アバルト 124スパイダーの特別仕様車はインテリアの快適性と機能性を追求!

アバルト 124スパイダー

※この記事には広告が含まれます

2016年に日本で発売されたアバルト 124スパイダー(CBA-NF2EK/ABA-NF2EK型)。

残念ながら2020年に生産を終了しましたが、その力強い走りや細部までこだわったデザインから人気のクルマでした。

今回は124スパイダーから発売された特別仕様車である「1イヤーアニバーサリー」と「2イヤーアニバーサリー」の魅力に迫っていきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
アバルト 124スパイダーはどんなクルマ?
アバルト 124スパイダー「 1イヤーアニバーサリー」
アバルト 124スパイダー「2イヤーアニバーサリー」
アバルト 124スパイダーが展開していたカスタマイズプログラムとは?

アバルト 124スパイダーはどんなクルマ?

特別仕様車を詳しく見ていく前に、まずは124スパイダーの標準車がどのようなクルマか紹介します。

124スパイダーは、世界で最も多く生産されたライトウェイスポーツカーとして、2000年5月にギネスブックに認定されたマツダ ロードスターのアーキテクチャーをベースとしたオープンスポーツカーです。

加えて、1970年代にラリーフィールドを席巻した「アバルト 124 スパイダー ラリー」へのオマージュという特徴も持っています。

すでに生産を終了しているものの、エクステリア(外装)、インテリア(内装)、サスペンションパワートレインなどにアバルトならではのこだわりが見受けられ、根強い人気を集めているクルマといえるでしょう。

2ドアの2シーターである124スパイダーは、あらゆる路面で最大限のトルクを路面へと伝えるFR(後輪駆動)を採用。

ボディーサイズは全長4,060mm×全幅1,740mm×全高1,240mmとなっています。

また、ダイレクト感を楽しめるショートストロークの6速マニュアルトランスミッションと、パドルシフトでエンジンの魅力を堪能できる6速オートマトランスミッションを設定しました。

車両重量はマニュアル車で1,130kg、オートマ車で1,150kgという軽量かつコンパクトな車体に加え、前後50:50の最適な重量配分として優れた操縦性を実現している点も魅力といえるでしょう。

さらにエンジンには、コンパクトかつ軽量でありながらパワフルな、1.4L マルチエア4気筒ターボエンジンを搭載。

これにより、自然吸気の1.5L SKYACTIV-Gを搭載したロードスターよりも、パワーやトルク、加速に優れた性能を発揮するのです。

最高出力は125kW(170PS)/5,500rpm、最高トルクは250Nm(25.5kgm)/2,500rpmで、0-100km/hを6.8秒で加速し、燃費はJC08モードでマニュアル車では13.8km/L 、オートマ車では12.0km/L を実現しました。

ボディーカラーは、レッド、ホワイト、メタリックブルー、パールホワイトの4色をラインアップしています。

アバルト 124スパイダー「 1イヤーアニバーサリー」

ここからは、124スパイダーから発売された特別仕様車を見ていきましょう。

124スパイダーの発売から一周年を記念して発売された特別仕様車が「1イヤーアニバーサリー」です。

6速MT車が426万6000円で50台、6速AT車が437万4000円で50台の合計100台限定で、2017年9月に発売されました。

「1イヤーアニバーサリー」は標準車の基本的なスペックはそのままに、インテリアには世界で最も有名なシートメーカーのひとつであるRECARO社製のシートを特別装備しているのがポイント。

また、通常はオプション設定となる「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」も特別装備しました。

このパッケージは、「レザーシート」「アダプティブ機能付フルLEDヘッドライト(光軸自動補正式)」「ヘッドライトウォッシャー」「ナビゲーション用SDカード」「CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナー」がセットになっています。

ボディーカラーは、メタリック・ブラックの「ネロサンマリノ 1972」を設定し、124スパイダーの個性を艷やかに演出しているなど、アニバーサリーモデルにふさわしい豪華なクルマといえるでしょう。

アバルト 124スパイダー「2イヤーアニバーサリー」

「1イヤーアニバーサリー」が発売された翌年の2018年7月、124スパイダーの発売から二周年を記念して特別仕様車「2イヤーアニバーサリー」が発売されました。

「2イヤーアニバーサリー」は6速MT車のみのラインアップで新車価格は420万2000円、限定100台の販売となっています。

「1イヤーアニバーサリー」と同様、通常はオプション設定となる「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」を特別装備。

ボディーカラーは、メタリック・シルバーの「グリジオアルピオリエンタリ 1974」と、メタリック・ブラックの「ネロサンマリノ 1972」の2色が設定しました。

「1イヤーアニバーサリー」からボディーカラーの選択肢が広がったことは、「2イヤーアニバーサリー」の魅力のひとつといえるでしょう。

アバルト 124スパイダーが展開していたカスタマイズプログラムとは?

特別仕様車ではありませんが、アバルトは2019年8月1日〜9月23日の約2カ月間の期間限定で、124スパイダーのカスタマイズプログラム「MAKE YOUR SPIDER」を展開していました。

現在はサービスを終了していますが、標準車にはない装備が特別に用意されていることから、中古車選びという観点からは参考になるかもしれません。

このカスタマイズプログラムでは、「ボディーカラー」「シート&パッケージ オプション」「アクセサリー」のセットを提供していました。

ボディーカラーは、標準車でラインアップされているレッド、ホワイト、メタリックブルー、パールホワイトに加え、シルバーとブラックを追加で設定。

シート&パッケージ オプションでは、「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」「RECAROシート/ナビゲーションパッケージ」「レザーシート/ナビゲーション/オーディオパッケージ」の3種類を展開していました。

1つ目の「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」は特別仕様車と同様、「レザーシート」「アダプティブ機能付フルLEDヘッドライト(光軸自動補正式)」「ヘッドライトウォッシャー」「ナビゲーション用SDカード」「CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナー」がセットになったものです。

2つ目の「RECAROシート/ナビゲーションパッケージ」の構成は1つ目のパッケージと同じですが、レザーシートの代わりに、RECARO社製のレザー/アルカンターラを採用しています。

このパッケージは、インパネ周りを充実させつつ、シートにもこだわりたいという方に適しているでしょう。

3つ目の「レザーシート/ナビゲーション/オーディオパッケージ」には、1つ目のパッケージに含まれていた装備に加え、9つのスピーカーを搭載した「BOSEサウンドシステム」と、「ブライドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」が追加。

インパネ周りやシートだけでなく、運転しながらも高音質の音楽を楽しみたいという方におすすめのパッケージといえます。

また、「MAKE YOUR SPIDER」で注目すべき点は、カスタマイズパターンの多さにあります。

トランスミッション、ボディーカラー、シート&パッケージ オプションの組み合わせだけでも全68通りあるうえ、ミラーカバーやピラーバーベゼルなどのオプション品を含めると、合計1,564以上の組み合わせが可能となりました。

124スパイダーから展開されているオプション品のなかでも、スポーツカーとしての魅力をさらに高めてくれるのが、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」。

これにより、アバルトがこだわるエキゾーストサウンドがより魅力的に演出されること間違いありません。

その他にも、左右のサスペンションを連結させてねじり剛性を高めることで、コーナーでのハンドリングを向上させる「ストラットタワーバー」もオプションに設定しました。

標準装備のストラットタワーバーを取り外して装着する必要があるものの、ストラットタワーバーはアルミニウム製アバルトロゴプレート付きで、ボンネットを開くたびにカスタマイズする所有欲に満たされるでしょう。

「ウインドスクリーン」も用意しており、ルーフオープン時の風の巻き込みを低減してくれるため、スポーツカーとしての走りを存分に楽しめます。

さらに、ブライトシルバー仕上げの高級感溢れる「フロントピラーバーベゼル シルバー」や、リアビューをより印象づける「シートバックピラー バーベゼル シルバー」を設定。

これにより、124スパイダーの特徴であるシルバーとレッドのコントラストが、より引き立つのです。

こうした幅広い選択肢をもとに自分好みのクルマに乗れるのも、124スパイダーの魅力のひとつといえるのではないでしょうか。
ここまで124スパイダーの特別仕様車に加え、アバルトが展開していたカスタマイズプログラムについて詳しく解説しました。

124スパイダーの特別仕様車は、標準車が持つ優れたスペックはそのままに、レザーシートやインパネ周りの快適性や機能性を向上させています。

ボディーカラーも特別色を設定しており希少性が高いため、気になった方はチェックしてみるのも良いかもしれません。

商品詳細