも標準装備されており、今回初めて、オプションでベンチレーション・シートが用意されました。さらに、BMW M GmbHカラーのストライプが織り込まれたMシート ベルトもM4クーペ Competitionに標準装備となります。

後部座席の広さや快適性について

M4クーペ Competitionのリアには左右独立した2つのシートを設置し、クーペの空間を快適な雰囲気で満たしています。この独立したシートを組み合わせたベンチタイプの後部座席によりスポーティなインテリアを強調しています。

荷物置きという用途が限られたスペースではなく、大人が乗っても窮屈に感じないスペースが確保されています。

荷室の広さについて

現行型M4クーペ Competitionのトランク容量は430Lを確保しています。さらに40:20:40の分割可倒式リアシートを倒せば、スキー板のような長尺物も積載可能となり、積載量も増加します。

2枚のディスプレイにより構成される「BMWライブ・コクピット」で先進性を強調したM4クーペ Competitionのインテリア。ホールド性抜群のシートなどによりスポーティさ。使用するマテリアルによって質感の高さも備えています。

この絶妙なバランスの良さが、プレミアムブランドが贈るハイパフォーマンスモデルの特徴といえるのかもしれません。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博