車を壊しているかも?静止状態でハンドルをきる「据え切り」とは

ハンドル

「据え切り(すえぎり)」とは、車が止まったままの状態でハンドルを操作することです。

据え切りは以前から車にとって良くない操作の1つとされてきました

年式が古い車のみならず、現代の車にとってもやはり据え切りは良くない操作なのでしょうか。

Chapter
タイヤとステアリング機構に負担がかかる
車への負担が少ない運転を心がけよう

タイヤとステアリング機構に負担がかかる

据え切りを行って、まず負担が掛かるのがタイヤです。

車に装着されているタイヤは、地面に対して垂直ではなくわずかに角度がつけられた状態で地面と接地しています。そのため、据え切りを行うとタイヤのショルダー部分(タイヤの側面のうち、両端にあたる部分)を地面に強烈に押し付けながらねじることになるのです。

据え切りを頻繁に行っていると、タイヤ内部のワイヤーにダメージを与える可能性もあるとされています。

また、タイヤだけでなくパワーステアリングを含むステアリング機構そのものに負担をかける可能性もあります。

現在製造されているほとんどの車は、モーターの力でステアリングの操作をアシストするパワーステアリングが搭載されています。前輪の向きを変える操作を行う場合、車が動いている状態であればモーターのアシストは少なくて済みます。

一方で、車が止まっている状態でハンドルを操作する据え切りを行うと、上記のタイヤのねじれや地面との摩擦により、モーターにかかる負担は急激に増加します。その結果、据え切りを頻繁に行ってしまうと、タイヤと同様に不具合が発生してしまう可能性が高くなるというのが定説です。

車への負担が少ない運転を心がけよう

据え切りがタイヤやステアリング機構に負担をかける行為であるとはいえ、据え切りを数回行ったからといって、すぐパワステが故障したり、タイヤが摩耗したりといった影響が出るわけではありません。

しかしながら、修理にかかるコストや1台に長く乗ることを考えると、車に負担がかかる運転をするのは避けた方が良いでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道